Webクリップデバイスポリシー

ショートカットやWebクリップをWebサイトに配置してユーザーデバイスのアプリと一緒に表示できます。iOS、macOS、AndroidデバイスのWebクリップを表す独自のアイコンを指定できます。Windowsタブレットは、ラベルおよびURLのみが必要になります。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

iOSの設定

  • ラベル: Webクリップとともに表示するラベルを入力します。
  • URL: Webクリップに関連付けるURLを入力します。URLはプロトコル(例:https://server)で始まる必要があります。
  • 削除可能: ユーザーがWebクリップを削除できるかどうかを選択します。デフォルトは [オフ] です。
  • 更新するアイコン: [参照] をクリックしてファイルの場所に移動し、Webクリップに使用するアイコンを選択します。
  • 画像処理済みアイコン: アイコンにエフェクト(角丸、影付き、反射光)を適用するかどうかを選択します。デフォルトは [オフ] で、エフェクトが追加されます。
  • 全画面: リンクされているWebページを全画面モードで開くかどうかを選択します。デフォルトは [オフ] です。

  • ポリシー設定(一般的な「設定」と区別するためにここでは「設定項目」という語を使用します)
    • ポリシーの削除: ポリシー削除のスケジュールを設定する方法を選択します。利用可能なオプションは、[日付を選択][削除までの期間(時間)を指定] です。
      • 日付を選択: カレンダーをクリックして削除を実行する特定の日付を選択します。
      • 削除までの期間(時間)を指定: ポリシーの削除が開始するまでの期間を時間単位で入力します。iOS 6.0以降でのみ使用できます。

macOS設定

  • ラベル: Webクリップとともに表示するラベルを入力します。
  • URL: Webクリップに関連付けるURLを入力します。URLはプロトコル(例:https://server)で始まる必要があります。
  • 更新するアイコン: [参照]をクリックしてファイルの場所に移動し、Webクリップに使用するアイコンを選択します。

  • ポリシー設定(一般的な「設定」と区別するためにここでは「設定項目」という語を使用します)
    • ポリシーの削除: ポリシー削除のスケジュールを設定する方法を選択します。利用可能なオプションは、[日付を選択][削除までの期間(時間)を指定] です。
      • 日付を選択: カレンダーをクリックして削除を実行する特定の日付を選択します。
      • 削除までの期間(時間)を指定: ポリシーの削除が開始するまでの期間を時間単位で入力します。
    • ユーザーにポリシーの削除を許可: ユーザーがデバイスからポリシーを削除するタイミングを選択できます。メニューで [常に][パスコードが必要です]、または[許可しない] を選択します。[パスコードが必要です] を選択する場合、[削除のパスコード] フィールドにパスコードを入力します

Androidの設定

  • 規則: このポリシーでWebクリップを追加または削除するかどうかを選択します。デフォルトは[Add]です。
  • ラベル: Webクリップとともに表示するラベルを入力します。
  • URL: Webクリップに関連付けるURLを入力します。
  • アイコンを定義: アイコンファイルを使用するかどうかを選択します。デフォルトは [オフ] です。
  • アイコンファイル:[アイコンを定義][オン] の場合は、[参照] をクリックしてアイコンファイルの場所に移動し、ファイルを選択します。

Windowsデスクトップ/タブレットの設定

  • 名前: Webクリップとともに表示するラベルを入力します。
  • URL: Webクリップに関連付けるURLを入力します。