解決された問題

1811以降、次の問題が解決されています:

Citrix Director

  • ライセンスサーバーが正しく構成されていて、マシンが猶予期間中の場合、DirectorのRDSライセンス正常性ステータスに 「ライセンス使用可能」というメッセージが誤って表示されることがあります。[BRK-2499]

  • NetScaler Management and Analytics System(MAS)とCitrix Directorとの統合が失敗することがあります。この問題は、グループポリシーが組み込みの管理者アカウントを変更するか名前を変更した場合に発生します。Directorはローカルの管理者アカウントを使用してC:\inetpub\wwwroot\Director\bin..\plugin\hdxInsight\data.xmlを暗号化、または暗号化解除するためです。この修正により、コードで変更が行われた時に問題も解決されます。変更後、C:\inetpub\wwwroot\Director\bin..\plugin\hdxInsight\data.xmlの暗号化、または暗号化解除には、Directorがインストールされているマシンのマシンアカウントが使用されます。[LD0231]

Citrixポリシー

  • Citrix Studioでポリシーを作成または変更し、ポリシー変更の詳細を確定しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    ポリシー変更の詳細を判別するときにエラーが発生しました。[LD0596]

Citrix Provisioning

Citrix Readyワークスペースハブ

コントローラー

  • デリバリーグループに少なくとも1つのドレインモードのVDAが含まれている場合、公開アプリケーションを起動する場合にそのデリバリーグループが選択されないことがあります。[LD0194]

  • Citrix Directorのリソース使用率データが正しい順序で並べ替えられない場合があります。この問題は、SQL文が間違った順序で表示される場合に発生します。[LD0388]

  • アプリケーションプロパティでアプリケーションの名前を変更し、Citrix Studioのアプリケーションからデリバリーグループを削除しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます:

    オブジェクトは存在しません。

    この問題は、アプリケーション名を変更した後に、アプリケーションプロパティApplicationNameWithFolderで新しい名前に置き換えることなく、古い名前を使用する場合に発生します。[LD0594]

  • Citrix Studioでポリシーを作成または変更し、ポリシー変更の詳細を確定しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:

    ポリシー変更の詳細を判別するときにエラーが発生しました。 [LD0596]

  • MonitorData.SessionテーブルでセッションのFailureDate列がNullに設定されると、Citrix Directorが誤ったユーザー接続エラーを表示することがあります。その結果、MonitorData.ConnectionFailureLogテーブルでエラーの種類が更新されません。監視データベースから取得された接続エラー値と、サイトデータベースから取得されたGet-BrokerConnectionLogの出力値が一致しません。[LD0726]

  • IDディスクがAmazon Web Services(AWS)のMachine Creation Services(MCS)から削除されることがあります。[LD1043]

  • CreateNewInstanceOnReset設定をfalseからtrueに変更してからマシンをリセットすると、更新されたカタログが元に戻ることがあります。

    この修正により、電源を入れ直しても仮想マシンがリセットされなくなります。設定を変更するオプションはありません。[LD1114]

ライセンス

Linux VDA

Profile Management

StoreFront

ユニバーサルプリントサーバー

クライアント

  • ドキュメントを印刷する前に、公開デスクトップセッションの印刷ダイアログボックスで使用可能なプリンターの一覧からプリンターを選択します。プリンターがドキュメントの印刷を開始するときに、遅延が発生することがあります。[LC9601]

VDA for Desktop OS

HDX MediaStream Windows Mediaリダイレクト

  • HDX MediaStream Windows Mediaリダイレクト設定が無効な場合、Windows Media Playerで特定のビデオファイル形式を開こうとすると、以下のメッセージが表示されることがあります:

    ファイルの再生中にWindows Media Playerに問題が発生しました。

    ただし、一部のビデオファイル形式の場合は、ビデオの縦横比が正しくありません。[LD0279]

HDX RealTime

  • VDAで実行されている公開アプリケーションで、%ProgramFiles% or %ProgramFiles(x86)%などの汎用パスを使用している場合は、セッションを再接続している間に新しい複製アプリケーションウィンドウが開くことがあります。[LC9741]

  • HDX Webカメラにアクセスしようとすると、Citrix HDX RealTime Media Engineが予期せず終了することがあります。[LD0062]

印刷

  • XenAppおよびXenDesktopをバージョン7.9からバージョン7.15にアップグレードすると、ドキュメントを別のプリンタートレイに出力できない場合があります。印刷ダイアログから別のトレイを選択した場合でも、印刷ジョブはデフォルトのトレイにドキュメントを出力します。[LC9247]

セッション/接続

  • 圧縮ファイルの抽出が失敗することがあります。このエラーは、VDAでMicrosoft抽出ユーティリティを使用して、クライアント上のzipファイルをそのクライアント上の同じディレクトリに抽出する際に発生する場合があります。[HDX-17052]

  • 一部のサードパーティ製アプリケーションでは、Shift+F2キーを使用してセッションをウィンドウモードに切り替えてからシームレスモードに戻すまで、シームレスセッションで応答しなくなることがあります。[LC9727]

  • 公開アプリケーションを最大化すると、タスクバーのセクション上部に重なることがあります。[LD0025]

  • ランダムにサーバーからアプリケーションを起動しようとすると失敗することがあります。次のエラーメッセージが表示されます:

    アプリケーションを起動できません。Citrix XenAppサーバーに接続できません。選択したCitrix SSLサーバーは、接続を受け入れていません。

    サーバーがSSLを有効にしたVDAで接続の受け入れを停止すると、この問題が発生します。[LD0239]

  • TWIモジュール(twi3.dll)のスレッドを終了する関数によって、サーバーが応答しなくなる可能性があります。[LD0406]

  • ローカルアプリアクセスが有効な場合、Microsoft Windows 10バージョン1803の公開デスクトップでアプリケーションを開こうとすると、アプリケーションを最小化できません。[LD0411]

  • Citrix HDX HTML5ビデオリダイレクションサービス(CtxHdxWebSocketService)の開始に失敗することがあります。この問題は、必須ポート9001が他のアプリケーションで使用されている場合に発生します。修正を有効にするには、次の手順を実行します:

    • 以下のように、CtxHdxWebSocketServiceの別の使用可能なカスタムポートを構成します:

      HKEY_LOCAL_MACHIN\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\WebSocketService

      名前:Port

      種類:DWORD

      値:XXXX

    • HdxVideo.jsスクリプト(C:\Program Files\Citrix\HTML5 Video Redirection\HdxVideo.js)を編集して、以前のレジストリ設定(hdxMediaStream.websocket = new WebSocket(‘wss://127.0.0.1:XXXX’);)で設定されたカスタムポートに一致するようにします。[LD0441]

  • Internet Explorer、Chrome、またはFirefoxブラウザーでGoogleアカウントメールを開き、新しいメールを作成しようとすると、[キーボードの自動表示] が機能しないことがあります。[LD0470]

  • 一部のアプリケーションは、シームレスモードで正しく機能しないことがあります。[LD0498]

  • scardhook64.dllによって例外X64_CRITICAL_PROCESS_FAULT_INVALID_POINTER_READ_IN_CALLが発生すると、ターゲットデバイスが予期せず再起動することがあります。[LD0504]

  • AutoLogonの値をゼロ(0)以外に設定してCitrix診断ファシリティ(CDF)トレースを実行すると、セッションへの再接続に失敗することがあります。[LD0602]

  • 不要なWMIクエリが毎分1回実行されることがあります。[LD0646]

  • 特定のサードパーティ製アプリケーションを開こうとすると、次のエラーメッセージが断続的に表示されることがあります:

    Citrixサーバーはこのアプリケーションの起動要求を完了できません。[LD0647]

  • 公開アプリケーションのウィンドウの一部が更新されないことがあります。この問題は、バックグラウンドで実行されているCitrix公開アプリケーションのいずれかがフォアグラウンドに表示された場合に発生する可能性があります。[LD0711]

スマートカード

  • VDAをバージョン7.17からバージョン7.18にアップグレードした後、スマートカードが存在しない場合でも、スマートカードへの接続を求めるメッセージが表示されることがあります。[LD0512]

システムの例外

  • ターゲットデバイスをバージョン7.6からバージョン7.15にアップグレードすると、Internet Explorer、Windows Media Player、テーマサービスが予期せず終了することがあります。[LC9872]

  • wfshell.exeプロセスが予期せず終了し、Webカメラのプラグアンドプレイ機能でリダイレクトの問題が発生することがあります。[LD0311]

  • 例外DivideByZeroExceptionによって、VDAでwfshell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。このプロセスには、「wfshellshellが動作を停止しました。」というエラーメッセージが表示されます。[LD0373]

  • VDAでwdica.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x50によるブルースクリーンが表示されることがあります。[LD0410]

  • LIST_ENTRYの破損によってVDAでCtxUVI.sysの致命的な例外が発生し、ブルースクリーンエラーが発生することがあります。[LD0421]

  • 公開されたInternet Explorerのインスタンスで長いURLにアクセスしようとすると、wfshell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。[LD0454]

  • Nullポインターによって、VDAにログオンするとmmvdhost.exeプロセスが予期せず終了することがあります。[LD0474]

  • Internet Explorer(iexplore.exe)プロセスが例外コード0xc00001a5で予期せず終了することがあります。この問題は、障害があるCtxSensVcLibDll.dllモジュールのアンロードで発生します。[LD0485]

ユーザーインターフェイス

  • シームレスなセッションのアプリケーションウィンドウが応答しなくなると、アプリケーションウィンドウのタスクバーアイコンが削除され、再度作成される可能性があります。[LC9807]

  • 公開デスクトップのシステムトレイにあるバッテリー状態アイコンをクリックすると、バッテリー状態がVDAに表示される場合があります。状態が表示されると、wfshell.exeプロセスが予期せずに終了することがあります。[LD0558]

VDA for Server OS

HDX MediaStream Windows Mediaリダイレクト

  • VC-1ライブストリームをリダイレクトするために、HDX MediaStream Windows MediaリダイレクトとWindows Media Playerを使用していますが、ライブストリームがフォールバックして、サーバー側でレンダリングすることがあります。[LD0251]

  • HDX MediaStream Windows Mediaリダイレクト設定が無効な場合、Windows Media Playerで特定のビデオファイル形式を開こうとすると、以下のメッセージが表示されることがあります:

    ファイルの再生中にWindows Media Playerに問題が発生しました。

    ただし、一部のビデオファイル形式の場合は、ビデオの縦横比が正しくありません。 [LD0279]

HDX RealTime

  • VDAで実行されている公開アプリケーションで、%ProgramFiles% or %ProgramFiles(x86)%などの汎用パスを使用している場合は、セッションを再接続している間に新しい複製アプリケーションウィンドウが開くことがあります。 [LC9741]

  • HDX Webカメラにアクセスしようとすると、Citrix HDX RealTime Media Engineが予期せず終了することがあります。 [LD0062]

印刷

  • XenAppおよびXenDesktopをバージョン7.9からバージョン7.15にアップグレードすると、ドキュメントを別のプリンタートレイに出力できない場合があります。印刷ダイアログから別のトレイを選択した場合でも、印刷ジョブはデフォルトのトレイにドキュメントを出力します。 [LC9247]

セッション/接続

  • シームレスウィンドウや固定ウィンドウで、またはRDP初期プログラムで起動された公開アプリケーションからログオフすると、セッションが終了せずにユーザーがログオフしている状態になることがあります。セッションは正常にリセットまたは終了できます。そのためには、手動でリセットするか、ターミナルサービス管理または管理コンソールで残りのユーザープロセスを終了します。[HDX-5704]

  • 一部のサードパーティ製アプリケーションでは、Shift+F2 キーを使用してセッションをウィンドウモードに切り替えてからシームレスモードに戻すまで、シームレスセッションで応答しなくなることがあります。 [LC9727]

  • 公開アプリケーションを最大化すると、タスクバーのセクション上部に重なることがあります。 [LD0025]

  • デリバリーグループで [Secure ICAを有効にする] 設定を有効にした場合、レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Citrix\SecurityにHParaml値が存在しないと、アプリケーションの起動に失敗することがあります。次のエラーメッセージが表示されます:

    アプリケーションを起動できません。ヘルプデスクに連絡して、次のエラー情報を提供してください: Cannot connect to the Citrix XenApp server.protocol Driver error Desktop Viewer. The connection to “VOA Win 7 LTSR” failed with status (Unknown client error).[LD0117]

  • ランダムにサーバーからアプリケーションを起動しようとすると失敗することがあります。次のエラーメッセージが表示されます:

    アプリケーションを起動できません。Citrix XenAppサーバーに接続できません。選択したCitrix SSLサーバーは、接続を受け入れていません。

    サーバーがSSLを有効にしたVDAで接続の受け入れを停止すると、この問題が発生します。 [LD0239]

  • TWIモジュール(twi3.dll)のスレッドを終了する関数によって、サーバーが応答しなくなる可能性があります。 [LD0406]

  • ローカルアプリアクセスが有効な場合、Microsoft Windows 10バージョン1803の公開デスクトップでアプリケーションを開こうとすると、アプリケーションを最小化できません。 [LD0411]

  • Citrix HDX HTML5ビデオリダイレクションサービス(CtxHdxWebSocketService)の開始に失敗することがあります。この問題は、必須ポート9001が他のアプリケーションで使用されている場合に発生します。修正を有効にするには、次の手順を実行します:

    • 以下のように、CtxHdxWebSocketServiceの別の使用可能なカスタムポートを構成します:

      HKEY_LOCAL_MACHIN\SOFTWARE\Wow6432Node\Citrix\WebSocketService

      名前:Port

      種類:DWORD

      値:XXXX

    • HdxVideo.jsスクリプト(C:\Program Files\Citrix\HTML5 Video Redirection\HdxVideo.js)を編集して、以前のレジストリ設定(hdxMediaStream.websocket = new WebSocket(‘wss://127.0.0.1:XXXX’);)で設定されたカスタムポートに一致するようにします。 [LD0441]

  • Internet Explorer、Chrome、またはFirefoxブラウザーでGoogleアカウントメールを開き、新しいメールを作成しようとすると、[キーボードの自動表示] が機能しないことがあります。 [LD0470]

  • 一部のアプリケーションは、シームレスモードで正しく機能しないことがあります。 [LD0498]

  • scardhook64.dllによって例外X64_CRITICAL_PROCESS_FAULT_INVALID_POINTER_READ_IN_CALLが発生すると、ターゲットデバイスが予期せず再起動することがあります。 [LD0504]

  • 不要なWMIクエリが毎分1回実行されることがあります。 [LD0646]

  • 特定のサードパーティ製アプリケーションを開こうとすると、次のエラーメッセージが断続的に表示されることがあります:

    Citrixサーバーはこのアプリケーションの起動要求を完了できません。 [LD0647]

  • エンドポイント上のオーディオデバイスの表示がタイムアウトすることがあります。その結果、セッションのオーディオが機能しなくなります。[LD0663]

  • 公開アプリケーションのウィンドウの一部が更新されないことがあります。この問題は、バックグラウンドで実行されているCitrix公開アプリケーションのいずれかがフォアグラウンドに表示された場合に発生する可能性があります。 [LD0711]

スマートカード

  • VDAをバージョン7.17からバージョン7.18にアップグレードした後、スマートカードが存在しない場合でも、スマートカードへの接続を求めるメッセージが表示されることがあります。 [LD0512]

システムの例外

  • wfshell.exeプロセスが予期せず終了し、Webカメラのプラグアンドプレイ機能でリダイレクトの問題が発生することがあります。 [LD0311]

  • 例外DivideByZeroExceptionによって、VDAでwfshell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。このプロセスには、「wfshellshellが動作を停止しました。」というエラーメッセージが表示されます。 [LD0373]

  • VDAでwdica.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x50によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LD0410]

  • LIST_ENTRYの破損によってVDAでCtxUVI.sysの致命的な例外が発生し、ブルースクリーンエラーが発生することがあります。 [LD0421]

  • 公開されたInternet Explorerのインスタンスで長いURLにアクセスしようとすると、wfshell.exeプロセスが予期せず終了することがあります。 [LD0454]

  • Internet Explorer(iexplore.exe)プロセスが例外コード0xc00001a5で予期せず終了することがあります。この問題は、障害があるCtxSensVcLibDll.dllモジュールのアンロードで発生します。 [LD0485]

ユーザーエクスペリエンス

  • EUEM(End User Experience Monitoring:エンドユーザー状況監視)にログオンする前にセッションを閉じると、セッションの開始時間がゼロに設定されません。この問題は、セッションが自動的に起動され、アイドル状態のままである場合に発生します。セッションがタイムアウトになり、ログオンプロセスが終了する前に閉じます。[LC6026]

ユーザーインターフェイス

  • シームレスなセッションのアプリケーションウィンドウが応答しなくなると、アプリケーションウィンドウのタスクバーアイコンが削除され、再度作成される可能性があります。 [LC9807]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • VDAのCtxAppVPkgCacheからApp-Vパッケージを非公開および削除しようとすると失敗する可能性があります。[LD0473]