Citrix Endpoint Management

登録プロファイル

各登録プロファイルで、次の項目が指定されます:

  • Android、iOS、およびWindowsデバイスの場合、デバイス管理の登録オプション。
  • AndroidおよびiOSデバイスの場合、アプリ管理の登録オプション。
  • その他の登録オプション:
    • ユーザーが登録できるデバイスの数を制限するかどうか。

      デバイス数の上限に達すると、デバイス登録の上限を超えたことを知らせるエラーメッセージがユーザーに通知されます。

    • ユーザーにデバイス管理の拒否を許可するかどうか。

登録プロファイルを使用すると、1つのEndpoint Managementコンソール内で複数のユースケースとデバイス移行パスを組み合わせることができます。次のようなユースケースがあります:

  • モバイルデバイス管理(MDMのみ)
  • MDM+モバイルアプリケーション管理(MAM)
  • MAMのみ
  • コーポレート所有端末の登録
  • BYODデバイスの登録(MDM登録をオプトアウトできる)
  • Androidデバイス管理者の登録の、Android Enterprise登録への移行(完全管理、仕事用プロファイル、専用デバイス)
  • Windows用Workspaceアプリを使用したWindows 10デバイスの自動登録(プレビュー)

現在のサイトがMDMのみで、MAMを追加する必要がある場合は、Citrix Gatewayを構成する必要があります。詳しくは、「Citrix Gatewayの要件」を参照してください。

デリバリーグループを作成すると、Globalという名前のデフォルトの登録プロファイルを使用するか、別の登録プロファイルを指定することができます。

プラットフォームごとに、次の登録プロファイル機能があります。

  • Androidデバイスの場合: デバイス所有者モード(完全管理、仕事用プロファイルで完全に管理、BYOD/仕事用プロファイルなど)を指定します。

    新しいデバイスは、デフォルトでAndroid Enterpriseに登録されます。従来のAndroidデバイス管理者(DA)モードを使用したデバイス管理を選択できます。また新しいデバイスは、デフォルトでアプリ管理に登録されます。

    登録セキュリティモード [ユーザー名 + ピン] は、Android Enterpriseでは使用できません。セキュリティレベルの指定および必要な登録手順については、「ユーザーアカウント、役割、および登録」を参照してください。

  • iOSデバイスの場合: デバイスの登録の種類(デバイスの登録、デバイスを管理しない)を指定します。

    新しいデバイスは、デフォルトでAppleデバイス管理に登録されます。また新しいデバイスは、デフォルトでアプリ管理に登録されます。

  • Windows 10デバイスの場合: Citrixデバイス管理(Windows)を使用するかどうかを指定します。新しいデバイスは、デフォルトでデバイス管理に登録されます。

    プレビュー:Endpoint ManagementでWorkspaceが有効である場合は、Workspaceアプリからデバイスを登録することを許可するよう選択できます。詳しくは「Citrix Workspaceアプリを使用したWindows 10デバイスの登録」を参照してください。

グローバル登録プロファイル

デフォルトの登録プロファイル名はGlobalです。グローバルプロファイルは、登録プロファイルを作成するまでテストに使用できます。

Endpoint Management 20.2.1以降にオンボードした場合、グローバル登録プロファイルは事前に定義されています。次のスクリーンショットは、グローバル登録プロファイルのデフォルト設定を示しています。

登録プロファイル情報ページ

Androidの[登録プロファイル]ページ

iOSの[登録プロファイル]ページ

Windowsの[登録プロファイル]ページ

登録プロファイル、デリバリーグループ、登録

登録プロファイルとデリバリーグループは、次のように相互に作用します:

  • 登録プロファイルは、1つまたは複数のデリバリーグループに添付できます。

  • 異なる登録プロファイルを持つ複数のデリバリーグループにユーザーが属している場合、デリバリーグループの名前によって、使用される登録プロファイルが決まります。Endpoint Managementは、デリバリーグループのアルファベット順一覧の最後に表示されるデリバリーグループを選択します。たとえば、次のような場合を想定します:

    • 「EP1」と「EP2」という名前の、2つの登録プロファイルがあります。
    • 「DG1」と「DG2」という名前の、2つのデリバリーグループがあります。
    • 「DG1」は「EP1」に関連付けられています。
    • 「DG2」は「EP2」に関連付けられています。

    登録するユーザーが「DG1」と「DG2」の両方のデリバリーグループに属する場合、Endpoint Managementは、「EP2」の登録プロファイルを使用してこのユーザーの登録の種類を決定します。

  • 展開順は、MDM(デバイス管理)用に構成された登録プロファイルを持つデリバリーグループ内のデバイスにのみ適用されます。

  • デバイス登録後、登録プロファイルに対して次の変更を行った場合は、再登録が必要になります:

    • デバイスを「MDM+MAM」から「MAM」または「MDM」登録にダウングレードするように設定を変更した場合。ダウングレードは、登録プロファイルを更新した場合や、デバイスを別のデリバリーグループに移動した場合に発生することがあります。
    • MDM用に構成された登録プロファイルにMAMを追加した場合。
    • MDMに登録したデバイスを、MDM+MAM用に構成されたデリバリーグループに移動した場合。このような変更は、新しいデバイスの登録にしか影響を与えないため、既存のデバイスの登録が影響を受けることはありません。
    • MAM用に構成された登録プロファイルにMDMを追加した場合。

登録プロファイルの作成

  1. Endpoint Managementコンソールで、[構成]>[登録プロファイル] の順に移動します。

  2. [登録情報] ページで、プロファイルのわかりやすい名前を入力します。デフォルトでは、1人のユーザーは無数のデバイスを登録できます。ユーザーごとのデバイスの数を制限するには、値を選択します。この制限は、ユーザーが登録するMAMまたはMDM管理対象のAndroid、iOS、およびWindowsデバイスの合計数に適用されます。

  3. プラットフォームページの入力を完了します。各プラットフォーム固有の登録設定については、以下を参照してください:

  4. [割り当て] ページで、1つまたは複数のデリバリーグループを登録プロファイルに添付します。

    1人のユーザーが、異なる登録プロファイルを持つ複数のデリバリーグループに属する場合があります。そのような場合には、デリバリーグループの名前によって使用する登録プロファイルが決まります。Endpoint Managementは、デリバリーグループのアルファベット順一覧の最後に表示されるデリバリーグループを選択します。デリバリーグループを作成するには、[構成]>[デリバリーグループ] の順に移動します。

登録プロファイルの一覧を表示するには、[構成]>[登録プロファイル] ページに移動します。Globalプロファイルを編集する場合、またはGlobalプロファイルを元のデフォルトの状態にリセットする場合は、Globalプロファイルの行を選択して [リセット] をクリックします。Globalプロファイルを削除することはできません。

グローバル登録プロファイルの設定をリセット

登録プロファイル