Windowsエージェントのデバイスポリシー

Windowsエージェントのデバイスポリシーを使用して、PowerShellスクリプトの場所を指定します。XenMobileにエンタープライズアプリケーションとしてアップロードされたスクリプトファイル、およびスクリプトをホストする他のサーバーを指定することができます。エンタープライズアプリケーションの追加については、「アプリケーションの追加」を参照してください。

このデバイスポリシーを作成した後、管理対象のWindowsデスクトップとタブレットにスクリプトファイルを展開します。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

Windowsデスクトップとタブレットの設定

デバイスポリシー構成画面の画像

デバイスポリシー構成画面の画像

  • 構成名: 構成のわかりやすい名前を入力します。

  • タスクの種類: [PowerShell] を選択します。

  • スクリプトの場所の選択: XenMobileサーバーにアップロード済みのスクリプトを指定する場合は[アップロード済みのスクリプト]、外部でホストしているスクリプトを指定する場合は [スクリプトの場所のURL] を選択します。

    • スクリプトの選択: [アップロード済みのスクリプト] を選択した場合は、実行するスクリプトを選択します。

    • スクリプトの場所のURLを入力: [スクリプトの場所のURL] を選択した場合は、実行するスクリプトがある場所を入力します。このURLでは、スクリプトがペイロードとして配信される必要があります。XenMobileでは、スクリプトをJavaScriptダウンロードとして配信するURLはサポートされません。

  • 実行スケジュール: 選択したスクリプトを1回実行する場合は、[1回実行]を選択します。

スクリプトの状態を確認するには、コンソールで [管理]> [デバイス] に移動します。スクリプトの状態を確認するデバイスを選択し、[編集]をクリックします。[プロパティ] で、[Windowsエージェント]の下にある [ダウンロード] をクリックすると、スクリプトの状態を確認できます。

Windowsエージェントのデバイスポリシー