プロビジョニングプロファイルデバイスポリシー

iOSエンタープライズアプリを開発しコード署名するときは、通常は、iOSデバイスで実行するアプリにAppleが求めるエンタープライズ配布プロビジョニングプロファイルを含めます。プロビジョニングプロファイルが見つからない場合、または期限が切れている場合は、ユーザーがそのアプリをタップして開こうとするとクラッシュします。

プロビジョニングプロファイルの主な問題は、Apple Developer Portalで生成されてから1年で期限が切れるので、ユーザーによって登録されたすべてのiOSデバイス上のすべてのプロビジョニングファイルの期限を追跡する必要があることです。期限の追跡では、実際の期限だけでなく、どのユーザーがどのバージョンのアプリを使用しているかも追跡する必要があります。解決策としては、ユーザーにプロビジョニングプロファイルを電子メールで送信する、プロビジョニングプロファイルをWebポータルに置いてダウンロードとインストールを可能にする、という2つの方法があります。これらの解決策は有効ですが、ユーザーに電子メールの指示に従って処理をすることを求めたり、Webポータルにアクセスして適切なプロファイルをダウンロードしインストールすることを求めたりするので、エラーが発生する傾向があります。

このプロセスをユーザーが意識しないで済むように、Endpoint Managementではデバイスポリシー付きのプロビジョニングプロファイルをインストールおよび削除できます。紛失した、または期限が切れたプロファイルは必要に応じて削除され、最新のプロファイルがユーザーのデバイスにインストールされるので、タップして開くだけでアプリを使用できます。

プロビジョニングプロファイルポリシーを作成するには、プロビジョニングプロファイルのファイルを作成する必要があります。詳しくは、Apple Developerサイトのプロビジョニングプロファイルの作成に関するページを参照してください。

iOS 設定

デバイスポリシー構成画面の画像

  • iOSプロビジョニングプロファイル:[参照] をクリックしてインポートするプロビジョニングプロファイルファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。

プロビジョニングプロファイルデバイスポリシー

In this article