新機能

シトリックスは、Endpoint Managementをご使用のお客様に、新機能と製品の更新をいち早くお届けするよう取り組んでいます。新しいリリースでは、より便利な機能をご利用いただけます。今すぐ更新してください。Endpoint Managementリリースのローリング更新は、約2週間間隔で提供されます。

このプロセスは、お客様向けのわかりやすいものになっています。最初の更新は、Citrix内部サイトのみに適用され、その後徐々にお客様の環境に適用されます。段階的に更新することによって、製品の品質を確認し、最大限の可用性を実現しています。

Endpoint Management Cloud運用チームからEndpoint Managementの更新やメールなどを直接受け取ることができます。これらの更新は、新機能、既知の問題、解決された問題などを最新の状態に保ちます。

クラウドの規模とサービスの可用性などについて詳しくは、Endpoint Managementの「サービスレベルアグリーメント」を参照してください。サービスの中断および定期メンテナンスを監視するには、「Service Health Dashboard」を参照してください。

Citrix Endpoint ManagementとCitrix Workspaceとの統合

Citrix WorkspaceとのEndpoint Managementの統合は、新規および既存の顧客で異なります。「Citrix Workspace環境との統合」を参照してください。

ネイティブのSaaSアプリへのモバイルSSO(プレビュー)

ネイティブのSaaSアプリへのモバイルSSOのプレビューが、以下の要件を満たすお客様にご利用いただけるようになりました:

  • Citrix Workspace Premiumライセンス
  • Citrix Cloudで構成されたIDプロバイダー
  • 以下のサービスが構成されている:
    • Endpoint Managementを有効にしたWorkspaceサービス。サービス統合の有効化について詳しくは、「ワークスペースの構成」を参照してください。
    • Citrix Endpoint Managementサービス
    • Citrix Gatewayサービス

ネイティブSaaSアプリへのシングルサインオンは、MDMに登録されているiOSおよびAndroidデバイスで利用できます。詳しくは、「モバイルSSOの構成(プレビュー)」を参照してください。

Citrix Gatewayサービス(プレビュー)

Citrix Gatewayサービスのプレビューが、以下の要件を満たすお客様にご利用いただけるようになりました:

  • Citrix Workspace環境が有効である
  • Citrix Gatewayサービスサブスクリプション

オンプレミスのCitrix Gatewayを現在使用しており、Citrix Gatewayサービスに切り替えたい場合は、シトリックスのサポート担当者に問い合わせてください。詳しくは、「Endpoint Managementで使用するCitrix Gatewayの構成」を参照してください。

Endpoint Management 20.3.0

現在、商用のお客様には、次の機能が展開されています。米国政府のお客様へのリリースは、3か月以内に開始されます。商用と米国政府向け製品の機能の違いについては、「米国政府向けEndpoint Managementサービス」を参照してください。

すべての顧客が使用できる拡張登録プロファイル機能

このリリースでは、Endpoint Management 20.2.1で一部のお客様に提供していた拡張登録プロファイル機能を、すべてのお客様がご利用いただけます。この機能について詳しくは、「単一環境での複数デバイスとアプリの管理モードの構成」を参照してください。

Androidデバイスは、デフォルトでAndroid Enterpriseに登録されます

このリリース以降、Android EnterpriseはAndroidデバイスのデフォルトの登録オプションになりました。Endpoint Management展開でAndroid Enterpriseが有効になっている場合、新しく登録または再登録したすべてのAndroidデバイスがデフォルトでAndroid Enterpriseデバイスとして登録されます。

これは、GoogleによるAndroidでの変更を反映したものです。Googleは、デバイス管理でデバイス管理者モードを廃止し、Android EnterpriseですべてのAndroidデバイスを管理することを推奨しています。(Google Android Enterprise開発者ガイドのデバイス管理者の非推奨を参照してください。)

Endpoint Management 19.11.0以降、お客様の組織のすべてのAndroidデバイスがAndroid Enterpriseに移行していない場合、シトリックスは必要なアクションをお知らせしています。Android Enterpriseへの移行におけるEndpoint Managementのサポートについて詳しくは、ブログ(Citrix Endpoint ManagementサービスのデフォルトとしてのAndroid Enterprise)を参照してください。

Endpoint Management展開環境に、引き続きデバイス管理モードで管理を構成する必要があるデバイスが含まれている場合、これら従来デバイス用の登録プロファイルを作成します。

従来デバイスの登録プロファイルを作成するには、次の手順を実行します:

  1. Endpoint Managementコンソールで、[構成]>[登録プロファイル] の順に移動します。

  2. 登録プロファイルを追加するには、[追加] をクリックします。[登録情報]ページで、登録プロファイルの名前を入力します。

  3. [次へ] をクリックするか、[プラットフォーム][Android] を選択します。[登録構成] ページが開きます。

  4. [管理][従来のデバイス管理 (非推奨)] に設定します。[次へ] をクリックします。

  5. [割り当て] を選択します(オプション)。[デリバリーグループ割り当て] ページが開きます。

  6. 専用デバイスを登録した管理者を含む、1つまたは複数のデリバリーグループを選択します。次に、[保存] をクリックします。

引き続きデバイス管理者モードで従来デバイスを管理するには、このプロファイルを使用して従来デバイスを登録または再登録します。仕事用プロファイルデバイスと同様のデバイス管理者デバイスを登録するには、ユーザーにSecure Hubをダウンロードさせ、登録サーバーのURLを指定します。

Endpoint Management 20.3.0で解決された問題

[最終アクセス日時] または [非アクティブ日数] でデバイスを並び替えようとすると、500内部サーバーエラーが発生します。 [CXM-79414]

Amazon Web Servicesおよび新しいCitrixの拡張登録プロファイルを使用しているユーザーの場合:iOSデバイスが登録されません。回避策として、すべてのデリバリーグループを含むデフォルトの登録プロファイルを作成します。「登録プロファイルの作成」を参照してください。 [CXM-79019]

macOSデバイスにパスコードデバイスポリシーを展開する場合、ポリシーはユーザーレベルではなくシステムレベルに適用されます。その結果、ユーザーは数時間、場合によっては数日間パスコードを変更するよう求められません。 [CXM-75344]

Endpoint Management 20.2.1

現在、商用のお客様には、次の機能が展開されています。米国政府のお客様へのリリースは、3か月以内に開始されます。商用と米国政府向け製品の機能の違いについては、「米国政府向けEndpoint Managementサービス」を参照してください。

単一環境での複数デバイスとアプリの管理モードの構成

この機能について:

登録プロファイルの拡張機能のサポートは、2つのリリースで展開されます。今後のリリースについては、通常の通知でお知らせします。

登録プロファイルの拡張機能が有効になるまでは、登録プロファイルではユーザーが登録できるデバイスの数のみを制限します。

単一のEndpoint Managementサイトを構成して、複数の登録構成をサポートできるようになりました。登録プロファイルの役割が拡張されて、デバイスとアプリを管理するための登録設定も含まれるようになりました。

登録プロファイルは、1つのEndpoint Managementコンソール内で複数のユースケースとデバイス移行パスをサポートします。次のようなユースケースがあります:

  • モバイルデバイス管理(MDMのみ)
  • MDM+モバイルアプリケーション管理(MAM)
  • MAMのみ
  • コーポレート所有端末の登録
  • BYODデバイスの登録(MDM登録をオプトアウトできる)
  • Androidデバイス管理者の登録の、Android Enterprise登録への移行(完全管理、仕事用プロファイル、専用デバイス)

登録プロファイルによって、 廃止されたサーバープロパティxms.server.modeが置き換えられます。この変更が既存のデリバリーグループと登録済みデバイスに影響を与えることはありません。

以下の表に、既存のサーバープロパティモードから新しい登録プロファイル機能への自動化された移行パスを示します:

既存のサーバーのプロパティ 新しい管理モード
ENTモード(iOS) Citrix MAMを使用したAppleデバイス登録
ENTモード(Android) Citrix MAMを使用した従来のデバイス管理者
ENTモード(Android Enterprise) Citrix MAMを使用した、完全管理対象デバイスの仕事用プロファイル
MAMモード(iOSおよびAndroid) Citrix MAM
MDMモード(iOS) Appleデバイス登録
MDMモード(Android) 従来のデバイス管理者
MDMモード(Android Enterprise) 完全管理対象デバイスの仕事用プロファイル

デリバリーグループを作成した場合は、このグループに登録プロファイルを添付することができます。登録プロファイルを添付しないと、Endpoint Managementによってグローバル登録プロファイルが添付されます。

登録プロファイルは、次のデバイス管理機能を提供します:

  • Androidデバイス管理者(DA)モードからAndroid Enterpriseへの移行を簡単にします。Android Enterpriseデバイスの場合、設定には、完全管理、完全管理対象デバイスでの仕事用プロファイル、専用などのデバイス所有者モードが含まれます。詳しくは、「Android Enterprise」を参照してください。

    Androidの[登録プロファイル]ページ

    このアップグレードでは、サーバーモードと [設定]>[Android Enterprise] に関するEndpoint Managementの現在の構成が、以下のように登録プロファイルの新しい設定にマップされます:

    現在の構成 管理設定 デバイス所有者モードの設定 Citrix MAMの設定
    MDM、管理対象Google Play(Android Enterprise) Android Enterprise 完全管理対象デバイスの仕事用プロファイル 無効
    MDM、G Suite(従来のデバイス管理者) 従来のデバイス管理者 該当なし 無効
    MAM デバイスを管理しない 該当なし 有効
    MDM+MAM、管理対象Google Play(Android Enterprise) Android Enterprise* 完全管理対象デバイスの仕事用プロファイル 有効
    MDM+MAM、G Suite(従来のデバイス管理者) 従来のデバイス管理者* 該当なし 有効

    *登録が必須の場合、[ユーザーにデバイス管理の許否を許可][オフ] です。

    アップグレードすると、現在の登録プロファイルにこれらのマッピングが反映されます。従来のデバイス管理者から移行する際に、新しいユースケースを処理するために別の登録プロファイルを作成する必要があるかどうかを検討します。

    Endpoint Management 19.12.0以降にオンボードした場合、グローバル登録プロファイルは次のように事前に定義されています。

    Androidの[登録プロファイル]ページ

  • iOSの管理をさらに簡単にします。iOSデバイスの場合、設定には、登録するデバイスを管理対象デバイスとして登録するか非管理デバイスとして登録するかの選択が含まれます。

    iOSの[登録プロファイル]ページ

    このアップグレードでは、以前の構成が、以下のように登録プロファイルの新しい設定にマップされます:

    サーバーモード 管理設定 Citrix MAMの設定
    MDM デバイス登録 無効
    MAM デバイスを管理しない 有効
    MDM + MAM デバイス登録 有効

    登録が必須の場合、[ユーザーにデバイス管理の許否を許可][オフ] です。

    Endpoint Management 19.12.0以降にオンボードした場合、グローバル登録プロファイルは次のように事前に定義されています。

    iOSの[登録プロファイル]ページ

  • Windows 10デバイスがCitrix Workspaceアプリに自動的に登録されるようになります。

    Windowsの[登録プロファイル]ページ

    このアップグレードでは、MDMの以前の構成が、登録プロファイルの新しい設定である [完全管理対象] にマップされます。

    Endpoint Management 19.12.0以降にオンボードした場合、グローバル登録プロファイルは次のように事前に定義されています。

    Windowsの[登録プロファイル]ページ

登録プロファイルの拡張機能には、以下の制限があります:

  • 登録プロファイルの拡張機能は、Endpoint ManagementがCitrix Workspaceに統合されると、iOSおよびAndroidデバイスでは動作しません。

  • 登録プロファイルの拡張機能は、ワンタイムPINや2要素認証による登録招待状では使用できません。

詳しくは、「登録プロファイル」を参照してください。

Endpoint Management 20.2.1におけるその他のアップデート

  • Android Enterprise専用(COSU)デバイスの登録が簡素化されました。Endpoint Managementで登録プロファイルを作成して、Android Enterprise専用デバイス(COSUデバイスとも呼ばれます)を登録できるようになりました。専用デバイスを登録するために、役割ベースのアクセス制御(RBAC)の役割を作成する必要がなくなりました。「Android Enterprise専用デバイスのプロビジョニング」を参照してください。

  • Keyguard管理ポリシーを使用して、Androidデバイスで生体認証を無効にします。Android 9.0以降を実行するデバイスで、Keyguard管理デバイスポリシーを使用して、指紋によるロック解除、顔認証、虹彩認証、またはすべての生体認証を無効にできるようになりました。

  • リソースセンターでガイダンスを取得します。リソースセンターを使用して製品内のデータにアクセスします。ダッシュボードからのガイダンスについては、右下隅にあるアイコンをクリックします。

    リソースセンターのアイコン

Endpoint Management 20.2.1で解決された問題

以前は、Endpoint Management APIを使用してデバイスに通知を送信する前に、デバイスを編集する権限が必要でした。今後は、通知の送信には通知を送信する権限が求められます。 [CXM-76689]

Endpoint Management 20.1.0

現在、商用のお客様には、次の機能が展開されています。米国政府のお客様へのリリースは、3か月以内に開始されます。商用と米国政府向け製品の機能の違いについては、「米国政府向けEndpoint Managementサービス」を参照してください。

  • Android Enterprise COPEデバイスのサポート。Citrix Endpoint Managementは、仕事用プロファイルで完全に管理されたAndroid Enterpriseをサポートします。Googleは以前、これらのデバイスをCOPE(個人使用可能なコーポレート所有)デバイスと呼んでいました。

    Android Enterpriseの完全に管理されたデバイスは、デバイスプロファイルと仕事用プロファイルを持ちます。デバイスと仕事用プロファイルに個別のポリシー設定を適用できます。このリリースでは、次のことが可能になります:

    • これらのデバイスポリシー:資格情報Keyguard管理パスコード、および制限を使用して、デバイスと仕事用プロファイルに個別の設定を適用できます。
    • 位置情報デバイスポリシーの位置情報モード設定をCOPEデバイスに適用することはできますが、COPEデバイスの仕事用プロファイルに適用することはできません。位置情報デバイスポリシーのその他の設定は、COPEデバイスでは使用できません。「位置情報デバイスポリシー」を参照してください。
    • ロックのセキュリティ操作をデバイスまたは仕事用プロファイルに個別に適用できます。
  • Citrix Workspaceアプリを使用したWindows 10デバイスの自動登録。Citrix Endpoint Managementが、Citrix Workspaceアプリを使用してWindows 10デスクトップおよびタブレットを自動登録できるようになりました。この機能について詳しくは、「Citrix Workspace環境との統合」を参照してください。

Endpoint Management 20.1.0で解決された問題

[設定]>[Apple Deployment Program] ページに、新しいiOS 13セットアップアシスタント画面のスキップオプションが含まれていない。登録時に、ユーザーが[Get Started]と[Appearance]の画面をクリックする必要がある。 [CXM-71370]

[管理]>[デバイス] と移動すると、デフォルトで [フィルター] タブが表示される。 [CXM-75823]

ShareFileシングルサインオン(SSO)が、同じ仮想マシンセットのマルチテナントの顧客に対して失敗する。 [CXM-75886]

現在の既知の問題

Endpoint Management 20.2.1の既知の問題

WEMが有効になっているWindowsデスクトップ/タブレットデバイスを登録してから、同じデバイスをMDMに登録すると、Endpoint Managementコンソールにこのデバイスのエントリが2つ個別に表示される。 [CXM-77412]

クラウドホスティングサービスおよび新しいCitrixの拡張登録プロファイルを使用しているユーザーの場合:新しいデバイスが正常に登録されない場合があります。回避策として、すべてのデリバリーグループを含むデフォルトの登録プロファイルを作成します。「登録プロファイルの作成」を参照してください。「FactoryDefault」というタイトルの登録プロファイルが表示される場合があります。この登録プロファイルを特別なロジックに使用します。「FactoryDefault」登録プロファイルが表示されている場合は、変更または削除しないでください。 [CXM-79019]

Citrix Endpoint ManagementコンソールでShareFile URLを使用してCitrix Content Collaborationを設定した後、[接続のテスト] ボタンをクリックすると、エラーになります。この問題を解決するには、ShareFileの多要素認証を無効にしてください。この問題とその回避策について詳しくは、このサポートページ を参照してください。 [CXM-79240]

[最終アクセス日時] または [非アクティブ日数] でデバイスをソートすると、500内部サーバーエラーが発生します。 [CXM-79414]

Endpoint Management 20.1.0の既知の問題

[設定]>[証明書] から、重複した証明書ファイルを削除できない。 [CXM-72630]

Citrix Cloudのライブラリにユーザーを追加すると、Endpoint Managementは成功を報告しますが、ユーザーは追加されません。 [CXM-73726]

Endpoint Management 19.11.0の既知の問題

MDXアプリとパブリックアプリはコンソールから削除できません。この問題を回避するには、削除するアプリを選択して [編集] をクリックします。[Android Enterprise] の選択を解除して、プラットフォーム一覧から他のプラットフォームを選択します。アプリを保存した後、アプリを削除できます。[CXM-74468]

Endpoint Managementと統合されたWorkspace Environment Management(WEM)を持つサイトの場合:ユーザー構成で作成されたWindows GPOの構成デバイスポリシーは、ユーザーデバイスに展開されません。デバイス構成で作成されたポリシーは、正常に展開されます。 [CXM-74762、WEM-6319]

Endpoint Management 19.9.0の既知の問題

Endpoint Managementからデプロイされたエンタープライズアプリを、macOSデバイスにインストールできない。このサードパーティの問題は、Appleバグ#50311461です。 [CXM-65957]

[設定]>[Apple Deployment Program] ページに、新しいiOS 13セットアップアシスタント画面のスキップオプションが含まれていない。登録時に、ユーザーは[Express Language]、[Preferred Language]、[Get Started]、[Appearance]の画面をクリックする必要があります。 [CXM-71370]

Endpoint Management 19.6.1の既知の問題

Endpoint Managementコンソールで、インストールされている一部のアプリのステータスが「保留中」と表示される。これはmacOSによる制限であり、pkgおよびアプリ識別子が異なるPKGファイルに固有の問題です。 [CXM-72203]

Endpoint Management 19.5.0の既知の問題

Citrix Readyワークスペースハブデバイスを登録するときには、Ethernet(eth0)MACアドレスをホワイトリストで定義する必要があります。そうしないと登録できません。 [CXM-43141]

Endpoint Management 19.4.1の既知の問題

[モニター] タブが表示されません。 [DIR-7483]

Windows GPOデバイスポリシーのオプションをタブ移動すると、ラジオボタンとチェックボックスはスキップされます。 [CXM-58277]

Endpoint Management 19.2.1の既知の問題

Google管理コンソールでAndroid Enterpriseエンタープライズを削除して登録を解除すると、再登録できないことがあります。Android Enterpriseエンタープライズの登録を解除する場合、「Android Enterpriseエンタープライズの登録を解除する」の手順に従って、常にEndpoint Managementコンソールを使用してください。G Suiteユーザーは、「Android Enterpriseエンタープライズの登録解除」の指示に従ってください 。 [CXM-62709] [CXM-62950]

Endpoint Management 19.2.0の既知の問題

Endpoint Management 10.18.3でパブリックストアアプリを作成した場合:iPadアプリ設定ページでアプリを検索せずに [戻る] をクリックしてから [次へ] をクリックすると、次の問題が発生します。ナビゲーションボタンが反応せず、アプリを検索できません。この問題は、iOSまたはAndroidの両方でパブリックストアアプリを作成するときに発生します。 [CXM-46820]

Endpoint Management 10.19.1の既知の問題

[設定]>[Android Enterprise] ページで登録プロセスを完了すると、次のエラーメッセージが表示されます:「構成エラーが発生しました。もう一度試してください。」エラーメッセージを閉じると、Android Enterprise構成は保存されますが、[Android Enterpriseの有効化][オフ] になります。この問題を回避するには、アプリのカテゴリの数を30以下に減らします。 [CXM-60899]

Endpoint Management 10.18.19の既知の問題

Windows GPOデバイスポリシーのオプションをタブ移動すると、ラジオボタンとチェックボックスはスキップされます。 [CXM-58277]

Endpoint Management 10.18.5の既知の問題

ChromeアプリをChrome OSデバイスの必須アプリとして構成した場合:ユーザーはログオフしてから再度ログインしないとこのアプリをインストールできなくなる場合があります。このサードパーティの問題は、GoogleバグID #76022819です。 [CXM-48060]

Endpoint Management 10.18.3の既知の問題

デバイスが登録されているCitrix Cloud管理者を削除した後:管理者がSecure HubまたはSelf-Help Portalから再度ログインするまで、Endpoint ManagementはEndpoint Managementコンソールのユーザー役割を更新しません。 [CXM-45730]

Endpoint Management 10.7.4の既知の問題

Azure Active DirectoryへのシングルサインオンにCitrix IDプラットフォームを使用するようにEndpoint Managementを構成した場合:Endpoint Management管理者またはユーザーがAzure Active Directoryのサインイン画面にリダイレクトされると、画面に「Citrix Secure Hubのサインインページ」というメッセージが表示されます。正しいメッセージは、「Citrix Endpoint Managementコンソールのサインインページ」です。 [CXM-42309]

Endpoint Management 10.7.3の既知の問題

Windows 10 RS3バージョン1709ビルド16299.19が実行されているデバイスの場合:Citrix ReceiverのADMXファイルをインポートして作成した[アプリ構成]デバイスポリシーを、デバイスにプッシュできないことがあります。このサードパーティの問題は、MicrosoftバグID#14280113です。 [CXM-40521]