Product Documentation

XenMobile Serviceの新機能

2018年6月11日

シトリックスは、XenMobile Serviceをご使用のお客様に、新機能と製品の更新をいち早くお届けするよう取り組んでいます。新しいリリースでは、より便利な機能をご利用いただけます。今すぐ更新してください。XenMobile Serviceリリースのローリング更新は、約2週間間隔で提供されます。

このプロセスは、お客様向けのわかりやすいものになっています。最初の更新は、Citrix内部サイトのみに適用され、その後徐々にお客様の環境に適用されます。段階的に更新することによって、製品の品質を確認し、最大限の可用性を実現しています。

XenMobile Serviceのお客様であれば、XenMobile Cloud運用チームからXenMobile Serviceの更新やメールなどを直接受け取ることができます。更新によって、新機能、既知の問題、解決された問題などについて、最新の情報を入手できます。

クラウドの規模とサービス可用性のサービスレベル目標について詳しくは、「サービスレベル目標」を参照してください。サービスの中断および定期メンテナンスを監視するには、Service Health Dashboardを参照してください。

注:

2018年第2四半期以降、新しいお客様はSymbianデバイスおよびWindows CEデバイスのサポートをご利用できなくなります。

XenMobile Service 10.18.9

XenMobileの最新バージョンには、次の新機能と拡張機能があります。

カスタム構成をCitrix Workspace Hubデバイスに展開する

XenMobileで、Citrix Workspace Hubデバイスへのカスタム構成のプッシュがサポートされるようになりました。1つ目のCitrix Workspace Hubデバイスを手動で構成したら、そのデバイスから構成ファイルをダウンロードし、XenMobileが他のすべてのデバイスに構成をプッシュするようにすることができます。

詳しくは、「カスタム構成をCitrix Workspace Hubデバイスに展開する」を参照してください。

新規展開でのENABLE_NETWORK_EXTENSIONデフォルト設定に関する変更点

XenMobile Service 10.18.9の新しい展開以降、XenMobileでは[ネットワーク拡張]クライアントプロパティ(ENABLE_NETWORK_EXTENSION)が無効になり、新しい展開では共有キーチェーンが有効になります。

Citrix Appsだけを展開する場合は、Network Extensionプロパティを有効にすることによる利点はありません。[ネットワーク拡張]プロパティを有効にするのは、エンタープライズラップされたアプリケーションを展開する場合のみです。Network Extensionでは、iOSの2つのアプリサイロ間でセキュリティデータを共有できます。ネットワーク拡張を無効にした場合、アプリが認証トークン、タイマー、PINの再試行などのコンポーネントを同期する必要があるときに、Secure Hubへの切り替えがより多く発生する可能性があります。

ネットワーク拡張を有効にしてSecure Hubのインストール時にApple Network Extensionフレームワークを有効にするには、[設定]>[クライアントプロパティ] に移動し、カスタムキー ENABLE_NETWORK_EXTENSION を追加して、1 に設定します。

新規インストールのデフォルト値は 0 です。この変更はアップグレードには影響しません。

XenMobile Service 10.18.9で解決された問題

MDX Serviceを使用してラップできないアプリがあります。[CXM-51045]

プロファイルの更新に失敗し、次の内容のメッセージが表示されます:プロファイル「MDM構成」を更新できませんでした。新しいモバイルデバイス管理エンティティは以前のエンティティと同じではありません。[CXM-52119]

XenMobile Serviceの新機能

In this article