Windowsデバイスの一括登録

Endpoint Managementは、Windows 10デバイスの一括登録をサポートしています。一括登録では、デバイスを再イメージ化することなく、MDMサーバーで管理する多数のデバイスをセットアップできます。プロビジョニングパッケージを使用して、Windows 10デスクトップデバイスを一括登録することができます。この記事の手順に従って、一括登録をセットアップして実行します。

一括登録を実行する前に、すべてのデバイスが正しいエンドユーザーに割り当てられていることを確認してください。ユーザーごとにデバイスを登録するか、デバイスの一括インポートを実行して割り当てます。

デバイスを割り当てるには

  1. Endpoint Managementコンソールで、[管理]>[デバイスホワイトリスト]の順に移動します。

    デバイスホワイトリスト構成画面の画像

  2. 各デバイスを手動で追加するには、[追加]をクリックします。

    デバイスホワイトリスト構成画面の画像

  3. 次の情報を入力します。

    • デバイスプラットフォーム: [Windows] を選択します。
    • ハードウェアIDの種類: デバイスを識別するために使用するIDを選択します。Windowsデバイスについては、Endpoint Managementでは [ハードウェアID] のみをサポートします。
    • ハードウェアID: デバイスに対して選択したIDを入力します。
    • 関連付けられているユーザー: このデバイスに関連付けるユーザーを入力します。
  4. [保存] をクリックします。

  5. デバイスを一括して追加するには、[インポート]をクリックします。

    ホワイトリストデバイスのインポート画面の画像

  6. [ダウンロード] をクリックして、デバイスのホワイトリストのテンプレートをダウンロードします。上述の説明に従ってテンプレートに記入し、[ファイルの選択][インポート]の順に選択してファイルをアップロードします。

デバイスを一括登録するには

  1. Endpoint Managementコンソールで、[設定]>[Windows一括登録]の順に移動します。

  2. [UPN] ボックスに有効なユーザー名を入力して、すべてのデバイスを展開します。

    Windows一括登録構成画面の画像

  3. [保存] をクリックします。

  4. デバイスを一括プロビジョニングするには、MicrosoftストアからWindows構成デザイナーをダウンロードします。Windows構成デザイナーは、デバイスのイメージ作成で使用するプロビジョニングパッケージを作成します。パッケージの一部としてEndpoint Managementの一括登録設定を含めて、デバイスがEndpoint Managementに自動的に登録されるようにすることができます。

    ツールの構成方法、プロビジョニングパッケージの作成方法、およびプロビジョニングパッケージのインストール方法について詳しくはhttps://docs.microsoft.com/en-us/windows/client-management/mdm/bulk-enrollment-using-windows-provisioning-toolを参照してください。Endpoint Managementの一括登録構成の設定方法については、同じページの「Create and apply a provisioning package for on-premises authentication」を参照してください。

Windowsデバイスの一括登録