サイトの作成

サイトとは、Citrix Virtual Apps and Desktops展開に指定する名前のことです。サイトは、Delivery Controllerなどのコアコンポーネント、VDA(Virtual Delivery Agent)、ホストへの接続、およびマシンカタログやデリバリーグループで構成されます。コアコンポーネントをインストールしたら、最初のマシンカタログやデリバリーグループを作成する前に、サイトを作成します。

ControllerがServer Coreにインストールされている場合は、Citrix Virtual Apps and Desktops SDKのPowerShellコマンドレットを使用してサイトを作成します。

サイトを作成すると、Citrixのカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)に自動的に登録されます。CEIPでは、統計情報や使用状況が匿名で収集され、Citrixに送信されます。最初のデータパッケージは、サイトを作成してから約7日後にCitrixに送信されます。登録内容は、サイトの作成後いつでも変更できます。Studioのナビゲーションペインで [構成] を選択し、[製品サポート] タブでガイダンスに従って操作します。詳しくは、http://more.citrix.com/XD-CEIPを参照してください。

サイトを作成する管理者には、そのサイトのすべての管理タスクの実行権限が設定されます。詳しくは「管理権限の委任」を参照してください。

成り行きを予想できるように、この記事を確認してからサイトを作成してください。

手順1:Studioを開き、サイト作成ウィザードを開始します

Studioが起動していない場合は起動します。サイトの作成ウィザードを開始する手順が自動的に表示されます。その操作を選択します。

手順2:サイトの種類と名前

[はじめに] ページで、サイトの種類を選択します:

  • アプリケーションとデスクトップを配信するサイト。アプリケーションおよびデスクトップの配信サイトを作成する場合は、完全展開サイト(推奨)または空のサイトのいずれかを選択できます。空のサイトには一部の構成のみが含まれ、通常Citrix製品の管理に慣れた管理者がこのオプションを選択します。
  • リモートPCアクセスサイト。リモートPCアクセスサイトは、特定のユーザーにオフィスにある自分のコンピューターへのセキュアなリモートアクセスを提供します。

ここでアプリケーションとデスクトップを配信するサイトを作成しても、リモートPCアクセス展開を後で追加できます。また、ここでリモートPCアクセス展開を選択しても、完全展開を後で追加できます。

サイトの名前を入力します。サイトを作成すると、その名前がStudioのナビゲーションペインの上部に表示されます:Citrix Studioサイト名)。

手順3:データベース

[データベース] ページには、サイト、監視、および構成ログの各データベースを設定するための選択肢が含まれています。データベースセットアップでの選択肢および要件について詳しくは、「データベース」を参照してください。

サイトのデータベースとして使用する目的でSQL Server Expressをインストールするように選択した場合(これはデフォルト設定です)、このソフトウェアのインストール後に再起動が行われます。SQL Server Expressソフトウェアをサイトのデータベースとしてインストールしない場合、再起動は行われません。

デフォルトのSQL Server Expressを使用しない場合は、サイトを作成する前に、マシンにSQL Serverソフトウェアがインストールされていることを確認してください。サポートされるバージョンについては、「システム要件」を参照してください。

サイトにDelivery Controllerを追加する必要があり、Controllerソフトウェアが別のサーバーに既にインストールされている場合、このページからこれらのControllerを追加できます。また、データベースをセットアップするスクリプトを生成する予定の場合には、スクリプトを生成する前にControllerを追加します。

手順4:ライセンス

[ライセンス] ページで、既存のライセンスを使用するか、ライセンスファイルを後から追加できる30日間無料のお試し版を使用するかを指定します。サイトの作成ウィザード内で、ライセンスファイルをダウンロードしたりライセンスサーバーに追加したりできます。詳しくは、Citrixライセンスのドキュメントを参照してください。

ライセンスサーバーのアドレスを、名前:[ポート]という形式で指定します。名前はFQDN、NetBIOS、またはIPアドレスにする必要があります。推奨はFQDNです。ポート番号(<port>)を入力しない場合は、デフォルトの27000が使用されます。

[接続] をクリックします。ライセンスサーバーに接続されるまでは、次のページに進めません。

手順5:電源管理(リモートPCアクセスのみ)

手順8を参照してください。リモートPCアクセス

手順6:ホスト接続、ネットワーク、およびストレージ

ハイパーバイザーまたはクラウドサービスで仮想マシンを使用してアプリケーションおよびデスクトップを提供する場合、必要に応じて、ホストへの最初の接続を作成できます。その接続のストレージリソースとネットワークリソースも指定できます。サイトの作成後、この接続やリソースを変更したり、追加の接続を作成したりできます。詳しくは、「接続とリソース」を参照してください。

  • [接続] ページで指定する情報については、「接続とリソース」を参照してください。

    • ハイパーバイザーまたはクラウドサービスで仮想マシンを使用している場合(またはStudioを使用して専用ブレードPC上でデスクトップを管理する場合)には、接続の種類として [なし] を選択します。

    • リモートPCアクセスサイトを構成しており、Wake on LAN機能を使用する予定の場合、[Microsoft System Center Configuration Manager] を選択します。

    接続の種類に加え、仮想マシンの作成でCitrixのツール(Machine Creation Servicesなど)を使用するか、その他のツールを使用するかも指定します。

  • [ストレージ] および [ネットワーク] ページで指定された情報については、「ホストストレージ」、「ストレージ管理」、「ストレージの選択」を参照してください。

手順7:追加の機能

[追加機能] ページで、サイトをカスタマイズする機能を選択できます。情報の入力が必要な項目のチェックボックスをオンにすると、構成ボックスが開きます。

  • AppDNA統合:(この機能は廃止されました)AppDiskを使用していて、AppDNAがインストールされている場合。AppDNA統合では、AppDisk内のアプリケーションを分析できます。互換性の問題を確認し、それらの問題を解決するための修復アクションを実施できます。

  • App-V公開: App-Vサーバー上のMicrosoft App-Vパッケージのアプリケーションを使用する場合は、この機能を選択します。App-V管理サーバーのURLと、App-V公開サーバーのURLおよびポート番号を入力します。

    ネットワーク共有上にあるApp-Vパッケージのアプリケーションのみを使用する場合は、この機能を選択する必要はありません。

    この機能は、後でStudioから有効/無効にする、または構成することもできます。詳しくは、App-Vを参照してください。

手順8:リモートPCアクセス

リモートPCアクセス展開について詳しくは、「リモートPCアクセス」を参照してください。

Wake on LAN機能を使用している場合、サイトを作成する前にMicrosoft System Center Configuration Managerの構成手順を実行します。詳しくは、「Configuration ManagerとリモートPCアクセスのWake on LAN」を参照してください。

リモートPCアクセスサイトを作成する場合:

  • Wake on LAN機能を使用している場合、Microsoft System Center Configuration Managerのアドレス、資格情報、および接続情報を [電源管理] ページで指定します。
  • [ユーザー] ページで、ユーザーまたはユーザーグループを指定します。すべてのユーザーを自動的に追加するためのデフォルトの機能はありません。また、[マシンアカウント] ページでマシンアカウント(ドメインおよびOU)情報も指定します。

    ユーザー情報を追加するには、[ユーザーの追加] をクリックします。ユーザーとユーザーグループを選択し、[ユーザーの追加] をクリックします。

    マシンアカウント情報を追加するには、[マシンアカウントの追加] をクリックします。マシンアカウントを選択し、[マシンアカウントの追加] をクリックします。[OUの追加] をクリックします。ドメインおよび組織単位を選択して、サブフォルダー内の項目を含めるかどうかを指定します。[OUの追加] をクリックします。

「リモートPCユーザーマシンアカウント」という名前のマシンカタログが自動的に作成されます。このカタログには、サイトの作成ウィザードで追加したすべてのマシンアカウントが含まれています。「リモートPCユーザーデスクトップ」という名前のデリバリーグループが、自動的に作成されます。このグループには、追加したすべてのユーザーおよびユーザーグループが含まれています。

手順9:概要

[概要] ページに、指定した情報が一覧表示されます。内容を変更する場合は、[戻る] をクリックします。終了したら、[作成] をクリックするとサイト作成が開始されます。

サイト構成のテスト

サイトの作成後にテストを実行するには、ナビゲーションペインの上部で [Citrix Studio(サイトサイト名]を選択します。中央のペインで、[サイトのテスト] をクリックします。テスト結果は、HTML形式のレポートで確認できます。

Windows Server 2016にインストールされたControllerでは、サイトのテスト機能がエラーになる場合があります。サイトデータベースにローカルのSQL Server Expressが使用され、SQL Server Browserサービスが開始されていない場合にエラーが発生します。このエラーを回避するには、以下のタスクを行います。

  1. (必要に応じて)SQL Server Browserサービスを有効にして開始する。
  2. SQL Server(SQLEXPRESS)サービスを再開始します。

以前の展開をアップグレードすると、サイトのテストが自動的に実行されます。詳しくは、「事前サイトテスト」を参照してください。

トラブルシューティング

サイトを成したら、Studioをインストールし、MMCを介してスナップインとしてリモートマシンに追加します。そのスナップインを後に削除しようとすると、MMCの応答が停止する場合があります。この問題が発生した場合は、MMCを再起動してください。