Product Documentation

セッションの録画ファイルのキャッシュ

Mar 25, 2016

セッションの録画ファイルを開くたびに、録画が格納されている場所からファイルがダウンロードされます。 同じファイルを頻繁にダウンロードする場合は、ファイルをワークステーションにキャッシュすることでダウンロード時間を節約できます。 ワークステーションにキャッシュされるファイルは次のフォルダーに格納されます。

userprofile\AppData\Local\Citrix\SessionRecording\Player\Cache

キャッシュに割り当てるディスク容量を指定できます。 指定した容量まで録画ファイルが蓄積されると、最も古く使用されていない録画が削除され、新しい録画のための空き領域が作成されます。 ディスク領域を解放するために、いつでもキャッシュを空にすることができます。

キャッシュを有効にするには

  1. Session Recording Playerがインストールされているワークステーションにログオンします。
  2. [スタート]ボタンをクリックし、[Session Recording Player]を選択します。
  3. Session Recording Playerのメニューバーで、[ツール]>[オプション]>[キャッシュ]の順に選択します。
  4. [ダウンロードしたファイルをローカルコンピューターにキャッシュする]チェックボックスをオンにします。
  5. キャッシュに使用されるディスク容量を制限するには、[使用するディスク容量を制限する]チェックボックスをオンにして、使用する容量をメガバイト単位で指定します。
  6. [OK]をクリックします。

キャッシュを空にするには

  1. Session Recording Playerがインストールされているワークステーションにログオンします。
  2. [スタート]ボタンをクリックし、[Session Recording Player]を選択します。
  3. Session Recording Playerのメニューバーで、[ツール]>[オプション]>[キャッシュ]の順に選択します。
  4. [ダウンロードしたファイルをローカルコンピューターにキャッシュする]チェックボックスをオンにします。
  5. Session Recording Playerで、[ツール]>[オプション]>[キャッシュ]の順に選択します。
  6. [キャッシュの削除]をクリックし、次に[OK]をクリックして操作を確定します。