XenServer仮想化環境

XenServerへの接続を作成する

XenServerへの接続の作成時には、VMパワー管理者以上の権限を持つアカウントの資格情報を指定する必要があります。

XenServerとの通信をHTTPSで保護することをお勧めします。HTTPSを使用するには、XenServerにインストールされているデフォルトのSSL証明書を置き換える必要があります(CTX128656を参照)。

高可用性機能で使用されるハイパーバイザーを選択することもできます(XenServerの高可用性が有効な場合)。プールマスターに障害が生じてもXenServerとの通信が中断されないように、([Edit High Availability]から)プール内のすべてのサーバーを選択することをお勧めします。

XenServerでvGPUがサポートされる場合は、GPUの種類およびグループ、またはGPUパススルーを選択することができます。選択した項目で専用のGPUリソースが使用可能かどうか画面に表示されます。

1つまたは複数のXenServerホスト上のローカルストレージを一時データストレージとして使用する場合は、プール内の各ストレージの場所に一意の名前が付いていることを確認してください。(XenCenterで名前を変更するには、ストレージを右クリックして名前のプロパティを編集します)。

XenServer接続でのIntelliCacheの使用

IntelliCacheを使用すると、共有ストレージとローカルストレージを組み合わせて使用できるようになり、VDI展開のコスト効率が向上します。これによってパフォーマンスが向上し、ネットワークトラフィックが減少します。この機能では、共有ストレージ上のマスターイメージがローカルストレージにキャッシュされ、共有ストレージでのデータ読み取りが減少します。共有デスクトップの場合、差分ディスクへの書き込みはホスト上のローカルストレージに書き込まれ、共有ストレージには書き込まれません。

  • IntelliCacheを使用する場合、共有ストレージはNFSである必要があります。
  • パフォーマンスを向上させるため、高パフォーマンスのローカルストレージデバイスを使用することをお勧めします。

IntelliCacheを使用するには、XenServerとStudioの両方でこの機能を有効にする必要があります。

  • XenServerのインストール時に [Enable thin provisioning (Optimized storage for XenDesktop)] を選択します。IntelliCacheが有効なサーバーと無効なサーバーを同一プールで混在させることはサポートされません。詳しくは、XenServerのドキュメントを参照してください。
  • Citrix Virtual Apps and Desktopsでは、IntelliCacheはデフォルトで無効になっています。この機能はXenServer接続の作成時にのみ有効にでき、これを後で無効にすることはできません。XenServer接続を追加する場合は、以下の手順に従います:
    • ストレージの種類として、[共有] を選択します。
    • [IntelliCacheを使用して共有ストレージデバイス上の負荷を軽減させる] チェックボックスをオンにします。

XenServer接続を使用してマシンカタログを作成する

GPU対応のマシンでは、専用のマスターイメージが必要です。これらの仮想マシンには、GPUをサポートするビデオカードドライバーが必要です。仮想マシンがGPUを使用して稼働するソフトウェアによって動作できるように、GPU対応のマシンを構成します。

  1. XenCenterを使用して、標準的なVGA、ネットワーク、およびvCPUを指定して仮想マシンを作成します。
  2. 作成した仮想マシンの構成を変更して、GPU機能(パススルーまたは仮想GPU)を有効にします。
  3. 仮想マシンに適切なオペレーティングシステムをインストールして、RDPを有効にします。
  4. XenServer ToolsとNVIDIAドライバーをインストールします。
  5. パフォーマンスを最適化するため、Virtual Network Computing(VNC)Admin Consoleをオフにして、仮想マシンを再起動します。
  6. RDPの使用を確認するメッセージが表示されます。RDPを使用してVDAをインストールし、仮想マシンを再起動します。
  7. 必要に応じて、仮想マシンのスナップショットを作成します。このスナップショットは、ほかのGPUマスターイメージのテンプレートとして使用できます。
  8. RDPを使用して、GPUを使用するアプリケーションを仮想マシンにインストールします。

詳細情報の表示