一般コンテンツリダイレクト

注:

製品名の変更についてはこちらをご覧ください。

コンテンツのリダイレクト機能では、ユーザーが特定の種類のコンテンツにアクセスするときに、公開アプリケーションを使うのか、ユーザーデバイス上のアプリケーションを使うのかを制御できます。

クライアントフォルダーのリダイレクト

クライアントフォルダーのリダイレクトは、クライアント側のファイルがホスト側のセッションのへアクセスする方法を変更します。サーバー上でクライアント側ドライブのマッピングのみを有効にすると、クライアントの側の全ボリュームがUNC(Universal Naming Convention)リンクとしてセッションに自動的にマップされます。管理者がサーバー上でクライアントフォルダーのリダイレクトを有効にして、ユーザーがそれをWindowsデスクトップデバイス上で構成すると、ユーザーが指定したローカルボリュームの一部がリダイレクトされます。

ホストからクライアントへのリダイレクト

一般的ではないユースケースでの、ホストからクライアントへのリダイレクト機能の使用を検討します。通常は、ほかのコンテンツリダイレクト機能を使用することをお勧めします。この種類のリダイレクト機能は、サーバーOSのVDAでのみサポートされ、デスクトップOSのVDAではサポートされません。

ローカルアプリケーションアクセスとURLリダイレクト

ローカルアプリケーションアクセスを有効にすると、ローカルにインストールされているWindowsアプリケーションが仮想デスクトップ環境にシームレスに統合されます。

HDXテクノロジは、特殊デバイスに次のような最適化されたサポートがないとき、または不適切なときに汎用USBリダイレクトを提供します。

一般コンテンツリダイレクト

In this article