AirPrintデバイスポリシー

AirPrintデバイスポリシーで、AirPrintプリンターをiOSデバイスのAirPrintプリンター一覧に追加します。このポリシーにより、プリンターとデバイスが異なるサブネットに存在している環境のサポートが容易になります。

注:

AirPrintデバイスポリシーを構成するには、各プリンターのIPアドレスとリソースパスが必要です。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

iOSの設定

  • AirPrint 出力先: 追加するAirPrintの出力先ごとに、[追加] をクリックして以下の操作を行います。
    • IPアドレス: AirPrintプリンターのIPアドレスを入力します。
    • リソースパス: プリンターに関連付けられているリソースパスを入力します。この値は、_ipps.tcp Bonjourレコードのパラメーターに対応します。たとえば、printers/Canon_MG5300_seriesまたはprinters/Xerox_Phaser_7600などです。
  • ポリシー設定(一般的な「設定」と区別するためにここでは「設定項目」という語を使用します)
    • ポリシーの削除: ポリシー削除のスケジュールを設定する方法を選択します。利用可能なオプションは、[日付を選択][削除までの期間(時間)を指定] です。
      • 日付を選択: カレンダーをクリックして削除を実行する特定の日付を選択します。
      • 削除までの期間(時間)を指定: ポリシーの削除が開始するまでの期間を時間単位で入力します。iOS 6.0以降でのみ使用できます。

AirPrintデバイスポリシー