新機能

シトリックスは、Endpoint Managementをご使用のお客様に、新機能と製品の更新をいち早くお届けするよう取り組んでいます。新しいリリースでは、より便利な機能をご利用いただけます。今すぐ更新してください。Endpoint Managementリリースのローリング更新は、約2週間間隔で提供されます。

このプロセスは、お客様向けのわかりやすいものになっています。最初の更新は、Citrix内部サイトのみに適用され、その後徐々にお客様の環境に適用されます。段階的に更新することによって、製品の品質を確認し、最大限の可用性を実現しています。

Endpoint Management Cloud運用チームからEndpoint Managementの更新やメールなどを直接受け取ることができます。これらの更新は、新機能、既知の問題、解決された問題などを最新の状態に保ちます。

クラウドの規模とサービスの可用性などについて詳しくは、Endpoint Managementの「サービスレベルアグリーメント」を参照してください。サービスの中断および定期メンテナンスを監視するには、「Service Health Dashboard」を参照してください。

Citrix Endpoint ManagementとCitrix Workspaceとの統合

Citrix WorkspaceとのEndpoint Managementの統合は、新規および既存の顧客で異なります。「Citrix Workspace環境との統合」を参照してください。

ネイティブのSaaSアプリへのモバイルSSO(プレビュー)

ネイティブのSaaSアプリへのモバイルSSOのプレビューが、以下の要件を満たすお客様にご利用いただけるようになりました:

  • Citrix Workspace Premiumライセンス
  • Citrix Cloudで構成されたIDプロバイダー
  • 以下のサービスが構成されている:
    • Endpoint Managementを有効にしたWorkspaceサービス。サービス統合の有効化について詳しくは、「ワークスペースの構成」を参照してください。
    • Citrix Endpoint Managementサービス
    • Citrix Gatewayサービス

ネイティブSaaSアプリへのシングルサインオンは、MDMに登録されているiOSおよびAndroidデバイスで利用できます。詳しくは、「モバイルSSOの構成(プレビュー)」を参照してください。

Citrix Gatewayサービス(プレビュー)

Citrix Gatewayサービスのプレビューが、以下の要件を満たすお客様にご利用いただけるようになりました:

  • Citrix Workspace環境が有効である
  • Citrix Gatewayサービスサブスクリプション

オンプレミスのCitrix Gatewayを現在使用しており、Citrix Gatewayサービスに切り替えたい場合は、シトリックスのサポート担当者に問い合わせてください。詳しくは、「Endpoint Managementで使用するCitrix Gatewayの構成」を参照してください。

廃止される項目の情報

段階的に廃止されるCitrix Endpoint Managementの機能に関する事前の通知については、「廃止」を参照してください。

Endpoint Management 20.6.0

現在、商用のお客様には、次の機能が展開されています。米国政府のお客様へのリリースは、3か月以内に開始されます。商用と米国政府向け製品の機能の違いについては、「米国政府向けEndpoint Managementサービス」を参照してください。

19.8.0リリース(2019年8月1日)後にEndpoint Managementをオンボーディングした場合は、Citrix Cloudにサインインし、[Endpoint Managementサービス]タイルをクリックしてコンソールにアクセスします。19.8.0より前にオンボーディングしたすべてのお客様は、すぐにCitrix Cloudサインインに移行します。セキュリティを強化するために、シングルサインオンを構成することをお勧めします。詳しくは、シトリックステクニカルサポートに問い合わせてください。

Endpoint Management用のSecure Hub Appleプッシュ通知サービス(APNs)証明書は、2020年7月12日に期限切れになります。その結果、iOSデバイスではエージェント通知が失敗し、アプリケーションのプッシュが遅れることがあります。この更新プログラムにより、Secure Hub APNs証明書が更新され、有効期限が2021年6月18日になります。

Android Enterprise管理対象の構成で証明書エイリアスが使用しやすくなりました。Android Enterprise管理対象の構成のデバイスポリシーで、資格情報デバイスポリシーの新しい [証明書のエイリアス] 設定を使用すると、アプリにユーザーによる操作がないVPNでの認証を許可できます。アプリログで資格情報のエイリアスを検索する代わりに、 Android Enterprise管理対象の構成デバイスポリシーの [証明書のエイリアス] フィールドに入力することで、資格情報のエイリアスを作成します。次に、同じ証明書のエイリアスを資格情報デバイスポリシーの [証明書のエイリアス] 設定に入力します。詳しくは、「Android Enterprise管理対象の構成ポリシー」および「資格情報デバイスポリシー」を参照してください。

Android Enterprise仕事用プロファイルまたは完全管理対象デバイスでの印刷機能を無効にします。制限デバイスポリシーの [印刷を許可しない] 設定を使用すると、ユーザーがAndroid Enterpriseデバイスからアクセスできるプリンターに印刷できるかどうかを指定できます。詳しくは、「Android Enterpriseの設定」を参照してください。

macOSの接続モードとネットワークの優先度を構成します。Wi-Fiデバイスポリシーで、macOSデバイスの [接続モード] 設定を有効にして、ユーザーがネットワークに参加する方法を選択します。デバイスはシステムの資格情報またはログインウィンドウで入力された資格情報を使用してユーザーを認証します。複数ネットワークの場合、[優先度] フィールドにネットワーク接続の優先度を設定する数値を入力します。デバイスは、番号が最小のネットワークを選択します。詳しくは、「Wi-Fiデバイスポリシー」のmacOSの設定を参照してください。

Endpoint Management 20.6.0で解決された問題

Endpoint Managementコンソールで、MDXラップされたiOSおよびAndroidアプリのパッケージIDが表示されません。 [CXM-81021]

Endpoint ManagementがActive Directoryグループメンバーのクエリを送信すると、Identity Serviceでクエリが再帰的に実行されます。このようなクエリはより多くのリソースを消費するため、サイトにActive Directoryユーザーが多数いる場合、サイトの日常的な操作に支障をきたす可能性があります。 [CXM-81112]

Endpoint Management 20.5.0

現在、商用のお客様には、次の機能が展開されています。米国政府のお客様へのリリースは、3か月以内に開始されます。商用と米国政府向け製品の機能の違いについては、「米国政府向けEndpoint Managementサービス」を参照してください。

Microsoft Intune/EMSとEndpoint Managementの統合を使用する場合、Intune管理対象アプリの構成が簡素化されます。Intune管理対象アプリを構成するときに、Endpoint Managementコンソールで [アプリを管理対象にする] オプションを設定しなくなりました。このオプションはEMSコンソールで設定します。

Microsoft Intune/EMSとEndpoint Managementの統合を使用すると、Microsoft Edgeを介して公開されるIntune管理対象アプリのWebコンテンツ転送制限がサポートされます。Endpoint ManagementとMicrosoft Intune/EMSとの統合により、EMSコンソールで、Microsoft Edgeの新しい管理対象ブラウザーポリシー、 他のアプリとのWebコンテンツ転送がサポートされます。

パスコードデバイスポリシーを使用すると、要件に準拠していないAndroid Enterpriseデバイスにアプリとショートカットを表示できます。Android Enterpriseのパスコードデバイスポリシーには、[パスコードの要件に準拠していないときにアプリとショートカットを表示する]という新しい設定があります 。この設定を有効にすると、デバイスのパスコードが要件に準拠しなくなったとき、アプリとショートカットが表示されたままになります。パスコードが要件に準拠していないときにデバイスを非準拠としてマークする自動化された操作を作成することをお勧めします。「パスコードデバイスポリシー」を参照してください。

ローカルユーザーアカウントのロックを解除します。ユーザーが連続して無効なログインを試行して上限の回数に達すると、ローカルユーザーアカウントは30分間ロックされます。システムは、ロックアウト期間が終了するまで、以降のすべての認証試行を拒否します。Endpoint Managementでアカウントのロックを解除するには、[管理]>[ユーザー]に移動し、ユーザーアカウントを選択して、[ローカルユーザーのロック解除]をクリックします。詳しくは、「ローカルユーザーアカウントのロックを解除するには」を参照してください。ログイン試行失敗の上限回数とロックアウト時間を変更するには、サーバープロパティのlocal.user.account.lockout.timelocal.user.account.lockout.limitを更新します。詳しくは、「サーバープロパティ」を参照してください。

Citrixコンテンツ配信ネットワーク(CDN)は現在、macOS(MDM登録)向けのエンタープライズアプリを提供しています。アプリのダウンロードファイルを迅速に配信するために、CDNは世界中のEndpoint Managementサーバーの近くにあるユーザーデバイスにmacOSアプリを送信します。詳しくは、「エンタープライズアプリのしくみ」を参照してください。

Endpoint Management 20.5.0で解決された問題

登録招待をエクスポートするためのRBAC権限を持つ管理者は、制限に関係なく、すべての登録招待をエクスポートできます。 [CXM-79928]

PowerShellスクリプトを展開してWindowsデバイスで自動アクションを起動しようとすると、内部サーバーエラー500で失敗することがあります。この問題は、[アクション情報] ページの [説明] フィールドを空白のままにして、[ポリシーの戻り値] をトリガーとして選択した場合に発生します。この問題を回避するには、[ポリシーの戻り値] をトリガーとして使用する場合に、[説明] フィールドを空白のままにしないでください。 [CXM-80997]

既存のiOS制限ポリシーを編集すると、エラーが発生します。 [CXM-82180]

Endpoint Management 20.4.1

最新のHTTP/2ベースのAPNsプロバイダーAPIをサポート。Appleプッシュ通知サービスのレガシーバイナリプロトコルに対するAppleのサポートは、2020年11月で終了します。代わりにHTTP/2ベースのAPNプロバイダーAPIの使用をお勧めします。Citrix Endpoint Managementは現在、 HTTP/2ベースのAPIをサポートしています。詳しくは、https://developer.apple.com/のニュースとアップデートで「Apple Push Notification Serviceのアップデート」を参照してください。APNsへの接続を確認する方法については、「接続確認」を参照してください。

ローカルユーザーアカウントのパスワード要件。Endpoint Managementコンソールでローカルユーザーアカウントを追加または編集する場合は、最新のパスワード要件に従ってください。詳しくは、「ローカルユーザーアカウントを追加するには」を参照してください。

アプリ通知デバイスポリシーにアプリを追加するには、アプリバンドルID番号を使用します。[新規追加] をクリックして、表示されるフィールドにアプリバンドルIDを入力します。詳しくは、「アプリ通知デバイスポリシー」を参照してください。

iOS 13用のデバイスポリシーの更新。iOS 13のデバイスポリシーに次の機能が追加されました:

  • ネットワーク使用状況ポリシー: アプリネットワーク使用状況ポリシーに機能を追加し、名前をネットワーク使用状況ポリシーに変更しました。iOS 13デバイスのSIM ICCIDに基づいて、ネットワーク使用状況の規則を構成することもできます。「ネットワーク使用状況デバイスポリシー」を参照してください。
  • 制限ポリシー: 共有デバイスの一時セッション、eSIMの変更、[iPhoneを探す]などを制限できるようになりました。詳しくは、「制限デバイスポリシー」の「iOS設定」セクションを参照してください。

Endpoint Management 20.4.1で解決された問題

Azure Active Directoryベースの認証とデバイス登録では、Androidデバイスのユーザーは登録でエラーとなります。ユーザー認証にデバイスアクセス権がないことを示すエラーとなります。 [CXM-80404]

現在の既知の問題

Endpoint Management 20.6.0の既知の問題

一部のクラウドサイトでは、Endpoint Managementコンソールの [監視] ページが読み込まれません。 [CXM-83365]

19.12.0以降のEndpoint Managementをオンボーディングした場合、Android Enterpriseのサブスクリプションを削除するには、コンソールからAndroid Enterpriseの登録を解除し、次にGoogle Playから構成を削除します。最初にGoogle Playストアで [エンタープライズの削除] をクリックした場合、Android EnterpriseのサブスクリプションはEndpoint Managementコンソールでアクティブなまま残ります。 [CXM-83601]

19.12.0(2019年12月)以降にEndpoint Managementをオンボーディングした場合、複数のLDAP認証ドメインを追加するときに、デフォルトのドメインを変更することができません。 [CXM-82952]

Endpoint Management 20.5.0の既知の問題

2020年6月初め、Google Play EMM APIが停止しました。停止中に、[設定]>[Android Enterprise] に移動した場合、Endpoint ManagementによりコンソールからAndroid Enterprise構成が削除されました。その結果、現在登録されているデバイスに、ポリシーとアプリのアップデートが通知されません。この問題を解決するには、シトリックステクニカルサポートに問い合わせてください。 [XMHELP-2811]

Endpoint Management 20.4.1の既知の問題

Citrix Cloud Connectorを使用してEndpoint Managementに複数のLDAP Active Directory(AD)をインストールすると、最初にインストールされたADのみがEndpoint Management設定に読み込まれます。回避策として、Citrix Cloudを確認できます。それらのドメインが[未使用]としてマークされている場合は、手動で [使用] にマークします。ドメインを[使用]としてマークすると、Endpoint Managementで使用できるようになります。 [CXM-81697]

Endpoint Management 20.2.1の既知の問題

WEMが有効になっているWindowsデスクトップ/タブレットデバイスを登録してから、同じデバイスをMDMに登録すると、Endpoint Managementコンソールにこのデバイスのエントリが2つ個別に表示される。 [CXM-77412]

クラウドホスティングサービスおよび新しいCitrixの拡張登録プロファイルを使用しているユーザーの場合:新しいデバイスが正常に登録されない場合があります。回避策として、すべてのデリバリーグループを含むデフォルトの登録プロファイルを作成します。「登録プロファイルの作成」を参照してください。「FactoryDefault」というタイトルの登録プロファイルが表示される場合があります。この登録プロファイルを特別なロジックに使用します。「FactoryDefault」登録プロファイルが表示されている場合は、変更または削除しないでください。 [CXM-79019]

Citrix Endpoint ManagementコンソールでShareFile URLを使用してCitrix Content Collaborationを設定した後、[接続のテスト] ボタンをクリックすると、エラーになります。この問題を解決するには、ShareFileの多要素認証を無効にしてください。この問題とその回避策について詳しくは、このサポートページ を参照してください。 [CXM-79240]

[最終アクセス日時] または [非アクティブ日数] でデバイスをソートすると、500内部サーバーエラーが発生します。 [CXM-79414]

Endpoint Management 20.1.0の既知の問題

[設定]>[証明書] から、重複した証明書ファイルを削除できない。 [CXM-72630]

Citrix Cloudのライブラリにユーザーを追加すると、Endpoint Managementは成功を報告しますが、ユーザーは追加されません。 [CXM-73726]

Endpoint Management 19.11.0の既知の問題

MDXアプリとパブリックアプリはコンソールから削除できません。この問題を回避するには、削除するアプリを選択して [編集] をクリックします。[Android Enterprise] の選択を解除して、プラットフォーム一覧から他のプラットフォームを選択します。アプリを保存した後、アプリを削除できます。[CXM-74468]

Endpoint Managementと統合されたWorkspace Environment Management(WEM)を持つサイトの場合:ユーザー構成で作成されたWindows GPOの構成デバイスポリシーは、ユーザーデバイスに展開されません。デバイス構成で作成されたポリシーは、正常に展開されます。 [CXM-74762、WEM-6319]

Endpoint Management 19.9.0の既知の問題

Endpoint Managementからデプロイされたエンタープライズアプリを、macOSデバイスにインストールできない。このサードパーティの問題は、Appleバグ#50311461です。 [CXM-65957]

[設定]>[Apple Deployment Program] ページに、新しいiOS 13セットアップアシスタント画面のスキップオプションが含まれていない。登録時に、ユーザーは[Express Language]、[Preferred Language]、[Get Started]、[Appearance]の画面をクリックする必要があります。 [CXM-71370]

Endpoint Management 19.6.1の既知の問題

Endpoint Managementコンソールで、インストールされている一部のアプリのステータスが「保留中」と表示される。これはmacOSによる制限であり、pkgおよびアプリ識別子が異なるPKGファイルに固有の問題です。 [CXM-72203]

Endpoint Management 19.5.0の既知の問題

Citrix Readyワークスペースハブデバイスを登録するときには、登録の失敗を避けるために、Ethernet(eth0)MACアドレスを許可リストに定義します。 [CXM-43141]

Endpoint Management 19.4.1の既知の問題

[モニター] タブが表示されません。 [DIR-7483]

Windows GPOデバイスポリシーのオプションをタブ移動すると、ラジオボタンとチェックボックスはスキップされます。 [CXM-58277]

Endpoint Management 19.2.1の既知の問題

Google管理コンソールでAndroid Enterpriseエンタープライズを削除して登録を解除すると、再登録できないことがあります。Android Enterpriseエンタープライズの登録を解除する場合、「Android Enterpriseエンタープライズの登録を解除する」の手順に従って、常にEndpoint Managementコンソールを使用してください。G Suiteユーザーは、「Android Enterpriseエンタープライズの登録解除」の指示に従ってください 。 [CXM-62709] [CXM-62950]

Endpoint Management 19.2.0の既知の問題

Endpoint Management 10.18.3でパブリックストアアプリを作成した場合:iPadアプリ設定ページでアプリを検索せずに [戻る] をクリックしてから [次へ] をクリックすると、次の問題が発生します。ナビゲーションボタンが反応せず、アプリを検索できません。この問題は、iOSまたはAndroidの両方でパブリックストアアプリを作成するときに発生します。 [CXM-46820]

Endpoint Management 10.19.1の既知の問題

[設定]>[Android Enterprise] ページで登録プロセスを完了すると、次のエラーメッセージが表示されます:「構成エラーが発生しました。もう一度試してください。」エラーメッセージを閉じると、Android Enterprise構成は保存されますが、[Android Enterpriseの有効化][オフ] になります。この問題を回避するには、アプリのカテゴリの数を30以下に減らします。 [CXM-60899]

Endpoint Management 10.18.19の既知の問題

Windows GPOデバイスポリシーのオプションをタブ移動すると、ラジオボタンとチェックボックスはスキップされます。 [CXM-58277]

Endpoint Management 10.18.5の既知の問題

ChromeアプリをChrome OSデバイスの必須アプリとして構成した場合:ユーザーはログオフしてから再度ログインしないとこのアプリをインストールできなくなる場合があります。このサードパーティの問題は、GoogleバグID #76022819です。 [CXM-48060]

Endpoint Management 10.18.3の既知の問題

デバイスが登録されているCitrix Cloud管理者を削除した後:管理者がSecure HubまたはSelf-Help Portalから再度ログインするまで、Endpoint ManagementはEndpoint Managementコンソールのユーザー役割を更新しません。 [CXM-45730]

Endpoint Management 10.7.4の既知の問題

Azure Active DirectoryへのシングルサインオンにCitrix IDプロバイダーを使用するようにEndpoint Managementを構成した場合:Endpoint Management管理者またはユーザーがAzure Active Directoryのサインイン画面にリダイレクトされると、画面に「Citrix Secure Hubのサインインページ」というメッセージが表示されます。正しいメッセージは、「Citrix Endpoint Managementコンソールのサインインページ」です。 [CXM-42309]

Endpoint Management 10.7.3の既知の問題

Windows 10 RS3バージョン1709ビルド16299.19が実行されているデバイスの場合:Citrix ReceiverのADMXファイルをインポートして作成した[アプリ構成]デバイスポリシーを、デバイスにプッシュできないことがあります。このサードパーティの問題は、MicrosoftバグID#14280113です。 [CXM-40521]