Citrix Virtual Apps and Desktops

特殊キーボード

Bloombergキーボード

警告:

レジストリエディターの使用を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、シトリックスでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

Citrix Virtual Apps and Desktopsでは、Bloombergのモデル5、モデル4のStarboardキーボード(およびそれ以前のモデル3)がサポートされています。このキーボードを使用すると、金融分野の顧客は、キーボードの特殊機能を使用して金融市場データにアクセスし、取引を迅速に実行できます。

重要:

Bloombergキーボードは1つのセッションのみで使用することをお勧めします。複数の同時セッション(1つのクライアントからのマルチセッション)でこのキーボードを使用することはお勧めしません。

Bloombergキーボードは、1つの物理シェル内に次の複数のUSBデバイスを備える、USB複合デバイスです:

  • キーボード。
  • 指紋リーダー。
  • 音量を増減するためのキーおよびスピーカーとマイクをミュートするためのキーが付いているオーディオデバイス。このデバイスには、オンボードスピーカー、マイク、およびマイクとヘッドセット用のジャックが備わっています。
  • これらのすべてのデバイスをシステムに接続するためのUSBハブ。

要件:

  • Windows向けCitrix Workspaceアプリが接続するセッションで、USBデバイスがサポートされている必要があります。
  • Bloombergキーボードモデル5は、Windows向けCitrix Workspaceアプリ2109以降でサポートされています。
  • Bloombergキーボードモデル3および4は、Windows向けCitrix Workspaceアプリ1808以降およびCitrix Receiver for Windows 4.8以降でサポートされています。
  • モデル4のKVMモード(USBケーブル2本、1本はKVM経由)を使用するには、Windows向けCitrix Workspaceアプリ1808以降またはCitrix Receiver for Windows 4.12以降が必要です。

Windows向けCitrix WorkspaceアプリでのBloombergキーボードの構成について詳しくは、「Bloombergキーボードの構成」を参照してください。

Bloogbergキーボードのサポートを有効にするには、レジストリを介して管理される機能の一覧にある「Bloombergキーボード」を参照してください。

サポートを確認する:

BloombergキーボードのサポートがCitrix Workspaceアプリで有効になっているかどうかを確認するには、Desktop ViewerでBloombergキーボードのデバイスが正しく報告されているかどうかを確認します。

デスクトップの場合:

Desktop Viewerを開きます。Bloombergキーボードのサポートが有効になっている場合は、Desktop ViewerでUSBアイコンの下に次の3つのデバイスが表示されています:

Bloomberg5キーボードの場合:

  • Bloomberg LP Bloomberg Biometric Module
  • Bloomberg LP Keyboard(2つのインターフェイスを備えた複合デバイス)
  • Bloomberg LP Keyboard Audio(3つのインターフェイスを備えた複合デバイス)

Bloomberg3および4キーボードの場合:

  • Bloomberg Fingerprint Scanner
  • Bloomberg Keyboard Features
  • Bloomberg LP Keyboard 2013

シームレスアプリケーションのみの場合:

Citrix Workspaceアプリの通知領域アイコンから [コネクションセンター] メニューを開きます。Bloombergキーボードのサポートが有効になっている場合は、[デバイス]メニューに3つのデバイスが表示されています。

各デバイスに付いているチェックマークは、そのデバイスがそのセッションでリモートであることを示しています。

特殊キーボード