Citrix Virtual Apps and Desktops

IPv4/IPv6サポート

このリリースでは、IPv4のみまたはIPv6のみ(ピュアIPv4またはピュアIPv6)の環境がサポートされ、重複するIPv4とIPv6のネットワークを使用した「デュアルスタック」環境がサポートされます。

次のコンポーネントはIPv4のみをサポートします。その他はすべてIPv4とIPv6をサポートしています。

  • Citrix Provisioning
  • Citrix Hypervisor
  • [IPv6 Controller登録のみを使用する] ポリシー設定が設定されていないVirtual Delivery Agent(VDA)

IPv6通信は、VDA接続関連の2つのCitrixポリシー設定で制御されます。

  • IPv6を強制的に使用するプライマリ設定: IPv6 Controller登録のみを使用する。

    このポリシー設定では、Delivery Controllerへの登録時にVDAで使用されるアドレスの形式を指定します。

    有効にすると、VDAがControllerに対して登録および通信を行うときに、グローバルIPアドレス、ユニークローカルアドレス(ULA)、リンクローカルアドレス(ほかのIPv6アドレスを使用できない場合のみ)の順で単一のIPv6アドレスが選択されます。

    この設定が無効な場合、そのマシンのIPv4アドレスを使用してVDAがControllerと登録および通信を行います。これがデフォルト値です。

    チームがIPv6ネットワークを頻繁に使用する場合は、[IPv6 Controller登録のみを使用する] ポリシー設定が有効になっているイメージまたは組織単位(OU)に基づいて、それらのユーザーのデスクトップとアプリケーションを公開します。

    チームがIPv4ネットワークを頻繁に使用する場合は、[IPv6 Controller登録のみを使用する] ポリシー設定が無効になっているイメージまたはOUに基づいて、それらのユーザーのデスクトップとアプリケーションを公開します。

  • IPv6ネットマスクを定義する従属設定: コントローラー登録のIPv6ネットマスク。

    各マシンに複数のIPv6アドレスを設定できます。このポリシー設定では、VDAで使用されるサブネットを指定できます。この場合、グローバルIPは使用されません。この設定では、VDAが登録されるネットワークを指定します。VDAは、指定されたネットマスクに最初にマッチしたアドレスでのみ登録されます。

    この設定を使用する場合は、*[IPv6 Controller登録のみを使用する] ポリシー設定を有効にする必要があります。デフォルトでは空文字が設定されています。

展開に関する考慮事項

環境内にIPv4とIPv6の両方のネットワークがある場合、IPv4のみのクライアントとIPv6ネットワークにアクセスできるクライアントに対して、別個のデリバリーグループ構成を作成します。ユーザーを区別するために、名前付け、手動Active Directoryグループ割り当て、またはSmartAccessフィルターの使用を検討してください。

IPv6ネットワークで接続されたセッションにIPv4アクセスのみのクライアントから再接続する場合、再接続に失敗することがあります。

IPv4/IPv6サポート