VDAのインストール

注:

製品名の変更についてはこちらをご覧ください。

Windowsマシン用には2種類のVDAがあります。VDA for Server OSとVDA for Desktop OSです(Linuxマシン用のVDAについては、「Linux Virtual Delivery Agent」を参照してください)。

重要:

インストールを始める前に、「インストールの準備」を確認してください。たとえば、マシンに最新のWindows更新プログラムが必要です。必要な更新プログラム(KB2919355など)がない場合は、インストールに失敗します。

VDAをインストールする前に、コアコンポーネントをインストールしておく必要があります。VDAをインストールする前にサイトを作成することもできます。

この記事では、VDAをインストールする場合のインストールウィザードの手順を説明します。同等の機能を持つコマンドラインが用意されています。詳しくは、「コマンドラインを使ったインストール」を参照してください。

手順1:製品ソフトウェアをダウンロードしてウィザードを起動する

全製品インストーラーを使用する場合:

  1. まだ製品ISOをダウンロードしていない場合:
    • Citrixアカウント資格情報を使用して、Citrix Virtual Apps and Desktopsのダウンロードページにアクセスします。製品のISOファイルをダウンロードします。
    • ファイルを解凍します。必要な場合は、ISOファイルからDVDを作成します。
  2. VDAをインストールするイメージまたはマシン上で、ローカル管理者アカウントを使用します。DVDをドライブに挿入するか、ISOファイルをマウントします。インストーラが自動的に起動しない場合は、AutoSelect アプリケーションまたはマウントされたドライブをダブルクリックします。

    インストールウィザードが起動します。

スタンドアロンパッケージを使用する場合:

  1. Citrixアカウント資格情報を使用して、Citrix Virtual Apps and Desktopsのダウンロードページにアクセスします。適切なパッケージをダウンロードします:
    • VDAServerSetup.exe:サーバーOS VDA バージョン
    • VDAWorkstationSetup.exe:デスクトップOS VDA バージョン
    • VDAWorkstationCoreSetup.exe:デスクトップOS用Core Services VDA バージョン
  2. このパッケージを右クリックして、[管理者として実行] を選択します。

    インストールウィザードが起動します。

手順2:インストールする製品を選択する

コンポーネントインストーラーのインストールする製品のページ

インストールする製品(Citrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Desktops)の隣にある [開始] をクリックします。(マシンにCitrix Virtual AppsコンポーネントまたはCitrix Virtual Desktopsコンポーネントが既にインストールされている場合、このページは表示されません。)

コマンドラインオプション:Citrix Virtual Appsをインストールする場合は/xenapp。このオプションを省略するとCitrix Virtual Desktopsがインストールされます。

手順3:VDAを選択する

コンポーネントインストーラーのコンポーネント選択ページ

Virtual Delivery Agentエントリを選択します。インストーラーはデスクトップOSとサーバーOSのいずれの上で実行されているかを認識しているので、適切な種類のVDAのみが提示されます。

たとえば、Windows 10マシンでインストーラーを実行すると、VDA for Desktop OSのオプションが利用可能になります。VDA for Server OSのオプションは提示されません。

このバージョンのCitrix Virtual Apps and DesktopsでサポートされていないOSでWindows VDAをインストール(またはアップグレード)しようとすると、メッセージが表示され、選択肢についての説明が示されます。

手順4:VDAの使用方法を指定する

VDAインストーラの[環境]ページ

[環境] ページで、VDAの使用方法、つまり別のマシンのプロビジョニングでこのマシンをマスターイメージとして使用するかどうかを選択します。 選択したオプションによって、自動インストールされるCitrixプロビジョニングツール(該当する場合)と、VDAインストーラーの[追加コンポーネント]ページのデフォルト値が決まります。 VDAをインストールすると、複数のMSI(プロビジョニング用など)が自動的にインストールされます。これらがインストールされないようにするには、コマンドラインで/excludeオプションを付けてインストールを行ってください。

次のいずれかのオプションを選択します:

  • マスターMCSイメージを作成する: 仮想マシンのプロビジョニングにMachine Creation Servicesを使用する場合は、このオプションを選択肢てVMマスターイメージにVDAをインストールします。これがデフォルトのオプションです。コマンドラインオプション:/mastermcsimageまたは/masterimage
  • Citrix Provisioningまたはサードパーティのプロビジョニングツールを使用してマスターイメージを作成する: 仮想マシンのプロビジョニングにCitrix Provisioningまたはサードパーティのプロビジョニングツール(Microsoft System Center Configuration Managerなど)を使用する場合は、このオプションを選択してVMマスターイメージにVDAをインストールします。コマンドラインオプション:/masterpvsimage
  • (サーバーOSマシンでのみ表示) サーバーへの仲介接続を有効にする: 別のマシンのプロビジョニングにマスターイメージとして使用しない物理マシンまたは仮想マシンにVDAをインストールするには、このオプションを選択します。コマンドラインオプション:/remotepc
  • (デスクトップOSマシンでのみ表示) リモートPCアクセスを有効にする: リモートPCアクセスで使用する物理マシンにVDAをインストールするには、このオプションを選択します。コマンドラインオプション:/remotepc

[次へ] をクリックします。

次の場合、このページは表示されません:

  • VDAのアップグレード時
  • VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーの使用時

手順5:インストールするコンポーネントおよびインストール場所を選択する

VDAインストーラの[コアコンポーネント]ページ

[コアコンポーネント]ページで次の作業を行います:

  • 場所: デフォルトでは、C:\Program Files\Citrixに各コンポーネントがインストールされます。ほとんどの展開ではデフォルトで十分です。別の場所を指定する場合は、Network Serviceアカウントでの実行権限が必要です。
  • コンポーネント: デフォルトでは、Windows向けCitrix WorkspaceアプリはVDAとともにインストールされません。VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用する場合、Windows向けCitrix Workspaceアプリはインストールされないため、このチェックボックスは表示されません。

[次へ] をクリックします。

コマンドラインオプション:/installdir。VDAおよびWindows向けCitrix Workspaceアプリをインストールする場合は「/components vda plugin」。

手順6:追加コンポーネントのインストール

VDAインストーラの[追加コンポーネント]ページ

[追加コンポーネント] ページには、VDAとともにほかの機能やテクノロジをインストールするかどうかを指定するチェックボックスがあります。コマンドラインインストールでは、/excludeオプションまたは/includeadditionalオプションを指定して、使用可能なコンポーネントを1つまたは複数明示的に除外またはインストールすることができます。

次の表に、このページの項目のデフォルト設定を示します。デフォルトの設定は、[環境] ページで選択したオプションによって異なります。

[追加コンポーネント]ページ [環境]ページ:[マスターMCSイメージを作成する]または[Citrix Provisioningまたはサードパーティの…]を選択 [環境ページ]:[サーバーへの仲介接続を有効にする](サーバーOS用)または[リモートPCアクセスを有効にする](デスクトップOS用)を選択
Citrix Personalization for App-V 未選択 未選択
Citrix AppDiskまたはPersonal vDisk 未選択 このユースケースでは無効なため表示されません。
Citrix Supportability Tools 選択済み 未選択
Citrix User Profile Manager 選択済み 未選択
Citrix User Profile Manager WMI Plugin 選択済み 未選択
Citrix Files for Windows 未選択 未選択

次の場合、このページは表示されません。

  • VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用している。また、追加コンポーネント用のコマンドラインオプションはこのインストーラーでは無効です。
  • VDAをアップグレードしており、追加コンポーネントが既にすべてインストールされている。(追加コンポーネントのいくつかが既にインストールされている場合、このページにはインストールされていないものだけが表示されます。)

次のチェックボックスをオンまたはオフにします:

  • Citrix Personalization for App-V: Microsoft App-Vパッケージのアプリケーションを使用する場合、このコンポーネントをインストールします。詳しくは、「App-V」を参照してください。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Citrix Personalization for App-V – VDA”、インストールしない場合は/exclude “Citrix Personalization for App-V – VDA”

  • Citrix AppDisk/Personal vDisk: これらのテクノロジは推奨されません。仮想マシン上にVDA for Desktop OSをインストールする場合にのみ有効です。AppDiskおよびPersonal vDiskに使用されるコンポーネントがインストールされます。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Personal vDisk”、インストールしない場合は/exclude “Personal vDisk”

  • Citrixサポートツール Citrixサポートツール(Citrix Health Assistantなど)を含むMSIをインストールします。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Citrix Supportability Tools”、インストールしない場合は/exclude “Citrix Supportability Tools”

  • Citrix User Profile Manager: このコンポーネントは、ユーザープロファイル内のユーザーの個人設定を管理します。詳しくは、「Profile Management」を参照してください。

    インストールからCitrix Profile Managementを除くと、Citrix Directorを使ったVDAの監視やトラブルシューティングに影響があります。[ユーザーの詳細]ページの[個人設定]パネル、および[EndPoint]ページの[ログオン処理時間]パネルに不具合が発生します。[ダッシュボード]ページと[傾向]ページでは、Profile Managementがインストールされているマシンについてのデータしか[平均ログオン処理時間]パネルに表示されません。

    サードパーティのユーザープロファイル管理ソリューションを使用している場合でも、Citrix Profile Managementサービスをインストールして実行することをお勧めします。Citrix Profile Managementサービスの有効化は、必須ではありません。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Citrix User Profile Manager”、インストールしない場合は/exclude “Citrix User Profile Manager”

  • Citrix User Profile Manager WMI Plugin: このプラグインは、プロファイルプロバイダー、プロファイルの種類、サイズ、ディスク使用などのProfile Managementランタイム情報を、WMI(Windows Management Instrumentation)オブジェクトに格納して提供します。WMIオブジェクトは、Directorにセッション情報を提供します。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Citrix User Profile Manager WMI Plugin”、インストールしない場合は/exclude “Citrix User Profile Manager WMI Plugin”

  • Citrix Files for Windows: このコンポーネントを使用すると、ユーザーは自分のCitrix Filesアカウントに接続できるようになります。これにより、コンテンツの完全同期を行わなくても、Windowsファイルシステムのマッピング済みドライブからCitrix Filesにアクセスできるようになります。

    コマンドラインオプション:インストールする場合は/includeadditional “Citrix Files for Windows”、インストールしない場合は/exclude “Citrix Files for Windows”

手順7:Delivery Controllerアドレス

VDAインストーラーの[Delivery Controller]ページ

[Delivery Controller] ページで、インストール済みのControllerのアドレスを入力する方法を選択しますVDAのインストール時に、アドレスを指定することをお勧めします([手動で指定する])。VDAは、この情報がないとControllerに登録できません。VDAが登録されない場合、ユーザーはそのVDA上のアプリケーションやデスクトップにアクセスできません。

  • 手動で指定する:(デフォルト):インストールされているControllerのFQDNを入力し、[追加] をクリックします。追加のControllerをインストールした場合は、アドレスを追加します。
  • 後で実行(上級): このオプションを選択すると、ウィザードは、続行する前に、選択を確認するよう求めてきます。後でアドレスを指定する場合は、インストーラーを再実行するか、Citrixグループポリシーを使用することができます。ウィザードは、[概要] ページでも確認を求めます。
  • Active Directory から場所を選択する: マシンがドメインに参加していて、ユーザーがドメインユーザーである場合にのみ有効です。
  • Machine Creation Servicesで自動的に指定する: MCSを使用してマシンをプロビジョニングする場合のみ有効です。

[次へ] をクリックします。[後で実行 (上級)]を選択した場合、後でコントローラーのアドレスを指定することを確認するメッセージが表示されます。

そのほかの考慮事項:

  • アドレスに使用できるのは、英数字のみです。
  • VDAのインストールおよびグループポリシーでアドレスを指定すると、インストール中に行われた設定がポリシーの設定によって上書きされます。
  • VDA登録を行うには、Controllerを使用した通信に使用されるファイアウォールポートが開いている必要があります。デフォルトでは、ウィザードの [ファイアウォール] ページでこのポートの開放が有効化されています。
  • (VDAのインストール時またはその後に)Controllerのロケーションを指定すると、Controllerが追加または削除された場合に、自動更新機能を使用してVDAを更新できます。VDAによるControllerの検出方法、およびVDAをControllerとともに登録する方法について詳しくは、「VDA登録」を参照してください。

コマンドラインオプション: /controllers

手順8:機能を有効または無効にする

VDAインストーラーの[機能]ページ

[機能]ページで、チェックボックスを使用して、使用する機能を有効または無効にします。

  • パフォーマンスの最適化: VDAを物理マシンではなくVMにインストールする場合にのみ有効になります。この機能を有効にすると(デフォルト)、ハイパーバイザー上の仮想マシンにインストールされるVDAが最適化されます。仮想マシンの最適化には、オフラインファイルの無効化、バックグラウンド最適化(デフラグ処理)の無効化、およびイベントログサイズの縮小などの操作が含まれます。詳しくは、CTX125874を参照してください。

    コマンドラインオプション: /optimize

    VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用している場合、この機能はウィザードに表示されず、コマンドラインオプションは無効です。リモートPCアクセス環境で他のインストーラーを使用している場合は、この機能を無効にします。

  • Windowsリモートアシスタンスの使用: この機能を有効にすると、Directorのユーザーシャドウ機能で、Windowsリモートアシスタンスが使用されます。Windowsリモートアシスタンスによってファイアウォールで動的ポートが解放されます。(デフォルト = 無効)

    コマンドラインオプション: /enable_remote_assistance

  • オーディオにリアルタイムオーディオ転送を使用: ネットワークでVoice over IPが広く使われている場合、この機能を有効化します。この機能を使用すると、遅延が短縮され、損失の多いネットワーク経由の音声復元性が改善されます。オーディオデータをUDPトランスポート経由のRTPを使用して伝送することが可能になります。(デフォルト = 無効)

    コマンドラインオプション: /enable_real_time_transport

  • Framehawk: この機能を有効にすると、双方向のUDPポート3224~3324が開放されます。(デフォルト = 無効)

    ポート範囲は、Citrixポリシー設定の[Framehawkディスプレイチャネルポートの範囲]を使用して後で変更できます。その場合は、ローカルファイアウォールポートを開放する必要があります。UDPネットワークパスは、内部のファイアウォール(VDAからCitrix WorkspaceアプリまたはCitrix Gateway)および外部のファイアウォール(Citrix GatewayからCitrix Workspaceアプリ)で開放されている必要があります。Citrix Gatewayが展開されると、FramehawkのデータグラムはDTLS(デフォルトのUDPポート443)を使用して暗号化されます。詳しくは、「Framehawk」を参照してください。

    コマンドラインオプション: /enable_framehawk_port

  • AppDisk/Personal vDisk: これらのテクノロジは推奨されません。仮想マシン上にVDA for Desktop OSをインストールする場合にのみ有効です。このチェックボックスは、[追加コンポーネント]ページで[Citrix AppDisk / Personal vDisk]チェックボックスがオンになっている場合のみ利用可能です。このチェックボックスをオンにすると、AppDiskおよびPersonal vDiskを使用できます。

    コマンドラインオプション: /baseimage

    VDAWorkstationCoreSetup.exeインストーラーを使用している場合、この機能はウィザードに表示されず、コマンドラインオプションは無効です。

  • MCS I/O: MCSを使用して仮想マシンをプロビジョニングする場合のみ有効になります。このオプションを選択すると、MCSIO書き込みキャッシュドライバーがインストールされます。詳しくは、「ハイパーバイザー間で共有されるストレージ」および「一時データ用キャッシュの構成」を参照してください。

    コマンドラインオプション:/install_mcsio_driver

[次へ] をクリックします。

手順9:ファイアウォールポート

VDAインストーラーの[ファイアウォール]ページ

Windowsファイアウォールサービスが実行されている場合、ファイアウォールが無効になっていても、[ファイアウォール] ページに示されているポートがデフォルトで開放されます。ほとんどの展開ではデフォルト設定で十分です。ポートの詳細については、「ネットワークポート」を参照してください。

[次へ] をクリックします。

コマンドラインオプション: /enable_hdx_ports

手順10:インストール前に前提条件を確認する

VDAインストーラの[概要]ページ

[概要]ページに、インストールされるものが表示されます。[戻る]ボタンをクリックして前のウィザードページに戻り、選択を変更できます。

準備ができたら、[インストール]をクリックします。

前提条件がまだインストール/有効化されていない場合、マシンが1回以上再起動する場合があります。「インストールの準備」を参照してください。

手順11:Call Homeに参加する

VDAインストーラーの[Smart Tools]ページ

[Smart Tools] ページで、Citrix Smart Toolsの一部であるCitrix Call Homeに参加するかどうかを選択します。参加することを選択する場合(デフォルト)、[接続]をクリックします。求められたら、Citrixアカウント資格情報を入力します。

資格情報が確認されたら(あるいは参加しないことを選択した場合)、[次へ]をクリックします。

手順12:このインストールを完了する

VDAインストーラーの[インストールの完了]ページ

[完了]ページに、すべての前提条件と正常にインストールおよび初期化されたコンポーネントが緑色のチェックマークで示されます。

[完了] をクリックします。デフォルトでは、マシンは自動的に再起動します(自動再起動を無効にすることもできますが、マシンを再起動するまでVDAは使用できません)。

次の手順

必要に応じて上の手順を繰り返し、他のマシンまたはイメージ上にVDAをインストールします。

すべてのVDAをインストールしたら、Studioを起動します。サイトをまだ作成していない場合は、そのタスクのガイドが自動的に表示されます。それが済んだら、ガイドに従ってマシンカタログ、デリバリーグループを作成します。以下の情報も参照してください。

VDAのカスタマイズ

VDAをカスタマイズする場合:

  1. プログラムの削除と変更を行うWindowsのコントロールパネルで、[Citrix Virtual Delivery Agent] または [Citrix Remote PC Access/VDI Core Services VDA] を選択します。次に右クリックして [変更] を選択します。
  2. [Virtual Delivery Agent設定のカスタマイズ] を選択します。インストーラーが起動したら、次を変更できます。

    • Controllerのアドレス
    • Controllerへの登録に使用されるTCP/IPポート(デフォルトは80)
    • Windowsファイアウォールポートを自動的に開放するかどうか

トラブルシューティング

Citrixがコンポーネントインストールの結果を報告する方法については、「Citrixインストールリターンコード」を参照してください。

デリバリーグループのStudio表示では、[詳細]ペインの[インストール済み VDA のバージョン]エントリがマシンにインストールされているバージョンではないことがあります。マシンのWindowsの[プログラムと機能]には、VDAの実際のバージョンが表示されます。