アプリアクセスデバイスポリシー

Endpoint Managementのアプリアクセスデバイスポリシーでは、デバイスへのインストールが必須のアプリ、デバイスにインストール可能なアプリ、デバイスへのインストールが禁止されるアプリの一覧を定義できます。次に、そのアプリ一覧に準拠しているデバイスに対して行う自動化された操作を作成できます。

アクセスポリシーは一度に1種類のみ構成できます。必須アプリ、推奨アプリ、禁止アプリのいずれかの一覧のポリシーを追加できますが、同じアプリアクセスポリシー内に混在させることはできません。一覧の種類ごとにポリシーを作成する場合、Endpoint Managementでどのポリシーがどのアプリ一覧に適用されるかがわかるようにするため、各ポリシーの名前付けに注意することをお勧めします。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

iOSおよびAndroidの設定

  • アクセスポリシー: [必須][推奨][禁止] のいずれかをクリックします。デフォルトは [必須] です。
  • 1つまたは複数のアプリを一覧に追加するには、[追加]をクリックして以下の操作を行います:
    • アプリ名: アプリ名を入力します。
    • アプリ識別子: 任意で、アプリ識別子を入力します。
    • [保存] または [キャンセル] をクリックします。
    • 追加するアプリごとに上記の手順を繰り返します。

アプリアクセスデバイスポリシー