テキストベースのセッションウォーターマーク

テキストベースのセッションウォーターマークは、データ盗難を防止し、追跡できるようにするために役立ちます。この情報は追跡可能であり、セッションデスクトップに表示されることで、データを盗むために写真やスクリーンキャプチャを使用する場合の抑止力になります。テキストのレイヤーであるウォーターマークは自分で指定できます。ウォーターマークは元のドキュメントのコンテンツを変更することなく、セッション画面全体に表示されます。テキストベースのセッションウォーターマークには、VDAサポートが必要です。

重要

テキストベースのセッションウォーターマーキングは、セキュリティ機能ではありません。このソリューションは、データ盗難を完全に防止するものではありませんが、ある程度の抑止力とトレーサビリティを提供します。この機能の使用時の完全な情報トレーサビリティが保証されるわけではありませんが、この機能を他のセキュリティソリューションと適切に組み合わせることをお勧めします。

セッションウォーターマークはテキストであり、ユーザーに配信されるセッションに適用されます。セッションウォーターマークによって、データ盗難を追跡するための情報が伝えられます。最も重要なデータは、画面イメージが撮影された現在のセッションのログオンユーザーのIDです。データ漏洩をより効果的に追跡するには、サーバーまたはクライアントのインターネットプロトコルアドレスや接続時間などのその他の情報を含めます。

ユーザーエクスペリエンスを調整するには、[セッションウォーターマーク]ポリシー設定を使用して、画面上の配置とウォーターマークの外観を構成します。

要件

Virtual Delivery Agent:

サーバーOS 7.17 デスクトップOS 7.17

制限事項

  • セッションウォーターマークは、ローカルアプリケーションアクセス、Flashリダイレクト、Windows Mediaリダイレクト、MediaStream、ブラウザーコンテンツリダイレクト、およびHTML5ビデオリダイレクトが使用されるセッションではサポートされていません。セッションウォーターマークを使用するには、これらの機能が無効になっていることを確認してください。

  • 全画面ハードウェアアクセラレーションモード(全画面H.264またはH.265エンコーディング)でセッションが実行されている場合は、セッションウォーターマークはサポートされておらず、表示されません。

  • これらのHDXポリシーを設定すると、ウォーターマーク設定が有効にならず、ウォーターマークがセッション画面に表示されません。

[ビデオコーデックにハードウェアエンコーディングを使用します][有効] [圧縮にビデオ コーデックを使用する][画面全体に使用]

  • これらのHDXポリシーを設定すると、動作が不確定となり、ウォーターマークが表示されないことがあります。

    [ビデオコーデックにハードウェアエンコーディングを使用します][有効] [圧縮にビデオ コーデックを使用する][画面全体に使用]

    ウォーターマークが表示されるようにするには、[ビデオコーデックにハードウェアエンコーディングを使用します][無効] に設定するか、または [圧縮にビデオコーデックを使用する][領域をアクティブに変更][ビデオコーデックを使用しない] に設定します。

  • セッションウォーターマークでは、Thinwireのみがサポートされており、Framehawkまたはデスクトップコンポジションリダイレクト(DCR)グラフィックモードはサポートされていません。

  • [セッション レコーディング]を使用する場合、録画されたセッションにウォーターマークは含まれません。

  • Windowsリモートアシスタンスを使用している場合、ウォーターマークは表示されません。

  • ユーザーがPrint Screenキーを押して画面をキャプチャした場合、VDA側でキャプチャされる画面にウォーターマークは含まれません。キャプチャされたイメージがコピーされるのを防ぐために対策を講じることをお勧めします。

テキストベースのセッションウォーターマーク

In this article