アプリ構成デバイスポリシー

以下を展開することによって、管理対象の構成をサポートするアプリをリモートで構成できます。

  • XML構成ファイル(プロパティ一覧、またはplistと呼ばれる)をiOSデバイスに展開します。
  • キー/値ペアをWindows 10 Phone、デスクトップ、またはタブレットデバイスに展開します。

この構成では、アプリ内のさまざまな設定や動作を指定します。ユーザーがアプリをインストールすると、Endpoint Managementはこの構成をデバイスにプッシュします。設定できる実際の設定と動作はアプリによって異なり、この記事では扱いません。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

iOS 設定

デバイスポリシー構成画面の画像

  • 識別子: 一覧から構成するアプリを選択するか、[新規追加] をクリックして新しいアプリを一覧に追加します。
    • [新規追加] をクリックした場合は、表示されるフィールドにアプリ識別子を入力します。
  • ディクショナリの内容: XMLプロパティ一覧(plist)の構成情報を入力するか、コピーして貼り付けます。
  • [ディクショナリをチェック] をクリックします。Endpoint ManagementがXMLを検証します。エラーがなければ、コンテンツボックスの下に「有効なXML」と表示されます。コンテンツボックスの下に何らかの構文エラーが表示された場合は、続行する前にエラーを修正する必要があります。

Windows Phoneの設定

デバイスポリシー構成画面の画像

  • [選択] ボックスから構成するアプリを選択するか、[新規追加] をクリックして新しいアプリを一覧に追加します。
    • [新規追加] をクリックした場合は、表示されるフィールドにパッケージファミリ名を入力します。
  • 構成パラメーターごとに、[追加] をクリックして以下の操作を行います。
    • パラメーター名: Windowsデバイスのアプリケーション設定のキー名を入力します。Windowsアプリの設定については、Microsoft社のドキュメントを参照してください。
    • 値: 指定されたパラメーターの値を入力します。
    • [追加] をクリックしてパラメーターを追加するか、[キャンセル] をクリックしてパラメーターの追加を取り消します。

Windowsデスクトップ/タブレットの設定

ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリかWin32アプリのいずれかを構成できます。Microsoft管理用テンプレート(ADMX)ポリシー設定をインポートするには、Win32アプリを構成します。

注: アプリ構成デバイスポリシーでは、Officeなどのサードパーティアプリケーション向けに、サードパーティのADMXファイルをサポートしています。%SystemRoot%\PolicyDefinitionsにオペレーティングシステムグループポリシーとして用意されているWindows用のMicrosoft製ADMXテンプレートはサポートされません。

  • [UWPアプリ] を選択した場合:[選択] 一覧から構成するアプリをクリックするか、[新規追加] をクリックして新しいアプリを一覧に追加します。

    デバイスポリシー構成画面の画像

    • [新規追加] をクリックした場合は、表示されるフィールドにパッケージファミリ名を入力します。
    • 構成パラメーターごとに、[追加] をクリックして以下の操作を行います:
      • パラメーター名: Windowsデバイスのアプリケーション設定のキー名を入力します。Windowsアプリの設定については、Microsoft社のドキュメントを参照してください。
      • 値: 指定されたパラメーターの値を入力します。
      • [追加] をクリックしてパラメーターを追加するか、[キャンセル] をクリックしてパラメーターの追加を取り消します。
  • [Win32アプリ] を選択した場合:[参照] をクリックし、ポリシーを構成するために使用するADMXファイルに移動します。

    デバイスポリシー構成画面の画像

    • [追加] をクリックします。ADMXファイルの設定オプションがページの右側に表示されます。

      デバイスポリシー構成画面の画像

    • ポリシーパスを選択します。同じパスを複数回選択すると、直近のバージョンに関連付けられた構成が適用されます。
    • [有効化][オン] に設定します。
    • 必要な一覧の要素の値を、キーと値のペアとして入力します。各キーと値のペアおよびそのペア内の値とキーは、テキスト文字列「&#xF000」を使用して区切ります。
    • 小数点を含む要素の値には、特定の範囲内の値が必要な場合があります。

アプリ構成デバイスポリシー