Samsung MDMライセンスキーデバイスポリシー

従来のEnterpriseライセンス(ELM)およびKnoxライセンス(KLM)がある場合、Samsung MDMライセンスキーデバイスポリシーを使用します。Knox Platform for Enterprise(KPE)Premiumライセンスキーがある場合、代わりにKnox Platform for Enterpriseデバイスポリシーを使用します。Knoxコンテナを作成するにはPremiumライセンスキーが必要です。

SAFEプラットフォームの場合、マクロを使用してELMキーを生成します。SAFEのポリシーおよび制限を展開する前に、組み込みのSamsung Enterprise License Management(ELM)キーをデバイスに展開します。Endpoint Managementは、Samsung Enterprise Firmware-Over-The-Air(E-FOTA)サービスもサポートしています。Endpoint ManagementはSamsung for Enterprise(SAFE)ポリシーとSamsung Knoxポリシーの両方をサポートし、拡張しています。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

Samsung SAFEの設定

デバイスポリシー構成画面

  • ELMライセンスキー: このフィールドには、ELMライセンスキーを生成するマクロがあらかじめ入力されています。このフィールドが空白の場合は、「${elm.license.key}」というマクロを入力します。

Samsung E-FOTAの設定の構成

Samsung Enterprise FOTA(E-FOTA)では、デバイスの更新時期や使用するファームウェアのバージョンを決定できます。E-FOTAを使用すると、更新プログラムを展開前にテストして、更新プログラムとアプリとの互換性を確認できます。ユーザーが操作することなく、使用可能な最新のファームウェアバージョンでデバイスを強制的に更新できます。

Samsungは、認定ファームウェアを実行しているSamsung Knox 2.7.1デバイス(最小バージョン)でE-FOTAをサポートしています。

E-FOTAポリシーを構成するには:

  1. Samsungから受け取ったキーとライセンス情報でSamsung MDMライセンスキーデバイスポリシーを作成します。Endpoint Managementは、その後、その情報を検証して登録します。

    [ELMライセンスキー] を入力します:このフィールドは、ELMライセンスキーを生成するマクロがあらかじめ入力されています。このフィールドが空白の場合は、「${elm.license.key}」というマクロを入力します。

    E-FOTAパッケージを購入したときにSamsungから提供された、以下の情報を入力してください。

    • Enterprise FOTA顧客ID
    • Enterprise FOTAライセンス
    • クライアントID
    • クライアントシークレット
  2. OS更新の制御デバイスポリシーを作成します。

    デバイスポリシー構成画面

    • Enterprise FOTAの有効化[オン]に設定します。
    • Enterprise FOTAライセンスキー: 手順1で作成したSamsung MDMライセンスキーポリシーの名前を選択します。
  3. OS更新の制御ポリシーをSecure Hubに展開します。

Android EnterpriseとSamsung Knoxの設定

デバイスポリシー構成画面

  • Knoxライセンスキー: Samsungから取得したKnoxライセンスキーを入力します。

Samsung MDMライセンスキーデバイスポリシー