アプリトンネリングデバイスポリシー

アプリトンネルは、モバイルアプリのサービスの継続性およびデータ転送の信頼性を向上させるように設計されています。アプリトンネルは、モバイルデバイスアプリのクライアントコンポーネントとアプリサーバーコンポーネント間のプロキシパラメーターを定義します。アプリトンネリングポリシーは、Androidデバイスに対して構成できます。

このポリシーで定義したトンネルを使用して送信されるアプリトラフィックは、Endpoint Managementを経由してから、アプリを実行するサーバーにリダイレクトされます。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

Androidの設定

デバイスポリシー構成画面の画像

  • 接続を開始する側:[デバイス] または [サーバー] を選択して、接続の開始元を指定します。

  • デバイスごとの最大接続数: 数値を入力して、アプリが確立できる同時TCP接続数を指定します。このフィールドはデバイスで開始する接続にのみ適用されます。

  • 接続のタイムアウトを定義: アプリのアイドル状態を継続できる時間を設定するかどうかを選択します。この時間を超えると、トンネルは閉じられます。

    • 接続タイムアウト:[接続のタイムアウトを定義][オン] に設定した場合に、アプリのアイドル状態を継続できる時間(秒)を入力します。この時間を超えると、トンネルは閉じられます。
  • このトンネルを通過する携帯ネットワーク接続をブロック: ローミング中にこのトンネルをブロックするかどうか選択します。WiFiとUSB接続はブロックされません。

  • クライアントポート: クライアントのポート番号を入力します。ほとんどの場合、この値はサーバーポートと同じです。

  • IPアドレスまたはサーバー名: アプリサーバーのIPアドレスまたは名前を入力します。このフィールドはデバイスで開始する接続にのみ適用されます。

  • サーバーポート: サーバーのポート番号を入力します。

アプリトンネリングデバイスポリシー

In this article