Endpoint Managementアナライザー

Endpoint Managementアナライザーは、Citrix Endpoint Managementの認証および登録設定のチェックを行うことができる、クラウドベースのツールです。

Endpoint Managementサーバーをポイントするようにこのツールを構成するとともに、サーバーの展開の種類、モバイルプラットフォーム、認証の種類、ユーザーの資格情報などの情報の入力を行います。設定が完了するとツールはサーバーに接続し、構成の問題をチェックするために環境をスキャンします。Endpoint Managementアナライザーで問題が検出されると、ツールにより問題を修正するための推奨事項が示されます。

主な機能

  • 安全なクラウドベースのマイクロサービスによりEndpoint Management関連の問題のトラブルシューティングを行うことができます。
  • Endpoint Managementの構成の問題を解決するための推奨事項を提示します。
  • サポートへの問い合わせ件数を低減しEndpoint Management環境のトラブルシューティングを迅速化します。
  • Endpoint Managementリリースに対してゼロデイサポートを提供します。
  • ヘルスチェックのスケジュールを毎日または週ごとで設定できます。
  • Citrix ADC構成のチェックを行います。Citrix ADC構成レポートに、推奨事項の数を示すバッジ通知が表示されます。
  • Secure Mail Autodiscoveryサービスのチェックを行います。

前提条件

製品 サポートされるバージョン
Citrix ADC 10.5以降
クライアント登録シミュレーション iOSまたはAndroid

Endpoint Managementアナライザーへのアクセス

以下のいずれかの方法を使用してEndpoint Managementアナライザーにアクセスします:

  • Endpoint Managementコンソールの右上にあるレンチアイコンをクリックして、[トラブルシューティングとサポート] ページを開きます。
  • My Citrix資格情報を使用してhttps://xmanalyzer.xm.citrix.com/からツールへアクセスします。[Endpoint Management Analyzer Checks]ページで、[Endpoint Management Environment] をクリックします。

    Endpoint Managementアナライザーチェックツール

Endpoint Managementアナライザーには、次のオプションがあります:

  • 環境チェック: このオプションでは、設定をチェックするテストを設定します。デバイス、ユーザー登録、および認証に関する問題についての推奨事項と解決策が示されます。
  • Gateway構成のチェック: このオプションでは、Citrix ADC構成でEndpoint Managementの展開の準備が整っているかどうかのチェックを行います。
  • サーバー接続: このオプションでは、サーバーの接続性をテストする方法が示されます。
  • Citrix Insight Services: このオプションを選択すると、Citrix Insight Servicesが開き、環境チェックで見逃された可能性のある問題が検出されます。
  • Citrixサポートへの問い合わせ: 依然として問題が発生する場合にシトリックスサポートケースを登録できます。

以下のセクションで、これらのオプションについてより詳しく説明します。

環境チェックの実行

  1. Endpoint Managementアナライザーにログオンして、[Endpoint Management Environment] をクリックします。

  2. [Add Test Environment] をクリックします。

  3. 新しい [Add Test Environment] ダイアログボックスで、以下の操作を行います。

    Endpoint Managementアナライザーの構成とチェック

    1. 今後テストを特定できるように、テストの一意の名前を入力します。

    2. [FQDN, UPN login, Email or URL Invitation URL] に、サーバーへのアクセスに使用する情報を入力します。

    3. カスタムインスタンスを使用している場合は、[Instance Name] にその値を入力します。

    4. [Choose Platform] で、テスト用のプラットフォームとしてiOSまたはAndroidを選択します。

    5. [Advanced Deployment Options] を展開すると、[Deployment Mode] 一覧で、使用する展開モードを選択できます。使用できるオプションは、次のとおりです:

    • エンタープライズ(MDM+MAM)
    • アプリ管理(MAM)
  4. [続行] をクリックします。

  5. [Test Options] タブで次のテストを1つまたは複数選択して、[Continue] をクリックします。

    [Test Options]タブ

    • Secure Web Connectivity。イントラネットのURLを指定します。ツールにより、入力したURLへの到達可能性がテストされます。このテストでは、イントラネットのURLへの接続時にSecure Webで生じる可能性のある、接続に関する問題が検出されます。

    • Secure Mail ADS。ユーザーの電子メールIDを指定します。Endpoint Managementアナライザーは、このIDを使用して、環境内のExchange ServerのAutodiscoveryをテストします。

    • ShareFile SSO。Endpoint Managementアナライザーは、ShareFileのDNS解決が正常に行われるかどうかをテストします。また、指定したユーザー資格情報でShareFileのシングルサインオン(SSO)を実行できるかどうかもチェックされます。

  6. [User Credentials] タブに、サーバーの設定に応じて、ユーザー名ユーザー名およびパスワード、またはユーザー名、パスワード、および登録PINなどの、異なるSecure Hubのユーザーの資格情報フィールドが表示されます。

  7. [Save & Run] をクリックしてテストを開始します。

    進行状況が表示されます。この進行状況を示すダイアログボックスは開いたままにしても、閉じても構いません。どちらの場合でもテストは続行されます。

    問題なく完了したテストは緑色で表示されます。失敗したテストは赤色で表示されます。

    問題のあるテスト

  8. [View Report] アイコンをクリックすると、テストの結果が表示されます。

    • 同じテストをもう一度実行するには、[Run Again] をクリックします。
    • レポートをダウンロードするには、[Download Report] をクリックします。
    • 別のEndpoint Managementアナライザーのオプションを選択する場合は、[Go To Endpoint Managementアナライザー Checks] をクリックします。
    • [Environment Lists] ページのテストの一覧に戻るには、ページの左上にある [Environment Check] をクリックします。
  9. [Environment List] ページで、テストをコピーし、編集できます。このためには、テストを選択して [More] をクリックし、[Duplicate and Edit] を選択します。

    選択したテストのコピーが作成され、[Add Test Environment] ダイアログボックスが開いて新しいテストを変更できるようになります。

環境チェックのスケジュールの追加

テストは、スケジュールに基づいて自動で実行し、構成した一覧のユーザーに結果を送信するように構成できます。

  1. スケジュールを追加するには、以下のいずれかを実行します:

    1. [Environment List] ページでスケジュールを設定する環境を選択し、[Add Schedule] をクリックします。
    2. テスト結果で、[スケジュールの追加] をクリックします。

    スケジュール追加のリンクがあるレポート

  2. [Add Schedule] ウィンドウに、スケジュールに基づいてテストを実行するためにEndpoint Managementアナライザーに資格情報が保存されることを警告するメッセージが表示されます。スケジュールによるテストの実行には、アクセスが制限されたアカウントを使用することをお勧めします。[I Agree] をクリックして続行します。

  3. テストを実行するユーザー名パスワードを入力します。

  4. テストを実行するスケジュールを構成します。

    1. [Daily] または [Weekly] を選択します。

    2. テストを実行する時刻とタイムゾーンを選択します。

    3. カレンダーを使用して、スケジュールしたテストの実行を停止する日付を選択します。テストを無期限に実行する場合は空白のままにします。

    4. レポートを送信するメールアドレスの一覧を、コンマで区切って入力します。

    5. [保存] をクリックします。

  5. テストの左側に、スケジュールが構成されていることを示す時計アイコンが表示されます。テストの実行タイミングを変更するには、テストを選択して [Edit Schedule] をクリックします。

    スケジュール編集画面

    • テストの実行タイミングを変更できます。
    • 最上部にあるスイッチをクリックしてONからOFFに切り替え、テストを無効にすることができます。

Citrix ADCチェックの実行

  1. Citrix Endpoint Analyzerにログオンし、[Gateway Configuration] をクリックします。[Gateway Configuration Check] ページが表示されます。

    Analyzerの構成とチェック

  2. Citrix Gatewayインスタンスの最新のns.confファイルをアップロードします。アップロードは、ns.confファイルをアップロードボックスにドラッグするか、[Browse] をクリックしてファイルを追加することにより行います。最新のns.confファイルのダウンロード方法について詳しくは、Support Knowledge Centerを参照してください。

    注:

    Endpoint Managementアナライザーにns.confファイルは保存されません。チェックが完了すると、レポートを表示およびダウンロードできるようになります。

  3. [Run Check] をクリックします。

    Endpoint Managementアナライザーによって2種類の構成チェックが実行されます。

    • 必須チェックでは、Endpoint Managementを正常に展開するために不可欠なコンポーネントを確認します。
    • 詳細チェックでは、必須ではないもののEndpoint Managementの展開を補助するコンポーネントを確認します。

    チェックが完了すると、次の画面が表示されます:

    Citrix ADCレポートの確認

  4. Citrix Gatewayの必須チェックおよび詳細チェックに基づく推奨事項を確認するには、[View Report] をクリックします。

    [Configuration Report] ページが開きます。

    Citrix ADC構成レポートページ

    構成レポートの通知バッジに、Citrix ADCウィザードを使用して構成されたGatewayサーバーに関する必須構成チェックの推奨事項の件数が表示されます。バッジには、ユーザーが構成したGatewayに関する推奨事項も表示されます。

    注:

    Citrix Gateway Analyzerでは、Citrix ADCウィザードを使用して構成されたゲートウェイサーバーがサポートされます。Citrix Gatewayインスタンスのタイトルにはすべて、「_XM_*name-provided-by-user-when-deploying」という名前が付けられます。

    必須構成チェックに合格すると、全体の状態が [成功] になります。

    必須構成チェックに失敗すると、[Recommendations]テーブルにポリシーのチェック詳細結果が一覧表示されます。

    詳細構成チェックに失敗すると、[Recommendations]テーブルにポリシー詳細結果が一覧表示されます。レポートのすべての詳細を表示するには、[Essential Configuration Checks] または [Advanced Configuration Checks](または展開アイコン)をクリックします。

    [Configuration Report] ページでは、次のオプションも利用できます。

    • 別のGateway構成チェックを実行するには、[Run another test] をクリックします。

    • 結果のレポートをダウンロードするには [Download report] と [ns.conf file bundle] をクリックします。

    • トラブルシューティングツールおよび分析ツールを表示するには、[Go to Citrix Endpoint Analyzer Checks] をクリックします。

    • レポートとns.confパッケージをメールで送信するには、[Email report and ns.conf bundle] の横にメールアドレス(複数アドレスの場合コンマで区切る)を入力します。[送信] をクリックします。

既知の問題

Endpoint Management Analyzerでは次の問題が確認されています:

  • Secure Webの接続チェックを実行する場合、テキストボックスに複数のURLを入力することはできません。
  • Secure Hubの共有デバイス認証機能は使用できません。
  • Secure Webテストは入力されたURLへの接続をチェックするだけで、関連サイトへの認証はチェックしません。