Citrix Virtual Apps and Desktops

サーバーVDI

サーバーVDI(Virtual Desktop Infrastructure)機能を使用すると、サーバーオペレーティングシステムからユーザーにデスクトップを配信できます。

  • エンタープライズ管理者は、エンジニアやデザイナーなどのユーザーにサーバーオペレーティングシステムをVDIデスクトップとして配信できます。
  • サービスプロバイダーは、デスクトップをクラウドから提供できます。これらのデスクトップは、Microsoft Services Provider License Agreement(SPLA)に準拠します。

サポート:

  • Citrix Virtual Apps and Desktops 7展開では、サーバーVDIはWindows Server 2019およびWindows Server 2016でサポートされています。
  • Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスの展開では、Windows Server 2019、Windows Server 2016、およびVirtual Desktops向けWindows 10 EnterpriseマルチセッションでサーバーVDIがサポートされています。
  • すべてのServer VDI展開では、ユーザー個人設定レイヤーテクノロジがサポートされています。
  • スキャナのようなTWAINデバイスと連携するサーバーVDIには、Windows Serverのデスクトップエクスペリエンス機能をインストールする必要があります。
  • サーバーVDIでは、次の機能を使用できません:

    • ホストされるアプリケーション
    • ローカルアプリアクセス
    • 直接(非仲介)デスクトップ接続
    • リモートPCアクセス

サーバーVDIのインストールと構成

  1. Windowsサーバーでのインストールの準備

    • Windowsサーバーマネージャーを使って、リモートデスクトップサービスの役割サービスがインストールされていないことを確認します。既にインストールされている場合は、それを削除します。これらの役割サービスがインストールされていると、VDAのインストールに失敗します。
    • [1ユーザーにつき1セッションに制限する] プロパティが有効であることを確認します。Windowsサーバー上で、ターミナルサーバー設定のレジストリを編集します:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\TerminalServer

      DWORD fSingleSessionPerUser = 1

  2. Citrix Virtual Apps and Desktopsインストーラーのコマンドラインインターフェイスで、「/quiet」および「/servervdi」オプションを指定して、VDAをサポート対象のサーバーまたはサーバーマスターイメージ上にインストールします。(デフォルトでインストーラーのグラフィカルユーザーインターフェイスでは、サーバーオペレーティングシステム上のWindows単一セッションOS対応VDAはブロックされます。コマンドラインを使用すると、この動作が無効になります)。次のいずれかのコマンドを使用します:

    • Citrix Virtual Apps and Desktops環境の場合:
      • XenDesktopVdaSetup.exe /quiet /servervdi
      • VDAWorkstationSetup.exe /quiet /servervdi
    • Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス環境の場合:
      • VDAWorkstationSetup.exe /quiet /servervdi

    その他のオプション:

    • /controllers」を使用して、Delivery ControllerまたはCloud Connectorを指定します。
    • ファイアウォールが手動で構成されていない限りは、「/enable_hdx_ports」を使用してファイアウォールのポートを開いてください。
    • イメージにVDAをインストールしており、MCSを使用してそのイメージからサーバー仮想マシンを作成する場合は、/mastermcsimage(または/masterimage)を使用します。
    • すべてのオプションの詳細については、「コマンドラインを使ったインストール」を参照してください。
  3. サーバーVDIのマシンカタログを作成します。カタログ作成ウィザードで次の操作を行います:

    • [オペレーティングシステム] ページで、[単一セッションOS] を選択します。
    • [概要] ページで、管理者がサーバーVDI用のマシンカタログを識別できるようにマシンカタログ名と説明を指定します。これは、StudioにおいてそのマシンカタログがサーバーVDI用であることを示す唯一のインジケーターになります。

    VDAはマルチセッションマシン上にインストールされていますが、Studioで検索すると、このサーバーVDIカタログは [単一セッションOSマシン] タブに表示されます。

  4. デリバリーグループを作成し、作成したサーバーVDIカタログを選択します。

VDAのインストール中にDelivery ControllerまたはCloud Connectorを指定しなかった場合、必ずあとから指定します。詳しくは、「VDA登録」を参照してください。

サーバーVDI