Citrix Virtual Apps and Desktops

Microsoft System Center Configuration Manager環境

Microsoft System Center Configuration Manager(Configuration Manager)でアプリケーションやデスクトップへのアクセスを管理しているサイトでは、Configuration Managerの管理機能をCitrix Virtual Apps and Desktops環境まで拡張できます。以下のオプションを使用できます:

  • SCCMを使用したVDAのインストール
  • Configuration Managerのウェイクアッププロキシ機能: リモートPCアクセスのWake on LAN機能は、Configuration Managerでサポートされます。詳しくは、「Wake on LAN - SCCM統合」を参照してください。
  • Citrix Virtual Apps and Desktopsのプロパティ: プロパティ Citrix Virtual Apps and Desktopsのプロパティ設定により、Configuration Managerで管理するCitrix Virtual Desktopsを識別できるようになります。(Configuration Managerの一部のバージョンでは、Citrix Virtual Apps and Desktopsの旧称:XenAppおよびXenDesktopが使用されます。)

プロパティ

Microsoft System Center Configuration Managerでは仮想デスクトップを管理するためのプロパティを利用できます。

Configuration Managerに表示されるプロパティのブール値は、trueとfalseではなく10で表示されます。

プロパティは、名前空間Root\Citrix\DesktopInformationCitrix_virtualDesktopInfoクラスで使用できます。これらのプロパティの名前は、Windows Management Instrumentation(WMI)プロバイダーでのものです。

プロパティ 説明
AssignmentType IsAssignedの値を設定します。有効な値:ClientIPClientNameNoneUserIsAssignedTrueに設定)
BrokerSiteName HostIdentifierと同じ値を返します
DesktopCatalogName デスクトップに関連付けられたマシンカタログの名前です。
DesktopGroupName デスクトップに関連付けられたデリバリーグループの名前です。
HostIdentifier BrokerSiteNameと同じ値を返します。
IsAssigned デスクトップを各ユーザーに割り当てる場合はTrue、ランダムデスクトップの場合はFalseを設定します
IsMasterImage マスターイメージかどうかを指定します。たとえば、プロビジョニングされたマシンではなく、イメージにアプリケーションをインストールします。有効な値:イメージとして使用される仮想マシンではTrue。この値は、選択オプションに基づいてインストール時に設定されます。マスターイメージからプロビジョニングされる仮想マシンではClearedになります。
IsVirtualMachine 仮想マシンではTrue、物理マシンではfalseになります。
OSChangesPersist 再起動時にデスクトップのオペレーティングシステムイメージをクリーンな状態にリセットする場合はFalse、リセットしない場合はtrueになります。
PersistentDataLocation Configuration Managerが永続データを格納する場所です。ユーザーはアクセスできません。
BrokerSiteNameDesktopCatalogNameDesktopGroupNameHostIdentifier デスクトップがControllerに登録されるときに設定されます。完全には登録されていないデスクトップの場合はnullになります。

これらのプロパティを収集するには、Configuration Managerでハードウェアインベントリを実行します。プロパティを表示するには、Configuration Managerのリソースエクスプローラーを使用します。これらのインスタンスでは、名前にスペースが含まれたり、プロパティ名とわずかに違ったものになったりします。たとえば、BrokerSiteNameBroker Site Nameと表示されます。

  • Configuration Managerを構成してCitrix VDAからCitrix WMIプロパティを収集する。
  • Citrix WMIプロパティを使用してクエリベースのデバイスコレクションを作成する。
  • Citrix WMIプロパティに基づいてグローバル条件を作成する。
  • グローバル条件を使用してアプリケーションの展開の種類の要件を定義する。

また、MicrosoftクラスのCCM_DesktopMachineのMicrosoftプロパティを名前空間Root\ccm_vdiで使用することもできます。詳しくは、Microsoft社のドキュメントを参照してください。

Microsoft System Center Configuration Manager環境