解決された問題

7.18以降、次の問題が修正されました:

1808.1から1808.2で修正された問題

バージョン1808.2には、Studio用のバグ修正プログラムが含まれています。この修正プログラムにより、Delivery Controllerを複数のバッチでアップグレードできるようになりました。1808.1から1808.2へのアップグレード方法について詳しくは、CTX237835を参照してください。[STUD-3339]

Citrix Director

  • ユーザーをマシンに割り当てる時にユーザーを検索しようとすると、失敗することがあります。選択したユーザーはnullとして表示されます。[LC8395]

  • Citrix Directorを使用している場合、Microsoft Internet Explorer 11の[フィルタ]>[マシン]>[すべてのマシン]ページの [マシンの詳細] セクションに、機能しないスクロールバーが表示されることがあります。[LC9505]

  • Citrix DirectorでのログオンパフォーマンスをCSV形式で生成したレポートでは、PSTの代わりにUTCタイムゾーンが使用されることがあります。[LC9854]

  • 管理者によっては、web.configドメインリストに追加された一部のドメインにアクセスできない場合があります。その結果、ユーザーのセッションを検索すると例外が発生し、セッションの詳細は表示されません。[LC9865]

  • 特定のバージョンのCitrix Directorのアラートメール設定ページで、SMPT電子メールアラートを設定しようとすると失敗することがあります。[LC9869]

Citrixポリシー

  • レジストリエントリがレジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Citrixのセッションキーに手動で事前入力されている場合、セッション開始時にキーが更新されないことがあります。[LC9977]

コントローラー

  • カスタムロールを持つ委任管理者がCitrix Studio、PowerShell、またはCitrix Directorを使用しているデスクトップからユーザー割り当てを削除しようとすると、失敗することがあります。この問題は、カスタム管理者が配信グループの操作を実行する権限を持っていても、コンピュータカタログに対するアクセス許可がない場合に発生します。 [LC8174]

  • Citrix StudioでVDAの電源状態が断続的に無効になることがあります。Studioは、VDAが動作しているときでも電源状態がオフであることを示します。[LC8898]

  • プリンシパルブローカーからローカルホストキャッシュ(LHC)データベースに変更をインポートし、Citrix Studioからはユーザーまたはマシンを削除せずにActive Directoryからユーザーまたはマシンを削除します。その結果、エラーが発生し、LHCが更新されません。[LC9054]

  • 接続時間のピーク時に、アプリケーションイベントID 2013のXenAppでデッドロックが発生することがあります。このエラーメッセージが表示されます:Citrix Broker ServiceがHTTP要求を処理している間に予期しない例外が発生しました。[LC9134]

  • XenApp 7.6をXenApp 7.15にアップグレードすると、C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\Licensing配下のDelivery Controller上にあるLicensingフォルダのアクセス許可が上書きされます。[LC9445]

  • Citrix StudioからターゲットVDAに再起動コマンドを送信すると、ターゲットVDAがシャットダウンすることがあります。[LC9479]

  • ESXiホスト上でホスティングされている仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)は電源状態が不明になる可能性があり、自動的に電源が投入されることはありません。この問題は、ESXiホストがメンテナンスモードから外れた後に仮想マシン(VM)がESXiホストに移動した後に発生します。[LC9619]

  • マシンカタログを作成しようとすると、サマリーを作成できないという例外が発生して失敗する場合があります。また、作成カタログウィザードを使用しているとき、例外が表示される前に、ドメインを一覧表示するはずのドロップダウンリストが空になります。[LC9636]

  • 公開コンテンツを配信グループに追加すると、ローカルホストキャッシュ(LHC)がイベントID 505で失敗することがあります。[LC9934]

全般

  • 以前のバージョンでは、Azure Resource Managerのオンデマンドプロビジョニングを使用すると、電源をオフにしたVMはすべて削除されていました。このバージョンでは、プールされた仮想マシンのみが削除されるようになりました。永続的(専用)のVMは、電源がオフのときに削除されません。
  • HDX MonitorまたはDirectorで、マルチストリーム(マルチポートありまたはなし)とセッション画面の保持のUDPトランスポート情報が、誤って非アクティブとして表示されることがあります。これは、セッションがUDPトランスポートでマルチストリームまたはマルチポートを使用している場合に発生する可能性があります。[HDX-13416]

  • Windowsイベントログエラー:「WindowsはMfApHook64.dllファイルのイメージの整合性を検証できません」。詳しくは、CTX226397を参照してください。[HDX-9063]

インストールとアップグレード

  • StoreFrontがインストールメディアから実行可能ファイルを使用してインストールされている場合、以降のバージョンの全製品インストーラーを使用した時に、StoreFrontはアップグレードの対象とされません。この問題を回避するには、インストールメディアから実行可能ファイルを使用してStoreFrontをアップグレードしてください。[XAXDINST-43、DNA-47816]

  • 監視データベースがSQL Server 2008 R2上にある場合、XenAppおよびXenDesktopサイトのバージョン7.18へのアップグレードは失敗します。CTX235820。[DIR-2249]

ライセンス

Linux VDA

Profile Management

Citrix Provisioning

Session Recording

StoreFront

Universal Print Server

クライアント

  • ユニバーサルプリントサーバーにより、印刷スプーラーサービスが応答しなくなることがあります。[LC9341]

  • Citrix Print Managerサービス(cpsvc.exe)と印刷スプーラーサービスが予期せず終了することがあります。[LC9495]

  • 特定のMicrosoft Excelファイルで[Excel]>[印刷]に移動し、CitrixユニバーサルプリンタEMFドライバーを使用してクライアントプリンターを自動作成すると、印刷プレビューイメージの文字が小さく表示されることがあります。[LC9700]

  • Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が予期せず終了することがあります。[LC9796]

VDA for Desktop OS

印刷

  • Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が予期せず終了することがあります。[LC8804]

  • デフォルトのプリンターがセッションで正しく設定されていない可能性があります。この問題は、デフォルトプリンターが他のランダムプリンターに切り替わるときに発生します。[LC8999]

セッション/接続

  • レジストリキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\CtxHookのExcludedImageNamesに複数の実行可能ファイルが 追加されている場合、Citrix Hookを無効にできないことがあります。[LC8614]

  • UDPベースのデータ転送プロトコル(UDT) を使用している場合、Citrix DirectorがマルチストリームICAを非アクティブとして報告することがあります。この問題は、HDX WMIプロバイダがEDTまたはUDTセッションのアカウントに更新されていない場合に発生します。[LC8960]

  • H構成を使用するマルチモニター環境では、マウスの動作が一貫しないことがあります。Microsoft Skype for Businessセッションを開始し、他のユーザーと画面の共有を開始します。Citrixグラフィックドライバーは、オペレーティングシステムから誤ったマウスの位置情報を受け取ります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA

    名前:DisableAppendMouse

    種類:DWORD

    データ: 00000001

    ただし、レジストリキーを設定した後でHDXセッションを使用すると、プログラムによってマウスポインターの位置を設定する特定の機能が意図したとおりに機能しない場合があります。以下は対象の機能です。

    • マウススナップ機能。
    • ユーザー間のマウスの位置をGotoMeetingの画面共有と同期させる機能。
    • ユーザー間のマウスの位置をSkype for Businessの画面共有と同期させる機能。[LC8976]
  • あるセッションでマップされたクライアントドライブにアクセスしようとしている時に、Citrix Workspaceの[セキュリティの警告]ダイアログボックスに応答しない場合、他のユーザーのセッションが応答しなくなることがあります。[LC9070]

  • Citrix Audio Serviceが予期せず終了し、再度再起動することがあります。2番目のエンドポイント(シンクライアント)から同じセッションに再接続すると、新しいデバイスはセッションに正しくマッピングされません。[LC9381]

  • 最初のエンドポイントからユーザーセッションを切断し、2番目のエンドポイント(シンクライアント)から同じセッションを再接続すると、クライアント側のオーディオデバイスがVDA内で誤った順序でリストされることがあります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Audio

    名前:CleanMappingWhenDisconnect

    種類:DWORD

    データ:1 [LC9440]

  • 公開アプリケーションセッションが切断され、ユーザーセッションがVDAから正しくログオフされないことがあります。問題が発生すると、再接続できなくなり、Citrix Studioから切断できなくなる可能性があります。この状況を解決するには、PowerShellコマンドを使用してセッションを非表示に設定するか、VDAを再起動します。[LC9444]

  • クライアントドライブのリダイレクトポリシーを無効にして、ユーザーデバイスからアプリケーションを2回目に起動すると、アプリケーションの起動に時間がかかることがあります。[LC9477]

  • 別のエンドポイントからアクティブな既存のセッションに再接続しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます:

    接続が中断されました。受信者は5分間再接続を続けます。

    この問題は、VDA 7.15がインストールされているMicrosoft Windows 7で発生します。[LC9485]

  • Webベースのアプリケーションは、Microsoft Internet ExplorerまたはMozilla Firefoxブラウザーを使用して開かれます。アプリケーションで特定のタブを開くと、デスクトップ全体が応答しなくなることがあります。[LC9508]

  • サーバー合計インスタンスのパフォーマンスカウンターがICAセッションカウンターに存在しない可能性があります。[LC9537]

  • ファイルが分散ファイルシステム(DFS)ドライブ上にある場合、ローカルアプリケーションアクセスとのファイルタイプの関連付けは、有効になっていても機能しないことがあります。[LC9538]

  • イベントID 31「接続のリスンを開始します」がイベントビューアーに渡されないことがあります。[LC9556]

  • XenAppおよびXenDesktopをバージョン7.6からバージョン7.15のLTSR累積更新プログラム1にアップグレードすると、特定のサービスが予期せず停止または終了したり、ログオン中に断続的に応答しなくなったりすることがあります。[LC9679]

  • XenAppおよびXenDesktopで実行されているVDAをバージョン7.17にアップグレードすると、カスタム仮想チャネルがデバイスおよびアプリケーションの初期化に失敗することがあります。[LC9916]

  • VDAにログオンすると、日本語IME(Input Method Editor)のかな言語入力キーが自動的に有効になることがあります。[LC9932]

システムの例外

  • サーバーでpicadm.sysの致命的な例外が発生し、バグチェックコード0x22(FILE_SYSTEM)によるブルースクリーンが表示されることがあります。[LC7726]

  • サーバーでpicadm.sysの致命的な例外が発生し、バグチェックコード0x000000D1(DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL)によるブルースクリーンが表示されることがあります。[LC8830]

  • VDA for Server OSでwdica.sysの致命的な例外が発生し、ブルースクリーンエラーが発生することがあります。[LC9695]

  • 公開アプリケーションを起動しようとすると、wfshell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。この問題は双方向コンテンツリダイレクトポリシーが有効な場合に発生し、URLは提供されません。[LC9705]

ユーザーエクスペリエンス

  • 画面の解像度を変更してVDA for Desktop OSから公開アプリケーションに再接続すると、アプリケーションウィンドウが切り捨てられることがあります。[LC9947]

VDA for Server OS

印刷

  • Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が予期せず終了することがあります。 [LC8804]

  • デフォルトのプリンターがセッションで正しく設定されていない可能性があります。この問題は、デフォルトプリンターが他のランダムプリンターに切り替わるときに発生します。 [LC8999]

セッション/接続

  • レジストリキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\CtxHookのExcludedImageNamesに複数の実行可能ファイルが 追加されている場合、Citrix Hookを無効にできないことがあります。 [LC8614]

  • H構成を使用するマルチモニター環境では、マウスの動作が一貫しないことがあります。Microsoft Skype for Businessセッションを開始し、他のユーザーと画面の共有を開始します。Citrixグラフィックドライバーは、オペレーティングシステムから誤ったマウスの位置情報を受け取ります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\ICA

    名前:DisableAppendMouse

    種類:DWORD

    データ: 00000001

    ただし、レジストリキーを設定した後でHDXセッションを使用すると、プログラムによってマウスポインターの位置を設定する特定の機能が意図したとおりに機能しない場合があります。以下は対象の機能です。

    • マウススナップ機能。
    • ユーザー間のマウスの位置をGotoMeetingの画面共有と同期させる機能。
    • ユーザー間のマウスの位置をSkype for Businessの画面共有と同期させる機能。 [LC8976]
  • あるセッションでマップされたクライアントドライブにアクセスしようとしている時に、Citrix Workspaceの[セキュリティの警告]ダイアログボックスに応答しない場合、他のユーザーのセッションが応答しなくなることがあります。 [LC9070]

  • Citrix Audio Serviceが予期せず終了し、再度再起動することがあります。2番目のエンドポイント(シンクライアント)から同じセッションに再接続すると、新しいデバイスはセッションに正しくマッピングされません。 [LC9381]

  • 公開アプリケーションセッションが切断され、ユーザーセッションがVDAから正しくログオフされないことがあります。問題が発生すると、再接続できなくなり、Citrix Studioから切断できなくなる可能性があります。この状況を解決するには、PowerShellコマンドを使用してセッションを非表示に設定するか、VDAを再起動します。 [LC9444]

  • Webベースのアプリケーションは、Microsoft Internet ExplorerまたはMozilla Firefoxブラウザを使用して開かれます。アプリケーションで特定のタブを開くと、デスクトップ全体が応答しなくなることがあります。 [LC9508]

  • サーバー合計インスタンスのパフォーマンスカウンターがICAセッションカウンターに存在しない可能性があります。 [LC9537]

  • ファイルが分散ファイルシステム(DFS)ドライブ上にある場合、ローカルアプリケーションアクセスとのファイルタイプの関連付けは、有効になっていても機能しないことがあります。 [LC9538]

  • 複数ドメインまたは複数フォレスト環境では、ローカルグループの可視性が制限されている場合、2番目のアプリケーションを起動できないことがあります。[LC9665]

  • XenAppおよびXenDesktopをバージョン7.6からバージョン7.15のLTSR累積的な更新1にアップグレードすると、特定のサービスが予期せず停止または終了したり、ログオン中に断続的に応答しなくなることがあります。 [LC9679]

  • セッションログオン中にUSBストレージデバイスを接続すると、一般モードでリダイレクトされます。USBデバイスを取り外した後もドライブが存在する可能性があります。[LC9783]

  • XenAppおよびXenDesktopで実行されているVDAをバージョン7.17にアップグレードすると、カスタム仮想チャネルがデバイスおよびアプリケーションの初期化に失敗することがあります。 [LC9916]

  • VDAにログオンすると、日本語IME(Input Method Editor)のかな言語入力キーが自動的に有効になることがあります。 [LC9932]

スマートカード

  • レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Citrix Virtual Desktop Agentのレジストリ値DisableLogonUISuppressionを0に設定します。公開アプリケーションを起動すると、VDAではスマートカードPINの入力が必要になる場合があります。DisableLogonUISuppression値0によりLogonUI PINプロンプトが表示されないため、Citrix Receiver for Windowsに「ローカルセッションマネージャーをお待ちください…」というメッセージが表示され、最終的にタイムアウトします。結果として、PINプロンプトが表示されなくなります。

    この修正を有効にするには、以下のレジストリキーを設定します:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\Citrix Virtual Desktop Agent

    名前:DisableLogonUISuppressionForSmartCardPublishedApps

    種類:DWORD

    データ:1 [LC9059]

システムの例外

  • サーバーでpicadm.sysの致命的な例外が発生し、バグチェックコード0x22(FILE_SYSTEM)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC7726]

  • サーバーでpicadm.sysの致命的な例外が発生し、バグチェックコード0x000000D1(DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC8830]

  • VDA for Server OSでwdica.sysの致命的な例外が発生し、ブルースクリーンエラーが発生することがあります。 [LC9695]

  • 公開アプリケーションを開始しようとすると、wfshell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。この問題は双方向コンテンツリダイレクトポリシーが有効な場合に発生し、URLは提供されません。 [LC9705]

  • アプリケーションを起動すると、wfshell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。この問題は、icaendpoint.dllモジュールに障害がある場合に発生します。[LC9737]

ユーザーインターフェイス

  • 法的通知はユーザーセッションのログオン画面の開始時に表示されます。ローカルアプリケーションアクセスを有効にした状態で、ログオン画面で [OK] をクリックして続行すると、ログオンを続行する前に画面に法的通知が数秒間表示されることがあります。[LC9408]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • UDPベースのデータ転送プロトコル(UDT) を使用している場合、Citrix DirectorがマルチストリームICAを非アクティブとして報告することがあります。この問題は、HDX WMIプロバイダがEDTまたはUDTセッションのアカウントに更新されていない場合に発生します。 [LC8960]

  • 起動されたアプリケーションが、ダブルホップシナリオでCitrix Directorのアクティビティマネージャーに表示されないことがあります。[LC8985]