教育の構成デバイスポリシー

教育の構成デバイスポリシーでは、以下について定義します。

  • 講師用デバイスのAppleクラスルームアプリの設定。

  • 講師用デバイスと生徒用デバイス間でクライアント認証を実行するために使用する証明書。

このポリシーでクラスを選択すると、Endpoint ManagementコンソールでApple School Managerの構成から講師と生徒が記入されます。このポリシーのAppleクラスルームアプリの設定がすべてのクラスで同じ場合は、ポリシーを1つ作成します。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

iOS 設定

  • クラス: クラスを追加するには、[追加]をクリックします。

    デバイスポリシー構成画面の画像

    次に、[表示名]一覧をクリックします。接続したApple School Managerアカウントから取得したクラスの一覧が表示されます。

    デバイスポリシー構成画面の画像

    [表示名] からクラスを選択すると、Endpoint Managementによって講師と生徒が入力されます。引き続きクラスを追加します。

    デバイスポリシー構成画面の画像

  • 生徒に画面監視の権限の変更を許可: [オン] の場合、管理対象クラスに登録された生徒は、使用デバイスの画面の監視を講師に許可するかどうかを選択できます。デフォルトは [オフ] です。

ポリシーのクラス情報を編集するには

クラスに説明を加えることができます(クラスルームアプリの「表示名」)。また、講師や生徒を追加したり削除したりすることもできます。Endpoint Managementでは、このような変更はApple School Managerアカウントに保存されません。詳しくは、「Appleの教育向け機能との統合」の「講師、生徒、クラスのデータ管理」を参照してください。

編集するクラスの[追加]列の上にマウスポインターを置き、鉛筆アイコンをクリックします。

デバイスポリシー構成画面の画像

ポリシーからクラスを削除するには、削除するクラスの [追加] 列の上にマウスポインタ―を置き、ごみ箱アイコンをクリックします。

教育の構成デバイスポリシー