グラフィック

注:

製品名の変更についてはこちらをご覧ください。

Citrix HDXグラフィックは広範囲な一連のグラフィックアクセラレーションと、Citrix Virtual AppsおよびDesktopsからのリッチグラフィックアプリケーションの配信を最適化するエンコード技術を備えています。このグラフィック技術は、グラフィックを多用する仮想アプリケーションをリモートで使用する際に、物理デスクトップを使う場合と同じ操作性を提供します。

グラフィックにはハードウェアまたはソフトウェアレンダリングが使用できます。ソフトウェアレンダリングには、ソフトウェアラスタライザーと呼ばれるサードパーティのライブラリが必要です。たとえば、WindowsにはDirectXベースのグラフィックのためのWARPラスタライザーが含まれています。他のソフトウェアレンダラーを使うことも可能です。ハードウェアレンダリング(ハードウェアアクセラレーション)にはグラフィックプロセッサ(GPU)が必要です。

HDXグラフィックは、一般的なユースケースのほとんどの場合に最適化された、デフォルトのエンコーディング構成を備えています。Citrixポリシーを使用すると、IT管理者は異なる要件を満たすさまざまなグラフィック関連の設定を構成し、望ましいユーザーエクスペリエンスを実現することもできます。

Thinwire

Thinwireとは、Citrix Virtual Apps and Desktopsで使用される、Citrixのデフォルトのディスプレイリモートテクノロジです。

ディスプレイリモートテクノロジを使用すると、あるマシンで生成されたグラフィックが、通常はネットワークを経由して、別のマシンに転送され、表示されます。グラフィックは、ユーザー入力(たとえば、キー入力やマウス操作)の結果として生成されます。

HDX 3D Pro

Citrix Virtual AppsおよびDesktopsのHDX 3D Pro機能を使用すると、ハードウェアアクセラレーションにグラフィック処理装置(GPU)を使用して最高の性能を発揮するデスクトップとアプリケーションを配信できます。たとえば、OpenGLやDirectXを使用する3Dプロフェッショナルグラフィックアプリケーションでこの機能を使用します。標準VDAでは、DirectXのGPUアクセラレーションのみがサポートされます。

WindowsデスクトップOSのためのGPUアクセラレーション

HDX 3D Proを使用することで、グラフィックアプリケーションを仮想デスクトップ上で提供したりデスクトップOSマシン上のアプリケーションとして配信したりできます。HDX 3D Proは、物理コンピューター(デスクトップ、ブレード、およびラックワークステーションなど)と、XenServer、vSphere、およびHyper-V(パススルーのみ)ハイパーバイザーが提供するGPUパススルーおよびGPU仮想化技術をサポートします。

GPUパススルー機能を使用すると、グラフィック処理ハードウェアに排他的にアクセスする仮想マシンを作成できます。ハイパーバイザーに複数のGPUを装着して、各仮想マシンにGPUを1つずつ割り当てることができます。

GPU仮想化を使用すると、複数の仮想マシンで単一の物理GPUによるグラフィック処理能力に直接アクセスできるようになります。

WindowsサーバーOSのためのGPUアクセラレーション

HDX 3D Pro機能により、WindowsサーバーOSのセッションで実行しているグラフィック処理アプリケーションで、サーバー上のGPU(Graphics Processing Unit)リソースを使用できるようになります。OpenGL、DirectX、Direct3D、およびWindows Presentation Foundation(WPF)の処理をサーバーのGPUに移すことで、グラフィック処理によりサーバーのCPU速度が低下することを回避できます。また、ワークロードがCPUとGPUで分担されるため、サーバーでより多くのグラフィック処理が可能になります。

Framehawk

Framehawkは、ブロードバンドワイヤレス接続(Wi-Fiおよび4G/LTEセルラーネットワーク)でのモバイルワーカー向けディスプレイリモートテクノロジです。Framehawkはスペクトル干渉や 多重伝搬による課題を克服し、仮想アプリおよびデスクトップのユーザーに、滑らかで対話的なユーザーエクスペリエンスを提供しています。

テキストベースのセッションウォーターマーク

テキストベースのセッションウォーターマークは、データ盗難を防止し、追跡できるようにするために役立ちます。この情報は追跡可能であり、セッションデスクトップに表示されることで、データを盗むために写真やスクリーンキャプチャを使用する場合の抑止力になります。テキストのレイヤーであるウォーターマークは自分で指定できます。ウォーターマークは元のドキュメントのコンテンツを変更することなく、セッション画面全体に表示されます。テキストベースのセッションウォーターマークには、VDAサポートが必要です。

関連情報

グラフィック

In this article