ファイルデバイスポリシー

ユーザーに対して特定の機能を実行するスクリプトファイル、またはAndroidユーザーにデバイスでアクセスしてもらいたいドキュメントファイルを、Endpoint Managementに追加できます。ファイルを追加するときは、デバイス上のファイルを格納するフォルダーも指定できます。たとえば、Androidユーザーが会社のドキュメントまたは.pdfファイルを受け取るようにする場合は、ファイルをデバイスに展開し、ユーザーにファイルがある場所を知らせます。

このポリシーで追加できるファイルの種類は次のとおりです。

  • テキストベースのファイル(.xml、.html、.pyなど)
  • ドキュメント、写真、スプレッドシート、プレゼンテーションなどのほかのファイル

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

Android Enterpriseの設定

Android Enterpriseのファイルデバイスポリシー

  • インポートするファイル: インポートするファイルを選択するには、[参照]をクリックしてインポートするファイルの場所へ移動します。
  • ファイルタイプ: [ファイル] または [スクリプト] を選択します。[スクリプト] を選択すると、[今すぐに実行] が表示されます。ファイルがアップロードされたらすぐにスクリプトを実行するかどうかを選択します。[今すぐに実行] のデフォルトは [オフ] です。
  • マクロ表現を置換: スクリプトに含まれるマクロのトークン名をデバイスまたはユーザーのプロパティで置き換えるかどうかを選択します。マクロ構文については、「マクロ」を参照してください。デフォルトは [オフ] です。
  • ターゲットフォルダー: 一覧からアップロードしたファイルを格納する場所を選択するか、[新規追加] をクリックして、一覧にない場所を選択します。任意のパス識別子の始まりとしてマクロ%XenMobile Folder%\または%Flash Storage%\を使用することができます。
  • 保存先ファイル名: 任意です。デバイスに展開する前にファイル名を変更する必要がある場合は、ファイル名を入力します。
  • ファイルが存在する場合: 一覧で、既存のファイルをコピーするかどうかを選択します。デフォルトは、[異なる場合にのみファイルをコピーする]です。

Androidの設定

  • インポートするファイル: インポートするファイルを選択するには、[参照]をクリックしてインポートするファイルの場所へ移動します。
  • ファイルタイプ: [ファイル] または [スクリプト] を選択します。[スクリプト] を選択すると、[今すぐに実行] が表示されます。ファイルがアップロードされたらすぐにスクリプトを実行するかどうかを選択します。[今すぐに実行] のデフォルトは [オフ] です。
  • マクロ表現を置換: スクリプトに含まれるマクロのトークン名をデバイスまたはユーザーのプロパティで置き換えるかどうかを選択します。マクロ構文については、「マクロ」を参照してください。デフォルトは [オフ] です。
  • ターゲットフォルダー: 一覧からアップロードしたファイルを格納する場所を選択するか、[新規追加] をクリックして、一覧にない場所を選択します。任意のパス識別子の始まりとしてマクロ%XenMobile Folder%\または%Flash Storage%\を使用することができます。
  • 保存先ファイル名: 任意です。デバイスに展開する前にファイル名を変更する必要がある場合は、ファイル名を入力します。
  • ファイルが存在する場合: 一覧で、既存のファイルをコピーするかどうかを選択します。デフォルトは、[異なる場合にのみファイルをコピーする]です。

ファイルデバイスポリシー