このリリースについて

2207の新機能

拡張ログ機能

以前は、クライアントログとコンソールログを別々に収集する必要がありました。今回のリリース以降、コンソールログはクライアントログの一部になります。

詳しくは、「ログを収集する方法」を参照してください。

クリップボードがHTML形式をサポート

このリリース以降、仮想デスクトップとエンドポイントデバイス間のクリップボード操作に、HTML形式を使用できるようになりました。HTMLデータをコピーすると、ソースコンテンツの形式がコピーされ、データを貼り付けると、コピー先のコンテンツにその形式が適用されます。また、HTML形式は外観が良くなります。

ポリシーの設定方法について詳しくは、Citrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「クライアントクリップボードに書き込みを許可する形式」を参照してください。

メールアドレスによるストア検出

これで、ストアのURLを記憶しなくても、メールIDを使用してCitrix Workspaceアプリにアクセスできます。アカウントに割り当てられたストアは自動的に入力されます。[アカウント] > [メールアドレスまたはストアURL] ドロップダウンメニューに移動して、メールに関連付けられているストアの一覧を表示します。

注:

ストアURLを使用してサインインすることもできます。

詳しくは、「メールアドレスによるストア検出」を参照してください。

2207で解決された問題

  • ICAファイルを使用してデスクトップセッションを開始すると、ChromeシェルフのデスクトップロゴではなくCitrix Workspaceアプリのロゴが表示されます。[RFHTMCRM-6701]
  • セッション内ツールバーから [切断] オプションをクリックすると、セッションに接続するUSBデバイスがVDAセッション間で切断されない場合があります。この問題は、キオスクモードのときに発生します。[RFHTMCRM-7148]

2207の既知の問題

  • セッションで、最適化されたMicrosoft Teams会議に3人以上の参加者がいる場合、参加者のビデオがフリーズすることがあります。この問題は断続的に発生します。[RFHTMCRM-7251]

注:

以前のリリースの問題については、「既知の問題」セクションを参照してください。

以前のリリース

このセクションでは、Citrix Workspaceアプリのライフサイクルマイルストーンに従ってサポートされている以前のリリースの新機能と解決された問題に関する情報を提供します。

2206.5.2

新機能

Citrix Workspaceアプリコンテンツの画面共有の制限

Microsoft Teamsを最適化するために、管理者は、管理対象ChromeデバイスのCitrix Workspaceアプリでのみ開かれているアプリとデスクトップの画面共有を制限できます。

管理者がこの機能をオンにすると、エンドユーザーはCitrix Workspaceアプリから開かれていないリソースを共有できなくなります。

詳しくは、「Microsoft Teamsの最適化設定」を参照してください。

解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

2205.6

新機能

このリリースでは複数の問題に対応しているため、安定性が向上しています。

解決された問題

  • 管理者がグローバルアプリ構成サービス(Global App Configuration Service:GACS)を使用して設定をロールアウトした場合に、Citrix Workspaceアプリがそれらの設定を適用しないことがあります。[RFHTMCRM-7198]

2205.5

新機能

このリリースでは複数の問題に対応しているため、安定性が向上しています。

解決された問題

このリリースで解決された問題はありません。

2203.2

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • バージョン2203にアップグレードした後、セッション内でキーボードを使用しようとすると失敗します。Ctrl、Alt、Shift、スペースバー、およびCaps Lockなどの一部のキーおよびキーの組み合わせが、正常に機能しない場合があります。[CVADHELP-19766]

2203.1

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • バージョン2203にアップグレードした後、セッション内でキーボードを使用しようとすると失敗します。Ctrl、Alt、Shift、スペースバー、およびCaps Lockなどの一部のキーが、正常に機能しない場合があります。[CVADHELP-19766]

2203

新機能

Global App Configuration Service

このリリース以降、管理者はGlobal App Configuration Serviceを使用して次のことができるようになります:

  • 一元的にアプリ設定を管理および構成し、デフォルトを設定する。
  • 管理対象デバイスと非管理(BYOD)デバイスの両方に設定を適用する
  • クラウドユーザー(ドメイン要求)とオンプレミスユーザー(URL要求)の両方に設定を適用する。

詳しくは、「Global App Configuration Service」のドキュメントを参照してください。

注:

この機能は、ワークスペースおよびHTTPSベースのストアでのみ使用できます。 Global App Configuration Serviceが機能するためには、ユーザーがURL「https://discovery.cem.cloud.us」にアクセスできることを確認してください。

セッション画面の保持の強化

この機能は、ローミング時に切断されるネットワーク接続を減らすことで、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。セッションは数秒で再接続されます。

CitrixおよびGoogle AnalyticsへのCEIPデータの送信

このリリース以降、エンドユーザーは次のことができます:

  • 利用状況データをCitrixおよびGoogle Analyticsに送信するかどうかを決定する
  • GUIを使用してCEIPをブロックする

詳しくは、概要についてはCEIPに関するセクションを、このトピックについてはCEIPのブロックに関するセクションを参照してください。

USBリダイレクトの変更

USBデバイスを新しいセッションにリダイレクトするには、前のセッションからUSBデバイスを削除する必要があります。

詳しくは、「USBデバイスの自動リダイレクト」セクションを参照してください。

解決された問題

  • 地域設定をオランダにしてMicrosoft Outlook会議を設定し、[夏時間に合わせて自動的に調整する] オプションを有効にすると、リモートカレンダーの会議出席依頼が1時間早く表示されます。[CVADHELP-17992]

  • web.configファイルまたはdefault.icaファイルに無効なJSONデータがある場合は、ストアへのサインイン時またはセッションの起動時にそれぞれについてエンドユーザーに通知するダイアログボックスが表示されます。[RFHTMCRM-6681]

2202.1

新機能

JSON構成に関する注意:

バージョン2202.1(22.2.1.8)以降、Citrix Workspaceアプリは、構成をプッシュするために使用できるのは有効なJSONのみを優先します。JSONファイルを検証するには、次の手順を実行します:

  1. https://jsonlint.com/を使用してJSON構成を確認します。
  2. 更新するには、「はじめに」ページに記載されている手順に従ってください:

    • Googleポリシー
    • web.config
    • default.ica
    • configuration.js

    構成ユーティリティツールを使用して有効なJSON設定を生成し、以下を使用するChrome OS向けCitrix Workspaceアプリをカスタマイズすることをお勧めします。

    • configuration.js
    • web.config
    • default.ica
    • Googleポリシー

JSON構成が無効な場合、セッション起動に関する問題が発生する可能性があります。

解決された問題

  • バージョン2202へのアップグレード後、ビーコンを使用したストア構成が正常に機能しないことがあります。[RFHTMCRM-6680]

2202

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • Citrix Workspaceアプリをバージョン2201にアップグレードした後、画面の左側にChromeシェルフを配置すると、マウスのクリックがずれます。

    この問題は、マルチモニターモードで発生します。[CVADHELP-18565]

  • Microsoft Teamsの最適化を有効にすると、着信オーディオが利用できなくなります。[CVADHELP-19456].

2201

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

  • 外部プライマリモニターに接続してデスクトップまたはアプリセッションを起動すると、Microsoft Teamsのビデオまたは画面の共有が正しくレンダリングされません。

    マルチモニターモードにしていて、Microsoft Teamsウィンドウを外部モニターに移動した場合にこの問題が発生します。[RFHTMCRM-6424]

2112

新機能

動的緊急通報(Dynamic e911)のサポート

このリリースのCitrix Workspaceアプリは、動的緊急通報をサポートしています。Microsoft Calling Plans、Operator Connect、およびDirect Routingで使用すると、次の機能が提供されます:

  • 緊急通報の構成とルーティング
  • セキュリティ担当者に通知する

通知は、VDAで実行されているMicrosoft Teamsクライアントではなく、エンドポイントで実行されているCitrix Workspaceアプリの現在の場所に基づいて送信されます。

Ray Baum法では、緊急車両を派遣可能な911発信者の位置情報を、適切な緊急通報受理機関(PSAP)に送信する必要があります。Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリ2112以降、HDXを使用したMicrosoft Teamsの最適化はRay Baum法に準拠しています。

解決された問題

  • 外部プライマリモニターに接続してデスクトップまたはアプリセッションを起動すると、Microsoft Teamsのビデオまたは画面の共有で何も表示されない場合があります。

    この問題はマルチモニターモードのときに発生します。また、Microsoft Teamsウィンドウを外部モニターから組み込みディスプレイ(セカンダリモニター)に移動した場合に発生します。[RFHTMCRM-6134]

  • マルチモニター環境でセッションを起動すると、マウスのクリック場所がずれます。数ピクセルのずれに気が付く場合があります。この問題は、Chromeシェルフが左側に配置されている場合に発生します。Chromeシェルフを画面の下部に配置することをお勧めします。[RFHTMCRM-6069] [RFHTMCRM-5456] [CVADHELP-18565]
  • Chromeシェルフで表示されないアプリケーションアイコンがあります。この問題は、Citrix Workspaceアプリを使用して [設定]>[一般]>[高DPIスケール] を有効にすると発生します。[RFHTMCRM-6078]
  • Citrix Workspaceアプリの新規インストール後、最初に開いたセッションのログは記録されません。以降のすべてのセッションの起動では、機能ごとに記録されます。[RFHTMCRM-6221]

2111.1

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

2111.1で解決された問題

  • 自動再接続で自動起動モードのセッションを起動中に、空白のウィンドウがポップアップし、キオスクモードのユーザーのセッション起動をブロックする場合があります。 [RFHTMCRM-6220]

2111

新機能

トラブルシューティングの機能強化

このリリースのCitrix Workspaceアプリは、進行中の仮想デスクトップおよび仮想アプリのセッションのログ収集をサポートします。以前は、進行中のセッションで [ログの開始] を選択した後に起動されたセッションのログのみを収集できました。これによって、[ログの停止] を選択するまで、進行中およびその後のセッションのログが収集されます。

Microsoft Teamsでのデュアルトーンマルチ周波数(DTMF)のサポート

Citrix Workspaceアプリで、テレフォニーシステム(PSTNなど)およびMicrosoft Teamsの電話会議でのデュアルトーンマルチ周波数(DTMF)シグナリングの使用がサポートされるようになりました。この機能はデフォルトで有効になっています。

Workspaceのインテリジェント機能

このリリースのCitrix Workspaceアプリは、Workspaceのインテリジェント機能を使用するように最適化されています。このバージョンでは、ユーザーワークフローを統合し、関連情報を表示するアクティビティフィードを提供します。マイクロアプリは、エンドユーザーのワークフローと承認を合理化します。詳しくは、「Workspaceのインテリジェント機能 - マイクロアプリ」を参照してください。

メモ(Chrome OSバージョン96アップデート)

  • Chrome OSバージョン96の更新プログラムがMicrosoft Teamsの機能に与える影響を回避するには、Chrome OSを更新する前に次の手順を実行してください:
  • 再パッケージ化されたバージョンのCitrix Workspaceアプリを使用しているユーザーの場合は、Knowledge Centerの記事CTX331648を参照してください。
  • バージョン2110以前のChrome OS向けCitrix Workspaceアプリの他のすべてのユーザーは、Knowledge Centerの記事CTX331653を参照してください。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

2110

新機能

最適化されたMicrosoft Teamsのビデオ通話と外部モニターでの画面共有

外部モニターで、通話中にMicrosoft Teamsの次の機能を使用できるようになりました。

  • 最適化されたビデオ
  • 最適化された画面共有

これらの機能は、仮想デスクトップ内のMicrosoft Teams通話で使用できます。また、Microsoft Teamsウィンドウを外部モニターに配置したときに、Microsoft Teams仮想アプリ経由で行われた通話でも使用できます。以前は、最適化されたMicrosoft Teamsウィンドウを外部モニターに移動した場合、通話の音声部分のみがサポートされていました。

この拡張機能を使用するには、VDAバージョン1906以降が必要です。

推奨

  • HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

  • イントラネットアクセスのみが許可されているデバイスでは、セッションが起動しないか、遅延が発生する可能性があります。[RFHTMCRM-5440]
  • マルチモニターモードでは、セッションが断続的に閉じることがあります。この問題を回避するには、セッションを再起動します。[RFHTMCRM-5528]
  • ツールバーの [切断] をクリックするか、HDX SDK for Chrome OS切断APIを使用すると、デスクトップとアプリのセッションウィンドウが閉じないことがあります。この問題は、シームレス仮想チャネルを無効にした後に発生します。[RFHTMCRM-6000]
  • Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリ2108および2109でセッションが切断されることがあります。この問題は、VDAバージョン7.15で発生します。[RFHTMCRM-5859]

2109

2109の新機能

マルチモニター設定での仮想デスクトップのサポート

使用可能なモニターのサブセットすべてで、仮想デスクトップを全画面モードで使用できるようになりました。以前は、ツールバーからマルチモニターモードを選択すると、仮想デスクトップは使用可能なすべてのモニターにまたがっていました。これで、仮想デスクトップをドラッグして2台のモニター(3台以上の場合)にまたがるようにしてから、マルチモニターモードを選択できます。

このシナリオの一般的な使用例は、ネイティブデバイスのモニターでビデオ会議アプリを実行することを選択し、通話中に仮想デスクトップのコンテンツを他の2台のモニターにまたがって全画面で表示したい場合です。

注:

  • この機能を使用するには、[General] 設定の [Multi-monitor settings][Use all the monitors to span display] オプションを選択します。

バッテリー状態インジケーター

デバイスのバッテリー状態が、仮想デスクトップセッションのシステムトレイに表示されるようになりました。以前は、バッテリー状態インジケーターはセッションに表示されませんでした。このため、バッテリー残量がなくなった後にノートブックがシャットダウンし、生産性が低下することがありました。

この機能は、VDAバージョン7.18以降でのみサポートされています。

注:

  • Microsoft Windows 10 VDAでは、バッテリー状態インジケーターが表示されるまでに約1〜2分かかる場合があります。

画像クリップのコピーのサポート

標準のキーボードショートカットを使用して、ローカルデバイスと仮想デスクトップおよびアプリセッションの間で画像クリップをコピーして貼り付けることができるようになりました。Microsoft Word、Microsoft Paint、Adobe Photoshopなどのアプリを使用しながら、コピーと貼り付けに標準のキーボードショートカットを使用できます。以前は、この機能はテキストでのみ使用できました。

注:

  • ネットワーク帯域幅の制約により、2MBを超える画像クリップをコピーして貼り付けようとすると、セッションが応答しなくなる場合があります。
  • 対象を選択してからCtrl+C、Ctrl+Vの順に押して、コピーして貼り付けることができます。右クリックによるコピーまたは貼り付けもサポートされています。
  • この機能は、BMP、PNG、JPEG、およびGIF形式でテスト済みです。

ICAセッションの自動起動

Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリは、Googleの管理対象デバイスまたはユーザーでICA(Independent computing architecture)セッションの自動起動をサポートするようになりました。この機能を使用すると、Citrix Workspace for Webからリモートでリソースにアクセスできます。ダウンロードされたICAファイルは、デバイスにインストールされた場合、Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリで自動的に起動します。以前は、リソースを開始するために、ICAファイルをダウンロードして手動で開くことしかできませんでした。また、ICAファイルは開かれても削除されず、デバイスに残り続けました。このリリースでは、ICAファイルがセッションの自動起動に使用されると、デバイスから自動的に削除されます。

詳しくは、「ICAファイルの自動起動」を参照してください。

注(HTTPS)

HTTPベースのストアを使用している場合は、セキュアなコンテキストのために、HTTPSベースのストアに移行することをお勧めします。詳しくは、HTTPSのセクションを参照してください。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

2108.2

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

埋め込みモードのHDX SDK for Chrome OSでセッションが起動しない場合があります。[RFHTMCRM-5738]

2108

2108の新機能

外部Webカメラのサポート

Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリの仮想デスクトップおよびアプリで外部Webカメラを使用できるようになりました。Workspaceアプリは、新しく接続された外部Webカメラを検出し、動的に使用できるようにします。

Microsoft Windowsロゴキーとショートカットキーのサポート

注:

  • Chromebookで、検索キーを使用してMicrosoft Windowsロゴキーをマッピングします。

現在、Chrome OS向けCitrix WorkspaceアプリのセッションではMicrosoft Windowsロゴキーとショートカットキーをサポートしています。

このリリースでは、次のキーの組み合わせのサポートが追加されています:

  • Windows + R
  • Windows + D
  • Windows + E
  • Windows + M
  • Windows + S
  • Windows + CTRL + S
  • Windows + T
  • Windows + U
  • Windows +数字
  • Windows + X
  • Windows + K

注(Microsoft Teams最適化)

Microsoft Teamsによる音声通話、ビデオ通話、画面共有の最適化は、リリース2105.5以降で一般提供されます。最新バージョンのChrome OS向けCitrix Workspaceアプリに更新することをお勧めします。デフォルトでは、画面共有は無効になっていますが、有効にすることもできます。詳しくは、「Microsoft Teamsの最適化設定」を参照してください。

注(強化されたグラフィック機能)

Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリ2108.2で起動されたセッションで、グラフィックアーティファクトが表示されることがまれにあります。 この問題は、従来のグラフィックモードポリシー(該当しない場合) で発生します。グラフィックアーティファクトが表示された場合は、強化されたグラフィック機能のサポートを無効にできます。詳しくは、「強化されたグラフィック機能」を参照してください。

推奨事項(サポートされているバージョン)

[従来のグラフィック モード][無効] に設定することをお勧めします。

解決された問題

  • ディスプレイ解像度をDPR(デバイスのピクセル縦横比)および自動調整以外のモードに設定した場合、セッションはマルチモニターモードをサポートしません。[RFHTMCRM-5116]
  • 32ビットオペレーティングシステムを搭載したChromebookでMicrosoft Teamsに最適化されたセッションを起動しようとすると失敗する可能性があります。[RFHTMCRM-5206]
  • Chromebookの仮想デスクトップ内で起動されたアプリケーションで、視覚的なアーティファクトが表示される場合があります。[CVADHELP-17805]
  • Microsoft Excelなどの特定のアプリを使用しているときに、画面全体に長方形のブロックが表示される場合があります。この問題は、以前のVDAバージョンで実行されているセッションで発生する可能性があります。[RFHTMCRM-5420]
  • Chromebookで公開アプリケーションのセッション中に、スクリーンショットを撮ることができない場合があります。[RFHTMCRM-5370]
  • マルチモニターセッションでシームレスアプリケーションを起動すると、読み込み中のスピナーに黒いパッチが表示される場合があります。[RFHTMCRM-5425]
  • マルチモニター設定[Use all the monitors to span display] チェックボックスをオフにすると、アプリがインタラクティブにならない場合があります。[RFHTMCRM-5519]

2106.2

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

2105.5

新機能

強化されたグラフィック機能

この強化により、より高いフレームレートが提供され、インタラクティブなグラフィックとビデオ再生がよりスムーズになります。

Microsoft Teamsのサポート

仮想デスクトップセッションおよび仮想アプリセッションにMicrosoft Teamsの次の機能を使用できるようになりました。

  • 最適化された音声通話

  • 最適化されたビデオ通話

  • 最適化された画面共有

VDAバージョン1906以降でのみサポートされます。

注:

  • 画面共有では、現在、Citrix Workspaceアプリの外部を含む画面全体を共有できます。意図しないデータの漏洩を防ぐためにこの機能はデフォルトで無効になっていますが、Googleの管理ポリシーで有効にすることができます。詳しくは、「Microsoft Teamsの最適化設定」を参照してください。
  • トラブルシューティングを行い、クライアントセッション内でMicrosoft Teamsを非最適化から最適化に変更するには、「Microsoft Teams最適化のトラブルシューティング」を参照してください。
  • Microsoft Teams最適化を使用した画面共有中、共有ウィンドウの周囲の赤い枠線は表示されません。
  • ビデオ通話は、プライマリモニターでのみサポートされます。Microsoft Teamsの通話を仮想デスクトップセッションの別のモニターに移動しようとすると、音声通話のみがサポートされます。参加者のビデオや自分のビデオを見ることができない場合があります。
  • 画面共有は、マルチモニター設定のプライマリモニターでのみ機能します。
  • アプリの共有はサポートされていません。

解決された問題

  • 参加者のビデオが正しく表示されない場合があり、Microsoft Teamsの最適化された通話中に参加者の静止ビデオ画像が表示されることがあります。このリリースでは、参加者のビデオが適切に表示され、静止ビデオ画像が表示される頻度が低くなります。[RFHTMCRM-5063]
  • オーディオ名またはカメラ名に商標や著作権記号などの特殊文字が含まれている場合、Microsoft Teamsの最適化された通話を開始または受信できない場合があります。[RFHTMCRM-5067]
  • Microsoft Teamsで最適化された通話中に外部Webカメラが接続されている間は、内蔵Webカメラを選択して使用することはできません。[RFHTMCRM-5111]
  • クラウドストアで多要素認証を有効にすると、資格情報を入力してもログインできない場合があります。[CVADHELP-15312]
  • クライアントセッションでPrint Screenキーを使用して印刷できる公開アプリを使用すると、ページが2回印刷されます。[RFHTMCRM-5085,CVADHELP-17119]

2105.1

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

2103

新機能

Googleクラウドプリントのサポート

GoogleはGoogleクラウドプリント機能のサポートを終了しました。そのため、Chrome OS向けCitrix WorkspaceアプリでGoogleクラウドプリントを利用することはできません。

解決された問題

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

2101.6

新機能

このリリースでは問題に対応しているため、パフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

2101.6で解決された問題

  • セッション内でWindows Media Player(WMP)を介してオーディオまたはビデオファイルを再生すると、セッションが予期せず終了する場合があります。[RFHTMCRM-4800]

2101.5

新機能

Webカメラのパフォーマンスの向上

このリリースでは32ビット版のアプリケーションでのWebカメラのパフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。また、64ビット版のアプリケーションでのWebカメラリダイレクトがサポートされるようになりました。32ビット版と64ビット版のアプリケーションの両方でWebカメラリダイレクトがサポートされているのは、内蔵Webカメラのみです。

詳しくは、64ビットのWebカメラリダイレクトに関するセクションを参照してください。

注:

アプリケーションが参加者のビデオ会議の通話のアプリケーションウィンドウと重なっている場合、通話のすべての参加者にはその参加者の静止ビデオ画像が表示されることがあります。

オーディオパフォーマンスの向上

Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリを使用すると、Webカメラの使用時に通話でスムーズなオーディオ品質を体験できるようになりました。オーディオとビデオの間に大きな遅れは見られなくなります。また、以前はVDAを介してPCMオーディオを設定すると、オーディオを聞くことができませんでした。このリリースではこれらの問題に対応しているため、オーディオのパフォーマンスや安定性が総合的に向上しています。

オーディオの推奨事項: 最適なパフォーマンスを得るためには、セッション内でUSBヘッドセットを使用して、話したり聞いたりします。

2101.5で解決された問題

  • ビデオ会議の通話と並行してビデオが再生されると、Webカメラのビデオが応答しなくなることがあります。この問題を回避するには、会議アプリ内でWebカメラをいったんオフにしてから、再度オンにします。[RFHTMCRM-4631]
  • CTRL+SHIFT+L、CTRL+SHIFT+3、ALT + ‘=’ などのExcelの特定のキーボードショートカットは、Chromebookで実行されているセッションでは機能しない可能性があります。詳しくは、Excelのショートカットを参照してください。[RFHTMCRM-4571]
  • 公開アプリケーションがすでに実行されているシナリオで、セッション共有を介して別のアプリケーションを起動すると、接続ダイアログボックスが回転する円とともに表示されます。[RFHTMCRM-4580]
  • セッション共有を有効にした状態で、HDX SDK for HTML5を介してセッションを起動しようとすると、セッションでメッセージが受信されない場合があります。この問題は、シームレスセッションで発生します。[RFHTMCRM-4581]

既知の問題

  • 管理者がグローバルアプリ構成サービス(Global App Configuration Service:GACS)を使用して設定をロールアウトした場合に、Citrix Workspaceアプリがそれらの設定を適用しないことがあります。[RFHTMCRM-7198]

2206.5.2の既知の問題

  • セッションで、最適化されたMicrosoft Teams会議に3人以上の参加者がいる場合、参加者のビデオがフリーズすることがあります。この問題は断続的に発生します。[RFHTMCRM-7251]

2205.6の既知の問題

  • 3番目の参加者がMicrosoft Teams会議またはピアツーピア通話に追加されると、音声が正常に機能しない場合があります。[CVADHELP-19840]

2205.5の既知の問題

  • 管理者がグローバルアプリ構成サービス(Global App Configuration Service:GACS)を使用して設定をロールアウトした場合に、Citrix Workspaceアプリがそれらの設定を適用しないことがあります。[RFHTMCRM-7198]

2203の既知の問題

  • セッションで、Microsoft Teams最適化を使用すると、Microsoft Teamsの着信に応答したり、Microsoft Teams会議に参加したりできない場合があります。この問題は、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)のshimバージョンが1.8.0.12の場合に断続的に発生します。[CVADHELP-19567]

  • 一部のCitrix Virtual Apps and DesktopsまたはXenDesktopでは、Webカメラのリダイレクトが機能しない場合があります。[HDX-39396]

2202の既知の問題

  • 地域設定をオランダにしてMicrosoft Outlook会議を設定し、[夏時間に合わせて自動的に調整する] オプションを有効にすると、リモートカレンダーの会議出席依頼が1時間早く表示されます。この問題は、夏時間の会議が冬に予定されているときに発生します。[CVADHELP-17992]

2112の既知の問題

  • 外部プライマリモニターに接続してデスクトップまたはアプリセッションを起動すると、Microsoft Teamsのビデオまたは画面の共有が正しくレンダリングされません。

    マルチモニターモードにしていて、Microsoft Teamsウィンドウを外部モニターから組み込みディスプレイ(セカンダリモニター)に移動した場合にこの問題が発生します。[RFHTMCRM-6268]

2111.1の既知の問題

  • Citrix Workspaceアプリの新規インストール後、最初に開いたセッションのログは記録されません。以降のすべてのセッションの起動では、機能ごとに記録されます。[RFHTMCRM-6221]
  • Microsoft Teamsのアクティブな通話から切断された後に再接続すると、音声が利用できない場合があります。[RFHTMCRM-6217]

2111の既知の問題

  • 自動再接続で自動起動モードのセッションを起動中に、空白のウィンドウがポップアップし、キオスクモードのユーザーのセッション起動をブロックする場合があります。 [RFHTMCRM-6220]
  • マルチモニター環境でセッションを起動すると、マウスのクリック場所が数ピクセルずれます。この問題は、Chromeシェルフが左側に配置されている場合に発生します。Chromeシェルフを画面の下部に配置することをお勧めします。[RFHTMCRM-5456] [CVADHELP-18565]
  • メールの送信などの特定のアクションを実行すると、空白のウィンドウが表示される場合があります。ウィンドウを閉じて続行してください。[RFHTMCRM-6209]
  • 外部モニターをプライマリモニターにすると、Microsoft Teamsのビデオ画面に何も表示されない場合があります。[RFHTMCRM-6134]

2108の既知の問題

  • キーボードのショートカットCtrl+Alt+Shift+1は、仮想デスクトップ内の最適化されたMicrosoft Teamsでは機能しない可能性があります。この問題を回避するには、スクリーンキーボードを開き、ショートカットを使用します。[RFHTMCRM-5441]
  • 3台のモニターを備えたマルチモニターのMicrosoft Teams最適化セッションでは、セッションウィンドウでスクロールバーに空白が表示される場合があります。[RFHTMCRM-5538]
  • 埋め込みモードでChrome HDX SDKから起動されたセッションでは、Webカメラリダイレクトはサポートされていません。[RFHTMCRM-5856]
  • 埋め込みモードのHDX SDK for Chrome OSでセッションが起動しない場合があります。この問題を回避するには、Chrome OS向けCitrix Workspaceアプリのバージョン21.8.1.1をウェブストアからインストールします。インストール後、セッションの起動時にReceiver IDanjihnbmjbbpofafpmklejenkgnjfcdiに変更します。[RFHTMCRM-5738]
  • Microsoft Windowsロゴキーのショートカットを使用すると、HTML5向けCitrix Workspaceアプリセッション内でMicrosoft Windowsロゴキーが断続的に停止することがあります。解決策として、Microsoft Windowsロゴキーを再度押します。[RFHTMCRM-5905]

参照APIはcitrix.receiver.createSession(citrixReceiverId, <options>, <responseCallback>);です

詳しくは、「HDX SDK」を参照してください。

2105.5の既知の問題

  • Microsoft Teamsで最適化された音声またはビデオ通話中にオーディオ設定でオーディオデバイスを変更すると、オーディオが機能しない場合があります。[RFHTMCRM-5121]
  • 最適化されたMicrosoft Teamsを32ビットChromebookで起動しようとすると成功しない場合があります。[RFHTMCRM-5206]
  • 高DPIスケールを有効にすると、最適化されたMicrosoft Teamsビデオ通話でビデオが正しく表示されない場合があります。[RFHTMCRM-5271]
  • Microsoft Teamsの通話で音声を保留にした後、再開できない場合があります。[RFHTMCRM-4854, HDX-29787]
  • Microsoft Teamsの通話を終了しても、Webカメラのインジケータが消えない場合があります。Microsoft Teams設定のタブ間を移動してから通話を始めると、この問題が発生する可能性があります。この問題を回避するには、仮想メニューバーのMicrosoft Teamsアイコンを右クリックして[終了]を選択し、Microsoft Teamsを再起動して通話に再度参加します。[RFHTMCRM-4810]
  • キーボードのショートカットCtrl+Alt+Shift+1は、仮想デスクトップ内の最適化されたMicrosoft Teamsでは機能しない可能性があります。この問題を回避するには、スクリーンキーボードを開き、ショートカットを使用します。[RFHTMCRM-5441]

2101.5の既知の問題

  • アプリケーションの起動中にWebカメラのビデオが表示されないことがあります。次のエラーメッセージが表示されます: No webcam device available(Webカメラがありません)

    この問題を回避するには、セッションからログオフしてから再度ログオンします。

  • 通話中にビデオ会議アプリのウィンドウを移動すると、セッションにアーティファクトが表示され、画面のコンテンツやディスプレイの他の部分が表示されないことがあります。

制限事項

  • Microsoft Teams最適化を使用した画面共有中、共有ウィンドウの周囲の赤い枠線は表示されません。

  • Citrix Studioで [Use Hardware Encoding for Video Codec][Enabled] に設定されている場合、Intel vGPU VDAを使用したセッション中に画面が緑色で表示されることがあります。[RFHTMCRM-5521]

  • Microsoft Windows 7 VDAを介したマルチモニターセッションでは、拡張モニターが黒く表示されます。また、マウスカーソルが正しくレンダリングされない場合があります。幅と高さが4800ピクセル未満のディスプレイ解像度を組み合わせて選択することをお勧めします。[RFHTMCRM-5539]

  • サーバーは、Graphics-Thinwire YUV444設定が構成されている場合でも、YUV420にフォールバックします。グラフィックが豊富なアプリケーションは、YUV420の範囲によって制限を受けます。[RFHTMCRM-5520]

  • Google IdP(IDプロバイダー)とのシングルサインオン(SSO)はサポートされていません。

  • Citrix Workspaceアプリにサインインしようとすると、サインインの問題が発生する可能性があります。次のエラーメッセージが表示されます。ERR_TOO_MANY_REDIRECTS.

    この問題は、Google IdPを使用しているときに発生します。[CVADHELP-19362]

このリリースについて