Citrix Endpoint Management

Webコンテンツフィルターデバイスポリシー

Appleのオートフィルター機能と特定のサイトの許可リストおよび禁止リストへの追加を組み合わせて、iOSデバイスでWebコンテンツをフィルタリングできます。Webコンテンツフィルターデバイスポリシーは、監視モードのiOSデバイスでのみ使用できます。iOSデバイスをSupervisedモードにする方法については、「Apple Configuratorを使用してiOSデバイスを監視モードにするには」を参照してください。

注:

AndroidデバイスではWebコンテンツフィルタリングがサポートされていません。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、デバイスポリシーを参照してください。

iOSの設定

  • フィルターの種類: 一覧から [組み込み] または [プラグイン] を選択し、選択したオプションに応じた手順を実行します。デフォルトは [組み込み] です。

組み込みフィルターの種類

  • Webコンテンツフィルター
    • 自動フィルターが有効: Appleのオートフィルター機能を使用して、Webサイトに不適切なコンテンツがないかを分析するか否か。デフォルトは [オフ] です。
    • 許可されているURL: この一覧は、[自動フィルターが有効][オフ] に設定されている場合は無視されます。[自動フィルターが有効][オン] に設定されている場合、この一覧に含まれる項目は、オートフィルターがアクセスを許可しているかどうかにかかわらず常にアクセスできます。許可リストに追加するURLごとに、[追加] をクリックして以下の操作を行います:
      • 許可するWebサイトのURLを入力します。Webアドレスの前には、https://またはhttps://を付ける必要があります。
      • Webサイトを許可リストに保存する場合は [保存] をクリックし、保存しない場合は [キャンセル] をクリックします。
    • 禁止するURL: このリストに含まれる項目は常にブロックされます。禁止リストに追加するURLごとに、[追加] をクリックして以下の操作を行います:
      • ブロックするWebサイトのURLを入力します。Webアドレスの前には、https://またはhttps://を付ける必要があります。
      • Webサイトを禁止リストに保存する場合は [保存] をクリックし、保存しない場合は [キャンセル] をクリックします。
  • 許可リストをブックマーク
    • 許可リストをブックマーク: ユーザーがアクセスできるサイトを指定します。Webサイトへのアクセスを有効にするには、WebサイトのURLを追加します。
      • URL: ユーザーがアクセスできる各WebサイトのURL。たとえば、Secure Hubストアにアクセスできるようにするには、[URL] リストにEndpoint ManagementサーバーのURLを追加します。Webアドレスの前には、https://またはhttps://を付ける必要があります。このフィールドは必須です。
      • フォルダーのブックマーク: 任意で、ブックマークフォルダー名を入力します。このフィールドを空白のままにすると、ブックマークはデフォルトのブックマークディレクトリに追加されます。
      • タイトル: Webサイトの説明的なタイトルを入力します。たとえば、https://google.comというURLに対して「Google」と入力します。
      • Webサイトを許可リストに保存する場合は [保存] をクリックし、保存しない場合は [キャンセル] をクリックします。

プラグインフィルターの種類

  • フィルター名: フィルターの固有の名前を入力します。
  • 識別子: フィルタリングサービスを提供するプラグインのバンドルIDを入力します。
  • サービスアドレス: 任意で、サーバーアドレスを入力します。有効な形式は、IPアドレス、ホスト名、またはURLです。
  • ユーザー名: 任意で、サービスのユーザー名を入力します。
  • パスワード: 任意で、デバイスのパスワードを入力します。
  • 証明書: 一覧から、任意で、サービスでユーザーを認証するために使用するID証明書を選択します。デフォルトは [なし] です。
  • WebKitのトラフィックをフィルター: WebKitトラフィックをフィルタリングするかどうかを選択します。
  • ソケットトラフィックをフィルター: ソケットトラフィックをフィルタリングするかどうかを選択します。
  • カスタムデータ: Webフィルターに追加するカスタムキーごとに、[追加] をクリックして以下の操作を行います。
    • キー: カスタムキーを入力します。
    • 値: カスタムキーの値を入力します。
    • カスタムキーを保存する場合は [保存] をクリックし、保存しない場合は [キャンセル] をクリックします。
  • ポリシー設定(一般的な「設定」と区別するためにここでは「設定項目」という語を使用します)
    • ポリシーの削除: ポリシー削除のスケジュールを設定する方法を選択します。利用可能なオプションは、[日付を選択][削除までの期間(時間)を指定] です。
      • 日付を選択: カレンダーをクリックして削除を実行する特定の日付を選択します。
      • 削除までの期間(時間)を指定: ポリシーの削除が開始するまでの期間を時間単位で入力します。iOS 6.0以降でのみ使用できます。

Webコンテンツフィルターデバイスポリシー