SDKおよびAPI

このリリースでは、複数のSDKおよびAPIを使用できます。詳しくは、開発者用のドキュメントを参照してください。そこから以下についてのプログラミングのための情報にアクセスできます。

  • Delivery Controller
  • Monitor Service OData
  • StoreFront

Citrix Group Policy SDKにより、グループポリシーの設定およびフィルターを表示して構成できます。PowerShellプロバイダーを使用して、マシン、ユーザー設定、およびフィルターに対応する仮想ドライブを作成します。このプロバイダーは、New-PSDriveに対する拡張として表示されます。Group Policy SDKを使用するには、StudioまたはCitrix Virtual AppsおよびDesktops SDKのいずれかをインストールする必要があります。詳しくは、「グループポリシーSDK」を参照してください。

Delivery Controller SDK

このSDKは、Delivery ControllerまたはStudioと一緒にインストールされる多くのPowerShellスナップインで構成されています。

権限:シェルまたはスクリプトを実行するには、Citrix管理者の権限が必要です。Controllerのローカル管理者グループのメンバーには、Citrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Desktopsのインストールに必要な完全な管理権限が自動的に付与されますが、ローカル管理者アカウントを使うのではなく、適切な権限を持つCitrix管理者を作成することをお勧めします。

コマンドレットにアクセスして実行するには:

  1. PowerShellのシェルを開きます。Studioを開き、[PowerShell] タブを選択して [PowerShellの起動] をクリックします。
  2. スクリプト内でSDKコマンドレットを使用するには、PowerShell実行ポリシーを設定する必要があります。PowerShell実行ポリシーについて詳しくは、Microsoft社のドキュメントを参照してください。
  3. Windows PowerShellコンソールでAdd -PSSnapinコマンドレットを使って、必要なスナップインをPowerShell環境に追加します。

    V1とV2は、スナップインのバージョンを示します。XenDesktop 5スナップインはバージョン1です。Citrix Virtual AppsおよびDesktops、およびそれ以前のXenDesktop 7バージョンのスナップインはバージョン2です。たとえば、Citrix Virtual AppsおよびDesktopsスナップインをインストールするには、「Add-PSSnapin Citrix.ADIdentity.Admin.V2」と入力します。すべてのコマンドレットをインポートするには、次のように入力します: Add-PSSnapin Citrix.*.Admin.V*

スナップインを追加した後、コマンドレットおよび関連ヘルプにアクセスできるようになります。

最新のCitrix Virtual AppsおよびDesktops PowerShellコマンドレットヘルプを確認するには、次の手順に従います:

  1. PowerShellコンソールからCitrixスナップイン:Add –PSSnapin Citrix.*.Admin.V*
  2. PowerShell Integrated Scripting Environment(ISE)」の手順に従ってください。

グループポリシーSDK

Group Policy SDKを使用するには、StudioまたはCitrix Virtual AppsおよびDesktops SDKのいずれかをインストールする必要があります。

グループポリシーSDKを追加するには、「Add-PSSnapin citrix.common.grouppolicy」と入力します。(ヘルプにアクセスするには、次を入力します:help New-PSDrive -path localgpo:/

仮想ドライブを作成して設定を読み込むには、New-PSDrive <Standard Parameters> [-PSProvider] CitrixGroupPolicy -Controller <string>を実行します。ここで、<string>は接続して設定を読み込むサイトのControllerの完全修飾ドメイン名です。

Monitor Service OData

Monitor APIを使用すると、OData APIのバージョン3または4を使用してMonitor Serviceデータにアクセスできます。Monitor Serviceデータからクエリされたデータに基づいて、カスタマイズした監視ダッシュボードおよびレポートダッシュボードを作成できます。OData V.4は、ASP.NET Web APIに基づいており、アグリゲーションクエリをサポートしています。詳しくは、「Monitor Service OData API」を参照してください。

SDKおよびAPI