Citrix Virtual Apps and Desktops

解決された問題

Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2112以降、次の問題が解決されています

Citrix Provisioning

Citrix Provisioning 2203のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Linux VDA

Linux VDA 2203のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Profile Management

Profile Management 2203のドキュメントには、このリリースの更新に関する特定の情報が記載されています。

Session Recording

Session Recording 2203のドキュメントには、修正された問題は含まれていません。

シングルセッションOS対応VDA

キーボード

  • バージョン1912 LTSR CU3を実行しているVDAに接続されているAndroidデバイスで、テキスト入力フィールドをアクティブにすると、スクリーンキーボードが自動的に表示されない場合があります。[CVADHELP-18613]

  • ユーザーセッションを起動すると、汎用クライアント入力システム(IME)が自動的に設定されない場合があります。その結果、キーボードはエンドポイントと自動的に同期しません。[CVADHELP-18776]

  • この修正により、HTML5、Mac、およびLinuxクライアント用のCitrix Workspaceアプリでのロシア語キーボードでのマッピングの問題が解決されます。[CVADHELP-19012]

印刷

  • 公開デスクトップでクライアントプリンターのリダイレクトが有効になっている場合、一部のクライアントプリンター設定がVDAのプリンター設定と同期しない場合があります。[CVADHELP-17577]

  • セッションプリンターがセッションの再接続中に消えて、リモートデスクトップ(RDP)からVDAにアクセスできなくなることがあります。[CVADHELP-19062]

セッション/接続

  • セッションを終了すると、サーバーが応答しなくなることがあります。この問題は、汎用USBリダイレクトを使用すると発生します。[CVADHELP-18204]

  • ローカルIMEが有効になった公開されているMicrosoft Outlookアプリで実行される次の手順により、メールウィンドウにランダムな文字列が入力される可能性があります。

    • メールウィンドウを開きます。
    • Escキーを押して [変更を保存しますか?] ダイアログを表示し、ランダムなテキストを入力します。
    • Escキーを押してダイアログを閉じます。

[CVADHELP-18379]

  • Citrix IMEが有効になっていると、特定のサードパーティアプリケーションが応答せず、ユーザーセッションでのアプリケーションの起動が失敗する場合があります。この問題は、CtxImeモジュールに障害がある場合に発生します。[CVADHELP-18511]

システムの例外

  • VDAで重大な例外が発生し、バグチェックコード0x0000010D(WDF_VIOLATION)によるブルースクリーンが表示されることがあります。[CVADHELP-16773]

  • VDAをバージョン2009以降にアップグレードすると、Kernelbaseクラッシュエラー(KERNELBASE.dll)がイベントログに表示される場合があります。この問題は、Google ChromeおよびMicrosoft Edgeブラウザーで発生します。[CVADHELP-18928]

ユーザーインターフェイス

  • マルチモニター環境では、メインモニターを縦向きに設定すると、SAS通知が90度回転して表示される場合があります。[CVADHELP-17779]

ユーザーエクスペリエンス

  • ユーザーデバイスでプライマリボタンがに設定されている左利き用マウスとVDAが、正常に機能しない場合があります。[CVADHELP-17908]

マルチセッションOS対応VDA

キーボード

  • バージョン1912 LTSR CU3を実行しているVDAに接続されているAndroidデバイスで、テキスト入力フィールドをアクティブにすると、スクリーンキーボードが自動的に表示されない場合があります。[CVADHELP-18613]

印刷

  • 公開デスクトップでクライアントプリンターのリダイレクトが有効になっている場合、一部のクライアントプリンター設定がVDAのプリンター設定と同期しない場合があります。[CVADHELP-17577]

  • セッションプリンターがセッションの再接続中に消えて、リモートデスクトップ(RDP)からVDAにアクセスできなくなることがあります。[CVADHELP-19062]

セッション/接続

  • HideStatusMessagesの値を「1」に設定してスタートバーを非表示にすると、レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System\が正常に動作しなくなる可能性があります。[CVADHELP-17138]

  • 特定のサードパーティアプリケーションが、シームレスセッションで応答しなくなる可能性があります。[CVADHELP-17309]

  • セッションを終了すると、サーバーが応答しなくなることがあります。この問題は、汎用USBリダイレクトを使用すると発生します。[CVADHELP-18204]

  • Citrix IMEが有効になっていると、特定のサードパーティアプリケーションが応答せず、ユーザーセッションでのアプリケーションの起動が失敗する場合があります。この問題は、CtxImeモジュールに障害がある場合に発生します。[CVADHELP-18511]

  • ライセンスサーバーでライセンスが使い果たされ、追加猶予期間機能が無効になっている場合、アクセス拒否のエラーメッセージでフリーズした黒い画面が表示されることがあります。[CVADHELP-18712]

  • トランスポートプロトコルとしてEDTを使用すると、ネットワークが不安定になるため、ユーザーデバイスがVDAから切断される可能性があります。ネットワークが復旧した場合、VDAへの再接続に時間がかかります。[CVADHELP-18777]

  • Citrix仮想セッションを終了すると、以下の1つまたは複数の問題が発生することがあります:

    • VDAは、終了したセッションとlogonui.exeプロセスを引き続き一覧に表示します。loginui.exeプロセスは強制的に終了することができます。
    • Citrix Studioで、セッションのユーザー名が空白で表示されます。
    • 以降のセッションを開始できない場合があります。

    [CVADHELP-19182, CVADHELP-19249]

システムの例外

  • 公開アプリケーションとしてリモートデスクトップ接続(mstsc.exe)を起動すると、CredentialUIBroker.exeプロセスが予期せず終了する場合があります。[CVADHELP-18694]

  • Citrix Stack Control Service(SCService64.exe)が予期せず終了する場合があります。[CVADHELP-18707]

  • VDAをバージョン2009以降にアップグレードすると、Kernelbaseクラッシュエラー(KERNELBASE.dll)がイベントログに表示される場合があります。この問題は、Google ChromeおよびMicrosoft Edgeブラウザーで発生します。[CVADHELP-18928]

解決された問題