解決された問題

1808以降、次の問題が修正されました:

1808.1から1808.2で修正された問題

バージョン1808.2には、Studio用のバグ修正プログラムが含まれています。この修正プログラムにより、Delivery Controllerを複数のバッチでアップグレードできるようになりました。1808.1から1808.2へのアップグレード方法について詳しくは、CTX237835を参照してください。[STUD-3339]

Citrix Director

  • カスタムロールを持つ委任管理者がCitrix Studio、PowerShell、またはCitrix Directorを使用しているデスクトップからユーザー割り当てを削除しようとすると、失敗することがあります。この問題は、カスタム管理者が配信グループの操作を実行する権限を持っていても、コンピュータカタログに対するアクセス許可がない場合に発生します。[LC8174]

  • w3wp.exeプロセスのCPU使用率が、Citrix Directorで非常に高くなる可能性があります。[LC9222]

  • 値ExportCsvDrilldownLimitは、Citrix Directorのカスタムレポートに適用されないことがあります。[LD0004]

  • Citrix DirectorがDelivery Controllerバージョン7.6に接続されている場合、カスタム管理者がVDAバージョン7.15からセッションの詳細を取得できないことがあります。[LD0134]

Citrixポリシー

  • VDA 7.15.2000と共にインストールされているマシンのグループポリシー管理コンソールからグループポリシーの結果ツールを実行すると、次のエラーメッセージが表示されます:レポートの生成中にエラーが発生しました:見つかりません。[LC9825]

  • Citrix Print Manager Service(cpsvc.exe)が予期せず終了することがあります。この問題は、グループポリシーオブジェクト(GPO)に接続されている印刷レジストリキーに残留エントリがある場合に発生します。[LC9921]

  • グループポリシーエンジンが、ApplicationStartDetailsレジストリキーへのすべての値の挿入に失敗することがあります。その結果、App-Vアプリケーションを起動しようとしても失敗する場合があります。[LC9942]

  • グループポリシーをバックアップし、グループポリシー管理コンソール(GPMC; gpmc.msc)バージョン3.1.2でグループポリシーをインポートしようとすると、GPMCが応答しなくなることがあります。ただし、ポリシーはインポートされます。[LD0173]

  • グループポリシー管理コンソール(GPMC; gpmc.msc)を使用してCitrixポリシー設定を含むグループポリシーオブジェクト(GPO)をコピーしようとすると、失敗し、GpmcInterop.dllを指すことがあります。Microsoft管理コンソール(MMC)は予期せず終了します。[LD0322]

Citrix Provisioning

Citrix Studio

  • Citrix Studioに [開始] オプションが表示されません。その結果、Remote PCの電源がオンになりません。[LC9702]

  • 多くのアプリケーショングループが使用されている大規模な環境では、Studioの[アプリケーション]タブをクリックすると、Get-BrokerApplicationGroup出力のフェッチ中にセッションがタイムアウトします。その結果、次の例外が表示されます:

    データベースに接続できませんでした。

    例外をスローする前に、Studioは応答しなくなり、アプリケーショングループを列挙します。[LD0012]

  • [ポリシーの割り当て]ウィンドウで[参照]をクリックして、Citrix StudioでCitrixポリシーを組織単位(OU)に適用しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります:不明なエラーが発生しました。

    次の例外が表示されます:

    コレクションが変更されました。列挙操作が実行されないことがあります。[STUD-3847、LD0044]

  • 専用デスクトップセッションを開始すると、ログオンに失敗し、ログオフプロセスが停止することがあります。Citrix Studioではセッションは接続済みと表示されますが、手動でマシンを再起動するまでログオフすることはできません。[LD0199]

  • Citrix Studioホスティング接続では、HTTPS接続がサポートされていない場合でも、HTTPSをXenServerホスティング接続用に使用するよう警告するメッセージが表示されることがあります。[LD0210]

コントローラー

  • デリバリーグループ用に構成されているマルチタイプのライセンスシナリオで、デリバリーグループ用に構成されていない不正なライセンスの種類がチェックアウトされることがあります。[LC9086]

  • Citrix High Availability Service(HighAvailabilityService.exe)のメモリ使用量が2GBを超える場合があります。[LC9446]

  • デフォルトでは、Machine Creation Services(MCS)でプロビジョニングされたマシンのAmazon Web Services(AWS)IDは非永続的です。この状況により、AWSで仮想マシンの電源管理アクションが失敗することがあります。

    AWS IDの永続性を設定するには、次のいずれかのオプションを使用します:

    • AWS IDの永続化を有効にするには、[詳細設定]ページで、ホスト接続の [接続] オプションフィールドを「CreateNewInstanceOnReset=false」に設定します。
    • AWS IDの永続性を無効にするには、[詳細設定]ページで、ホスト接続の [接続] オプションフィールドを「CreateNewInstanceOnReset=true」に設定するか、このオプションを削除します。

    変更が有効になるまで10秒お待ちください。[LC9960]

  • New-BrokerApplicationコマンドと-AdminFolderパラメーターを使用してアプリケーションを作成しようとすると、特定のシナリオで指定されたフォルダーが作成されない場合があります。[LC9982]

  • 特殊文字を含むデリバリーグループ名を使用してローカルホストキャッシュを再作成しようとすると、イベントID 505で失敗することがあります。[LD0068]

  • 複数のDelivery Controller環境で単一のDelivery Controllerをアップグレードすると、サイトのテストレポートにデータベースバージョンの不一致が含まれることがあります。[LD0073]

  • XenApp and XenDesktopバージョン7.18でマシンカタログを作成しようとすると、失敗することがあります。このエラーは、ログセキュリティで、データベースが使用できないときにサイト構成が変更されないように構成されている場合に発生することがあります。 [LD0133]

  • PowerShellコマンド get-brokericon -filename を-servernameパラメーターを指定して実行すると、エラーメッセージが返されます。[LD0324]

  • Citrix Virtual Appsの公開アプリケーションが断続的に列挙されないことがあります。その結果、 セッションが開始された後またはアプリケーションの起動に失敗した後に、空白の画面が表示されます。SQLサーバーでCPU使用率が高くなったり、SQLモニターでブロックされたプロセスや高価なプロセスが表示されることがあります。[LD0336]

  • vCenter Serverを手動で再起動すると、VMwareハイパーバイザー上にある電源管理された仮想マシンのステータスが不明になることがあります。ホスト接続が有効でないために、ステータスが「不明」になります。vCenter Serverの再起動が完了した後、仮想マシンの電源状態は自動的に復元されず「不明」のままとなります。[LD0355]

HDX RealTime Optimization Pack

ライセンス

Linux VDA

Profile Management

StoreFront

Universal Print Server

クライアント

  • 印刷スプーラーサービスが異常終了することがあります。この問題は、CRawStreamHeaderWriter::EndPageCRawStreamHeaderWriter::StartPage がヌルオブジェクトにアクセスしようとしたときに発生します。[LC7893]

  • VDAのインストール後、プリンタープロパティのプリンターポートが、マップされたネットワークプリンターに表示されなくなることがあります。[LD0166]

サーバー

  • CPTStream::ThisStream のアクセス違反により、印刷スプーラーサービスが応答しなくなることがあります。[LC8856]

  • Citrixユニバーサルプリンタードライバー(UPD)の、ホチキス留めや給紙方法などの詳細なプリンター機能のメニューが、空白で表示されることがあります。[LC9711]

VDA for Desktop OS

セッション/接続

  • 公開アプリケーションが、起動直後に断続的に終了することがあります。この問題は、アクティブなプロセスに関する情報を取得する際に予期しないエラーが発生した結果として発生します。[LC9167、LC9661]

  • VDAバージョン7.15.1000を使用している場合、twi3.dllから異常な数のCPU命令が発生し、Winlogon.exeプロセスを通過することがあります。[LC9450]

  • XenApp and XenDesktop 7.15 LTSR累積更新プログラム2をインストールすると、VDAが応答しなくなることがあります。[LC9701]

  • MicrosoftレジストリHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Ciphersで特定の暗号を無効にすると、TLSが有効にならない場合があります。[LC9743]

  • リモートPCアクセスセッションを使用してWindowsワークステーションにアクセスし、セッションから切断すると、ワークステーションがロックされないことがあります。したがって、当該のワークステーションには、そのワークステーションに物理的に到達できるすべての人がアクセスできます。[LC9812]

  • HTML5ビデオリダイレクションが、HTML5ビデオリダイレクションをサポートしていないセッションでアクティブ化されることがあります。[LC9935]

  • ユーザーデバイスからクレジットカードのトランザクションを処理すると、アプリケーションとユーザーデバイスが応答しなくなったり、データのサブセットのみが受信されることがあります。[LD0152]

  • 匿名ユーザーがCitrixデリバリーグループのメンバーにアクセスすると、Common Gateway Protocol(CGP)がタイムアウトした後、「接続が復元されました」というメッセージと共に不正なログオンインターフェイスが表示されます。正しいメッセージは「再接続できませんでした」です。[LD0363]

  • この修正プログラムは、「クライアントドライブに自動接続する」ポリシーが無効になっている場合に起きるメモリリークの問題を解決します。[LD0370]

  • Citrix Receiver for Windowsバージョン4.6以降を使用すると、マルチキャストがビデオを表示しない場合があります。オーディオは再生されます。[HDX-10055]

システムの例外

  • Microsoft Windows Server 2008 R2で重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPT ION_NOT_HANDLED (0x1000007E) によるブルースクリーンが表示されることがあります。[LC9849]

  • VDAでpicavc.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (7e) によるブルースクリーンが表示されることがあります。[LD0006]

  • VDAでwdica.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x3b (SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION)によるブルースクリーンが表示されることがあります。[LD0089]

  • VDAでpicadm.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x22によるブルースクリーンが表示されることがあります。[LD0119]

  • Surface Pro 3または4に7.16 VDAをインストールするときに、停止エラー(ブルースクリーン)が断続的に表示されます。インストール中に、Intelドライバーigdkmd64が応答を停止します。これは、Intel GPU:Intel 5000 HDおよびIntel Iris 530に影響を与えるサードパーティの問題です。[HDX-12662]

ユーザーエクスペリエンス

  • 公開アプリケーションのサイズを変更し、そのアプリケーションをあるモニターから別のモニターに移動しようとすると、アプリケーションの周りに白い罫線が表示されることがあります。[ LC9570 ]

  • Microsoft Windowsバージョン 10クライアントで、DPIスケーリングが100に設定されたクライアントの高解像度モニターのスケーリングが大きくなる場合があります。[LD0131]

  • アイテムの上にマウスポインターを置くと、ツールチップのポップアップが消え、アプリケーションがフォーカスを失うことがあります。[LD0365]

ユーザーインターフェイス

  • 切断されたセッションに再接続しようとしているときに、VM Hosted Appを起動すると、最後にクリックされたアプリケーション以外の、そのセッションに存在するすべてのアプリケーションが表示されます。[LD0189]

VDA for Server OS

セッション/接続

  • 公開アプリケーションが、起動直後に断続的に終了することがあります。この問題は、アクティブなプロセスに関する情報を取得する際に予期しないエラーが発生した結果として発生します。 [LC9167、LC9661]

  • VDAバージョン7.15.1000を使用している場合、twi3.dllから異常な数のCPU命令が発生し、Winlogon.exeプロセスを通過することがあります。 [LC9450]

  • XenApp and XenDesktop 7.15 LTSR累積更新プログラム2をインストールすると、VDAが応答しなくなることがあります。 [LC9701]

  • MicrosoftレジストリHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\SCHANNEL\Ciphersで特定の暗号を無効にすると、TLSが有効にならない場合があります。 [LC9743]

  • HTML5ビデオリダイレクションが、HTML5ビデオリダイレクションをサポートしていないセッションでアクティブ化されることがあります。 [LC9935]

  • wfshell.exeプロセスが、予期せずに終了する場合があります。その結果、公開アプリケーションの起動は失敗します。[LD0102]

  • ユーザーデバイスからクレジットカードのトランザクションを処理すると、アプリケーションとユーザーデバイスが応答しなくなったり、データのサブセットのみが受信されることがあります。 [LD0152]

  • 匿名ユーザーがCitrixデリバリーグループのメンバーにアクセスすると、Common Gateway Protocol(CGP)がタイムアウトした後、「接続が復元されました」というメッセージと共に不正なログオンインターフェイスが表示されます。正しいメッセージは「再接続できませんでした」です。 [LD0363]

  • この修正プログラムは、「クライアントドライブに自動接続する」ポリシーが無効になっている場合に起きるメモリリークの問題を解決します。 [LD0370]

  • VDAをバージョン7.15の累積更新プログラム2にアップグレードするか、バージョン7.15の累積更新プログラム1から累積更新プログラム2にアップグレードすると、レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix配下の構成された値AnonymousUserIdleTimeMaxAnonymousUsersが削除される可能性があります。[ LD0378 ]

  • Citrix Receiver for Windowsバージョン4.6以降を使用すると、マルチキャストがビデオを表示しない場合があります。オーディオは再生されます。 [HDX-10055]

システムの例外

  • Microsoft Windows Server 2008 R2で重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (0x1000007E) によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LC9849]

  • picavc.sysでVDAに重大な例外が発生し、バグチェックコード SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED (7e) によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LD0006]

  • VDAでwdica.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x3b (SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION)によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LD0089]

  • VDAでpicadm.sysの重大な例外が発生し、バグチェックコード0x22によるブルースクリーンが表示されることがあります。 [LD0119]

  • Surface Pro 3または4に7.16 VDAをインストールするときに、停止エラー(ブルースクリーン)が断続的に表示されます。インストール中に、Intelドライバーigdkmd64が応答を停止します。これは、Intel GPU:Intel 5000 HDおよびIntel Iris 530に影響を与えるサードパーティの問題です。[HDX-12662]

ユーザーエクスペリエンス

  • 公開アプリケーションのサイズを変更し、そのアプリケーションをあるモニターから別のモニターに移動しようとすると、アプリケーションの周りに白い罫線が表示されることがあります。 [ LC9570 ]

  • アイテムの上にマウスポインターを置くと、ツールチップのポップアップが消え、アプリケーションがフォーカスを失うことがあります。 [LD0365]

ユーザーインターフェイス

  • 公開アプリケーションを起動しようとすると、Citrix Receiver for Windowsの画面が右下に表示されることがあります。[LC9817]

  • 切断されたセッションに再接続しようとしているときに、VM Hosted Appを起動すると、最後にクリックされたアプリケーション以外の、そのセッションに存在するすべてのアプリケーションが表示されます。 [LD0189]

仮想デスクトップコンポーネント - その他

  • Machine Creation Servicesのストレージ最適化(MCSIO)でキャッシュオーバーフローが発生すると、XenServer仮想マシンのパフォーマンスが低下する可能性があります。[LC9351]

  • 同じセッションで同じApp-Vアプリケーションの複数のインスタンスを実行しようとすると、失敗する可能性があります。この問題は、実行中のプロセスがマニフェストファイルで定義されているプロセスと異なる場合に発生します。[LC9652]

  • アプリケーション名が英語以外の言語の場合、App-Vパッケージから不正なアプリケーションが起動することがあります。[LD0222]

Citrix Readyワークスペースハブ

バージョン1812では、次の問題が解決されています:

  • Stratodeskイメージでwshcollect.shファイルを実行したときに、データが正しく表示されません。[WH-1619]

  • マウスやキーボードで操作すると、初回起動画面が応答しなくなったり繰り返して表示されるなどの画面の異常が生じることがあります。[WH-1662、WH-1609、WH-1608]

  • 新しいRaspbian Stretch OSで初回起動画面を閉じても、controlserviceプロセスの実行が止まりません。このため、ワークスペースハブの起動に失敗します。[WH-1586]

  • Raspbian Stretch OSへのアップグレード後に、Androidデバイスでセッションキャスティングを停止できないことがあります。[WH-1547]

  • VDAセッションでのLinux向けCitrix Workspaceアプリの使用時に、Outlookの予定に、ワークスペースハブの時刻よりも1時間早い時刻が表示されます。[WH-1511]

  • Windowsデバイスで画面キャスティングの拡張モードを終了すると、マウスが画面の中央まで急速に移動することがあります。[WH-1402]

  • Microsoft Windows 10セッションのデスクトップで、不要な黒線が表示されます。[WH-860]