Product Documentation

ユーザーへのアクセス権の付与

Mar 25, 2016
注:セキュリティ上の理由から、セッションの録画の表示など、特定の機能を実行するために必要な権限のみをユーザーに付与します。

Session Recording ServerをホストするコンピューターでSession Recording承認コンソールを使用して役割を割り当てることにより、Session Recordingユーザーに権限を付与します。 Session Recordingユーザーには3つの役割があります。

  • Player。 録画したXenAppセッションを表示できます。 デフォルトでこの役割のメンバーになるユーザーはありません。
  • PolicyQuery。 Session Recording Agentをホストするサーバーで録画ポリシーの評価を要求できます。 デフォルトでは、Authenticated Usersがこの役割のメンバーです。
  • PolicyAdministrator。 録画ポリシーの表示、作成、編集、削除、および有効化を実行できます。 デフォルトでは、Session Recording Serverをホストするコンピューターの管理者がこの役割のメンバーです。

Session Recordingでは、Active Directoryで定義されるユーザーおよびグループがサポートされます。

ユーザーに役割を割り当てるには

  1. Session Recording Serverをホストするコンピューターに、管理者またはPolicyAdministratorのメンバーとしてログオンします。
  2. Session Recording承認コンソールを起動します。
  3. ユーザーを割り当てる役割を選択します。
  4. メニューバーで、[操作]>[Windowsユーザーとグループの割り当て]の順に選択します。
  5. ユーザーとグループを追加します。
管理コンソールで加えた変更は、1分間隔の更新時に有効になります。