Product Documentation

デバイスの画面共有

2018年5月22日

XenMobile Serviceコンソールからリモートデバイスの画面を表示できます。画面共有は、MDM管理のiOSデバイスでサポートされています。画面共有を有効にするためには、リモートデバイス上でAetherPal Mobile Support Managementアプリ(AetherPal Mobile Support)を実行します。リモートデバイス画面は読み取り専用モードで表示できます。

この機能を使用すると、報告された問題をリアルタイムで表示できるため、効率的に診断して問題を解決することができます。

リモートデバイス上の前提条件:

  • MDM管理のiOSデバイス
  • AetherPalのアクティベーションサイトでアクティベーションリクエストを申請してください。または、citrixsales@aetherpal.comにメールを送信してください。
  • リモートデバイスは次に送信接続できる必要があります。
  • リモートデバイスはiOSバージョン11以降を実行する必要があります。iOSバージョン9.3〜11を実行しているデバイスでは、画面のライブストリーミングはサポートされていません。ただし、ユーザーは静的スクリーンショットを共有できます。

画面共有を設定するには、まず、AetherPal Mobile Supportアプリと対応する設定ポリシーを定義し、アプリとポリシーをユーザーデバイスにプッシュします。

  1. AetherPal Mobile Supportアプリを追加します。パブリックアプリケーションストアのアプリケーションの追加」で説明されている手順に従います。[アプリケーション情報] ページの [プラットフォーム][iOS] を選択し、それ以外をクリアします。
  2. AetherPal Mobile Supportアプリ用のApp Configurationデバイスポリシーを追加します。アプリケーション構成デバイスポリシー」で説明されている手順に従います。

    • [アプリ構成ポリシー] ページの [プラットフォーム][iOS] を選択し、それ以外をクリアします。
    • [識別子] ドロップダウンリストで、定義したアプリを選択します。
    • [ディクショナリの内容] に、お客様のアクティベーションでAetherPalから提供された内容を入力します。
  3. デリバリーグループに展開します。AetherPal Mobile Supportアプリを必須アプリとして展開します。また、[アプリ構成]デバイスポリシーも展開します。「リソースの展開」の手順に従います。

    デバイスがXenMobile Serviceに接続している時、リモートデバイスでAetherPal Mobile Supportアプリを使用できるようになりました。

    • ユーザーにアプリを承諾し、インストールを許可するように指示します。
    • ユーザーにアプリを起動するよう指示します。[アプリ構成]ポリシーで入力したプロビジョニング情報が読み込まれ、デバイスがAetherPalサーバーに登録されます。
    • リモートデバイス上のAetherPal Mobile Supportアプリからスクリーン共有を開始するようユーザーに指示します。詳しくは、AetherPalの『Citrix-Remote Management Guide』をダウンロードして参照してください。
  4. 画面共有を開始します。XenMobile Serviceコンソールで [モニター] タブに移動してユーザーを検索し、トラブルシューティングするデバイスを選択します。[デバイス詳細] ページで、[画面共有] をクリックします。このボタンは、デバイスがMDMで管理され、AetherPalサーバーに登録されている場合にのみ有効です。

    モニター構成画面の画像

  5. ブラウザーで新しいタブが開きます。リモートデバイスへの接続の状態が表示されます。

    モニター構成画面の画像

  6. 接続が確立されると、リモートデバイスの画面をWebブラウザーで確認できるようになります。

    デバイス上での画面共有の画像

デバイスの画面共有

In this article