Citrix Virtual Apps and Desktops

Nutanix仮想化環境

Citrix Virtual Apps and Desktops環境でNutanix Acropolisを使用して仮想マシンを提供する場合は、以下のガイダンスに従ってください。セットアップ処理には、次のタスクが含まれます。

  • Citrix Virtual Apps and Desktops環境にNutanixプラグインをインストールして登録する。
  • Nutanix Acropolisハイパーバイザーとの接続を作成する。
  • Nutanixハイパーバイザーで作成したマスターイメージのスナップショットを使用するマシンカタログを作成する。

詳しくは、Nutanixサポートポータルにある『Nutanix Acropolis MCS plug-in Installation Guide』を参照してください。

Nutanixプラグインのインストールと登録

次の手順に従って、すべてのDelivery ControllerにNutanixプラグインをインストールして登録します。Citrix Studioを使用して、Nutanixへの接続を作成します。次に、Nutanix環境で作成したマスターイメージのスナップショットを使用するマシンカタログを作成します。

ヒント:

Nutanixプラグインをインストールまたは更新するときは、Citrix Host Service、Citrix Broker Service、およびMachine Creation Serviceを停止してから再起動することをお勧めします。

Nutanixプラグインのインストールについて詳しくは、Nutanixのドキュメントサイトを参照してください。

Nutanixとの接続の作成

以下の情報は、「接続とリソース」のガイダンスを補足するものです。Nutanix接続を作成するときは、Nutanixに固有の詳細に注意しながら、その記事の一般的なガイダンスに従ってください。

接続とリソースの追加ウィザードの [接続] ページで、接続の種類として[Nutanix]を選択し、アドレスと資格情報、接続の名前を指定します。[ネットワーク] ページで、ホスティングユニットのネットワークを選択します。

選択できる接続の種類は次のとおりです:Nutanix AHVNutanix AHV XiNutanix AHV PC

  • Nutanix AHVの場合、Prism Element(PE)クラスターのアドレスと資格情報を指定します。

  • Nutanix AHV PCの場合、Prism Central(PC)のアドレスと資格情報を指定します。

  • Nutanix Xiの場合、Xiテナントのアドレスとユーザー名を指定します。プライベートおよびパブリックのNutanix Xi資格情報ファイル(.pem)をインポートします。

ヒント:

Nutanix AHV(Prism Element)をリソースとして使用してマシンを展開する場合は、VMのディスクが存在するコンテナを選択します。

Nutanixスナップショットを使用するマシンカタログの作成

以下の情報は、「マシンカタログの作成」のガイダンスを補完する情報です。カタログを作成するには、Nutanixに固有の詳細に注意しながら、その記事の一般的なガイダンスに従ってください。

選択したスナップショットは、カタログの仮想マシンの作成に使用されるテンプレートです。カタログを作成する前に、Nutanixでイメージとスナップショットを作成してください。詳しくは、Nutanixドキュメントを参照してください。

カタログ作成ウィザードで次の操作を行います:

  • [オペレーティングシステム] ページと [マシン管理] ページには、Nutanix固有の情報は含まれていません。

  • [コンテナ] または [クラスターとコンテナ] ページは、Nutanixに固有のものです。

    Nutanix AHV XIをリソースとして使用してマシンを展開すると、[コンテナ] ページが表示されます。VMのIDディスクを格納するコンテナを選択します。

    Nutanix AHV Prism Central(PC)をリソースとして使用してマシンを展開すると、[クラスターとコンテナ] ページが表示されます。VMの展開に使用するクラスターを選択してから、コンテナを選択します。

  • [マスターイメージ]ページで、イメージのスナップショットを選択します。Citrix Virtual Apps and Desktopsで使用するAcropolisのスナップショット名は、「XD_」で始める必要があります。必要に応じて、Acropolisコンソールを使用してスナップショットの名前を変更します。スナップショットの名前を変更した場合は、カタログ作成ウィザードを再起動して、最新の一覧を表示します。

  • [仮想マシン] ページで、仮想CPUの数と仮想CPUあたりのコア数を指定します。

  • [ネットワークカード] ページで、NIC(ネットワークインターフェイスカード)の種類を選択して、関連するネットワークをフィルタリングします。NICには、[VLAN][OVERLAY] の2種類があります。マスターイメージに含まれる1つまたは複数のNICを選択してから、NICごとに関連付けられた仮想ネットワークを選択します。

  • [マシンID] ページ、[ドメイン資格情報] ページ、[スコープ] ページ、および [概要] ページには、Nutanixに固有の情報は含まれていません。

Nutanix仮想化環境