モニターとサポート

Endpoint ManagementダッシュボードとEndpoint Managementサポートページを使用して、Endpoint Managementサーバーの監視およびトラブルシューティングを行えます。Endpoint Managementサポートページを使用すると、サポートに関連する情報とツールにアクセスできます。

Endpoint Managementコンソールで、右上のレンチアイコンをクリックします。

[サポート]アイコンの画像

[トラブルシューティングとサポート] ページが開きます。

[サポート] ページでは、以下を行うことができます:

  • 診断へのアクセス
  • Citrixの製品ドキュメントおよびKnowledge Centerへのリンクへのアクセス
  • ログ操作へのアクセス
  • 高度な構成オプションの使用
  • 一連のツールおよびユーティリティへのアクセス

Endpoint Managementコンソールのダッシュボードにアクセスして、情報を一目で確認することもできます。この情報を使用して、ウィジェットで問題や成功を速やかに確認できます。

[分析]ダッシュボードの画像

ダッシュボードは、Endpoint Managementコンソールにサインオンすると通常最初に表示されるページです。コンソールの別の場所からダッシュボードにアクセスするには、[分析] をクリックします。ページのレイアウトを編集したり表示されるウィジェットを編集するには、ダッシュボードの [カスタマイズ] をクリックします。

  • マイダッシュボード: 最大4つのダッシュボードを保存できます。ダッシュボードを個別に編集し、保存したダッシュボードを選択してそれぞれを表示することができます。
  • レイアウトスタイル: この行では、ダッシュボードに表示するウィジェットの数とレイアウトを選択することができます。
  • ウィジェット選択: ダッシュボードに表示する情報を選択することができます。
    • 通知: 左側の数字の上のチェックボックスをオンにして、ウィジェットの上に通知バーを追加します。このバーには、準拠デバイス数、非アクティブデバイス数、24時間以内にワイプまたは登録されたデバイス数が表示されます。
    • プラットフォームごとのデバイス: プラットフォームごとの管理対象デバイス数と管理対象外デバイス数が表示されます。
    • キャリアごとのデバイス: キャリアごとの管理対象デバイス数と管理対象外デバイス数が表示されます。各バーをクリックすると、プラットフォームごとの内訳が表示されます。
    • プラットフォームにより管理されているデバイス: プラットフォームごとの管理対象デバイス数が表示されます。
    • プラットフォームにより管理されていないデバイス: プラットフォームごとの管理対象外デバイス数が表示されます。このグラフに表示されるデバイスにはエージェントがインストールされている場合がありますが、特権が失効またはワイプされています。
    • ActiveSyncゲートウェイ状態ごとのデバイス: ActiveSyncゲートウェイの状態ごとにグループ化されたデバイス数が表示されます。この情報では拒否、許可、または不明の状態が表示されます。各バーをクリックするとプラットフォームごとの内訳が表示されます。
    • 所有権ごとのデバイス: 所有権の状態ごとにグループ化されたデバイス数が表示されます。この情報ではコーポレート所有、従業員所有、または不明の所有権状態が表示されます。
    • Android TouchDownライセンス状態: TouchDownライセンスがあるデバイス数が表示されます。
    • 失敗したデリバリーグループ展開: 失敗した展開の合計数がパッケージごとに表示されます。展開に失敗したパッケージのみが表示されます。
    • ブロックされた理由ごとのデバイス: ActiveSyncでブロックされたデバイス数が表示されます。
    • インストール済みアプリ: アプリ名を入力すると、アプリ情報のグラフが表示されます。
    • VPPアプリライセンス使用状況: Apple Volume Purchase Programアプリのライセンス使用状況に関する統計データが表示されます。

各ウィジェットでは個々の部分をクリックして、さらに情報をドリルダウンできます。

[分析]ダッシュボードのドリルダウンの画像

[操作] のドロップダウンをクリックして、情報を.csvファイルとしてエクスポートすることもできます。

[分析]ダッシュボードメニューの画像

ヘルプデスク管理者のためのモニターページ

[モニター] ページでは、Endpoint Management Serviceの監視およびトラブルシューティングを実行できます。このインターフェイスは、ヘルプデスク管理者がユーザーごとのトラブルシューティングを効率的に実行できるようにカスタマイズされています。

ヘルプデスク管理者が [モニター] タブとすべての利用可能なワークフローにアクセスするには、次の権限が必要です。

  • 承認済みアクセス
    • 管理者のコンソールアクセス
    • パブリック API へのアクセス
  • コンソール機能
    • 監視
    • デバイス
    • デバイスの完全なワイプ
    • 場所の表示
      • デバイスの場所の確認
      • デバイスの追跡
    • デバイスのロック
    • デバイスのロック解除
    • アプリのロック
    • アプリのワイプ
    • アプリ

[モニター] ページには、デバイスポリシーと構成をまとめたビューが表示されます。このビューでは、アプリのロック/ロック解除、アプリのワイプ、デバイスのロック/ロック解除、デバイスのワイプなどのトラブルシューティング操作を行うことができます。

Citrix Cloudの[モニター]画面の画像

[モニター] ページでは以下の操作が可能です。

  • トラブルシューティングを行うActive Directory(AD)のユーザーおよびデバイスの検索。
  • 以下が表示される [デバイス詳細] ページの分析。
    • ポリシー: 選択したデバイスとアプリのデバイスポリシーとアプリポリシーが表示されます。ポリシーの変更方法については、「デバイスポリシー」と「アプリケーションの追加」を参照してください。
    • 構成: デバイスの構成が表示されます。このパネルには、デバイスの位置情報サービスの状態とジェイルブレイクの有無、およびデバイスがMAM/MDMの管理対象かどうかを示す各種アイコンが表示されます。また、ストレージの暗号化状態も表示されます。
    • [実行中のアプリケーション] テーブル:デバイスで現在実行されているアプリケーションの詳細が表示されます。
  • デバイスのトラブルシューティング。このページで実行できるセキュリティ操作は、デバイスの登録状態およびログイン済みの管理者が持つ権限によって決まります。
    • デバイスのロック/ロック解除
    • デバイスのワイプ
    • アプリのロック/ロック解除(デバイスがMAMに登録済みの場合に利用可能)
    • アプリのワイプ(デバイスがMAMに登録済みの場合に利用可能)

実行できる操作について詳しくは、「セキュリティ操作」を参照してください。

[モニター]ページではログイントークンの更新が行われないため、最後の読み込みから60分が経過すると正常に動作しなくなる場合があります。この問題を回避するには、サービスコンソールで [Citrix Cloud] リンクをクリックして [Endpoint Management]>[管理]>[モニター] の順にクリックし、ページを再読み込みしてトークンを更新します。

コンソールからEndpoint Managementツールへのアクセス

Endpoint Managementコンソールでは、以下のEndpoint Managementツールにアクセスできます:

  • Endpoint Management Analyzer – 展開に関する潜在的な問題を特定し、トリアージします。
  • APNsポータル – シトリックスにAPNs証明書への署名を求める要求を送信します。署名された証明書は、Appleに提出します。
  • 自動検出サービス – ドメインのEndpoint Managementの自動検出を要求および構成します。
  • プッシュ通知の管理 – iOSおよびWindowsのモバイルアプリのプッシュ通知を管理します。
  • MDXサービス – アプリをラップします。ラップしたアプリは、Endpoint Managementで管理できるようになります。

これらのツールにアクセスするには、[設定]>[Endpoint Managementツール]に移動します。このページは、Cloud AdminまたはCustomer Adminの役割を持つユーザーが使用できます。

[Endpoint Managementツール]画面の画像

ログ

ログ設定を構成して、Endpoint Managementで生成されるログの出力をカスタマイズすることができます。Endpoint Managementサーバーをクラスター化している場合、Endpoint Managementコンソールでログ設定を構成すると、その設定はクラスター内のほかのすべてのサーバーと共有されます。

  1. Endpoint Managementコンソールで、右上のレンチアイコンをクリックします。[サポート]ページが開きます。

  2. [ログの操作] の下の [ログ設定] をクリックします。[ログ設定]ページが開きます。

    ログの構成の画像

    [ログ設定] ページでは、以下のオプションにアクセスできます。

    • ログサイズ。このオプションを使用して、ログファイルのサイズと、データベースで保持されるログのバックアップファイルの最大数を制御します。ログサイズは、各ログ(デバッグログ、管理者アクティビティログ、ユーザーアクティビティログ)に適用されます。
    • ログレベル。このオプションを使用して、ログレベルを変更したり、設定を永続的にしたりします。
    • カスタムロガー。このオプションでカスタムロガーを作成します。カスタムログには、クラス名とログレベルが必要です。

[ログサイズ]のオプションを構成するには

  1. [ログ設定] ページで [ログサイズ] を展開します。

    ログの構成の画像

  2. 次の設定を構成します。

    • デバッグログのファイルサイズ(MB): 一覧からサイズ(5~20MB)を選択して、デバッグファイルの最大サイズを変更します。デフォルトのファイルサイズは10 MBです。
    • デバッグバックアップファイルの最大数: サーバーにより保持されるデバッグファイルの最大数をクリックします。デフォルトでは、サーバーには50個のバックアップファイルが保持されます。
    • 管理者アクティビティログのファイルサイズ(MB): 一覧からサイズ(5~20MB)を選択して、管理者アクティビティファイルの最大サイズを変更します。デフォルトのファイルサイズは10 MBです。
    • 管理者アクティビティバックアップファイルの最大数: サーバーにより保持される管理者アクティビティファイルの最大数をクリックします。デフォルトでは、サーバーには300個のバックアップファイルが保持されます。
    • ユーザーアクティビティログのファイルサイズ(MB): 一覧からサイズ(5~20MB)を選択して、ユーザーアクティビティファイルの最大サイズを変更します。デフォルトのファイルサイズは10 MBです。
    • ユーザーアクティビティバックアップファイルの最大数: サーバーにより保持されるユーザーアクティビティファイルの最大数をクリックします。デフォルトでは、サーバーには300個のバックアップファイルが保持されます。

[ログレベル]のオプションを構成するには

ログレベルを設定することにより、Endpoint Managementでログに収集する情報の種類を指定できます。すべてのクラスに同じレベルを設定することも、個別のクラスに特定のレベルを設定することもできます。

  1. [ログ設定] ページで [ログレベル] を展開します。すべてのログクラスの表が表示されます。

    ログの構成の画像

  2. 次のいずれかを行います。

    • 1つのクラスの横のチェックボックスをクリックして[レベルを設定]をクリックし、そのクラスのログレベルのみを変更します。
    • [すべて編集]をクリックしてログレベルの変更を表内のすべてのクラスに適用します。

    [ログレベルの設定] ダイアログボックスでは、ログレベルを設定できます。また、サーバーの再始動時にログレベルの設定を保持するかどうかを選択することもできます。

    ログの構成の画像

    • クラス名: すべてのクラスのログレベルを変更する場合はこのフィールドに すべて と表示されます。そうでない場合は個別のクラス名が表示されます。この値は編集できません。
    • サブクラス名: すべてのクラスのログレベルを変更する場合はこのフィールドに すべて と表示されます。そうでない場合は個別のサブクラス名が表示されます。この値は編集できません。
    • ログレベル: 一覧でログレベルをクリックします。サポートされるログレベルは以下のとおりです。
      • 重大
      • エラー
      • 警告
      • 詳細
      • デバッグ
      • トレース
      • オフ
    • 含まれるロガー: すべてのクラスのログレベルを変更する場合はこのフィールドには空白が表示されます。そうでない場合は、個別のクラスで現在構成されているロガーが表示されます。この値は編集できません。
    • 永続設定: サーバーを再起動してもログレベルの設定を維持する場合はこのチェックボックスをオンにします。このチェックボックスがオフの場合は、サーバーを再起動するとログレベル設定がデフォルト設定に戻ります。
  3. [設定] をクリックして変更を確定します。

カスタムロガーを追加するには

  1. [ログ設定] ページで [カスタムロガー] を展開します。[カスタムロガー]の表が表示されます。カスタムロガーがまだ追加されていない場合、最初はこの表が空白の状態で表示されます。

    ログの構成の画像

  2. [追加] をクリックします。[カスタムロガーの追加]ダイアログボックスが開きます。

    ログの構成の画像

  3. 次の設定を構成します。

    • クラス名: このフィールドはカスタムです。この値は編集できません。
    • ログレベル: 一覧でログレベルをクリックします。サポートされるログレベルは以下のとおりです。
      • 重大
      • エラー
      • 警告
      • 詳細
      • デバッグ
      • トレース
      • オフ
    • 含まれるロガー: カスタムロガーに含める特定のロガーを入力するか、このフィールドを空白にしてすべてのロガーが含まれるようにします。
  4. [追加] をクリックします。カスタムロガーが[カスタムロガー]の表に追加されます。

    ログの構成の画像

カスタムロガーを削除するには

  1. [ログ設定] ページで [カスタムロガー] を展開します。

  2. 削除するカスタムロガーを選択します。

  3. [削除] をクリックします。カスタムロガーを削除するかどうかを確認するダイアログボックスが開きます。[OK] をクリックします。

    重要:

    この操作を元に戻すことはできません。

Endpoint Managementでのログファイルの表示および分析

  1. Endpoint Managementコンソールで、右上のレンチアイコンをクリックします。[サポート] ページが開きます。

  2. [ログの操作][ログ] をクリックします。[ログ] ページが開きます。表に個別のログが表示されます。

    サポートログの画像

  3. 表示するログをオンにします。

    • デバッグログファイルには、エラーメッセージやサーバー関連のアクションなど、Citrixのサポート担当者向けの有用な情報が含まれています。
    • 管理監査ログファイルには、Endpoint Managementコンソール上のアクティビティについての監査情報が含まれています。
    • ユーザー監査ログファイルには構成済みユーザーに関連する情報が含まれています。
  4. 表の上にあるアクションを使用して、すべてダウンロード、表示、回転、単一ログのダウンロード、選択したログの削除を行います。

    サポートログの分析の画像

    注:

    • 複数のログファイルを選択した場合は、[すべてダウンロード][交換] のみを使用できます。
    • Endpoint Managementサーバーをクラスター化している場合は、接続しているサーバーのログのみを表示できます。ほかのサーバーのログを表示するには、ダウンロードオプションのいずれかを使用します。
  5. 次のいずれかを行います。

    • すべてをダウンロード: システム上に存在するすべてのログ(デバッグ、管理監査、ユーザー監査、サーバーのログなど)をダウンロードします。
    • 表示: 表の下に選択したログの内容を表示します。
    • 交換: 現在のログファイルをアーカイブし、ログエントリを取得するためのファイルを作成します。ログファイルをアーカイブ化する時に、ダイアログボックスが開きます。[交換] をクリックして続行します。
    • ダウンロード: コンソールは、選択した単一のログファイルタイプのみをダウンロードします。コンソールは同じタイプのアーカイブされたログもダウンロードします。
    • 削除: 選択したログファイルを完全に削除します。

    デバッグログの例の画像