ライセンスについてよく寄せられる質問

Citrix Virtual Apps and Desktopsのライセンスはどのように割り当てられますか

Citrix Virtual Apps and Desktopsのライセンスでは、ユーザー/デバイスモデルと同時使用ライセンスモデルが提供されています。

ユーザー/デバイス:

柔軟性の高いユーザー/デバイスモデルは、以下に適しています:

  • エンタープライズ規模でのデスクトップの使用。
  • 基盤となるMicrosoftデスクトップ仮想化ライセンス。
  • ユーザーが仮想デスクトップと仮想アプリにアクセスする頻度が低い顧客向けの同時使用ライセンス。

ユーザー/デバイスライセンスでは、ユーザーが仮想デスクトップと仮想アプリにアクセスできるデバイスの数に制限がありません。デバイスライセンスでは、1台のデバイスから仮想デスクトップとアプリにアクセスできるユーザーの数に制限がありません。このアプローチは柔軟性を最大化し、Microsoftデスクトップ仮想化ライセンスに適しています。

重要:

ユーザーまたはデバイスにライセンスを手動で割り当てることはできません。ライセンスサーバーまたはクラウドサービスによってライセンスが割り当てられます。ユーザー/デバイスライセンスでは、一度割り当てられたライセンスは90日間非アクティブになるまで別のユーザーに割り当てることができません。

同時使用:

同時使用ライセンスでは、ユーザーおよびデバイスに対し、数に制限のない仮想アプリおよびデスクトップへの接続が1つ許可されます。ライセンスは、アクティブなセッション中にのみ使用されます。セッションが切断または終了している間、ライセンスはプールにチェックインされます。

ユーザー/デバイスライセンスについて詳しくは「ユーザー/デバイスライセンス」、同時使用ライセンスについて詳しくは「同時使用ライセンス」を参照してください。

ライセンスを購入する前にCitrix Virtual Apps and Desktopsを試用できますか

はい。Citrix Virtual Apps and Desktopsソフトウェアをダウンロードして、試用モードで実行できます。試用モードでは、Citrix Virtual Apps and Desktopsオンプレミスをライセンスなしで30日間、10接続まで使用できます。試用期間の終了後も製品の使用を継続するには、無料のEVALライセンス(90日間、99ユーザー)をダウンロードするか、Citrix Virtual Apps and Desktopsライセンスを購入します。

Citrix Cloud用のCitrix Virtual Apps and Desktops Servicesは、承認に基づいて試用サービスを利用できます。詳しくは、シトリックスの担当者にお問い合わせください。

シトリックスは、Citrix Virtual Apps and Desktopsの同時使用をどのように定義していますか

Citrix Virtual Apps and Desktopsの同時使用モデルでは、ユーザーおよびデバイスに対し、数に制限のない仮想アプリおよびデスクトップへの接続が1つ許可されます。ライセンスは、アクティブなセッション中にのみ使用されます。セッションが切断または終了している間、ライセンスは再発行に備えてプールにチェックインされます。

シトリックスは、ユーザー/デバイスライセンスモデルでユーザーにどのようにライセンスを割り当てますか

ユーザー/デバイスライセンスモデルでは、ライセンスサーバーによってライセンスが一意のユーザーIDに割り当てられます。1人のユーザーに対するデバイスと接続の数に関する制限はありません。デスクトップまたはデバイスに接続するユーザーには、仮想デスクトップまたはアプリケーションにアクセスするために1つのライセンスが割り当てられている必要があります。ライセンスサーバーまたはクラウドサービスによってライセンスが割り当てられます。これらのライセンスを手動で割り当てることはできません。ライセンスは共有デバイスではなくユーザーに割り当てられます。一度割り当てられたライセンスは、90日間非アクティブになるまで別のユーザーに割り当てることができません。

シトリックスは、ユーザー/デバイスライセンスモデルでライセンスが割り当てられたデバイスをどのように定義していますか

ライセンスが割り当てられたデバイスでは、一意のエンドポイントデバイスIDが必要です。ユーザー/デバイスモデルでは、デバイスとはCitrix Virtual Apps and Desktopsのインスタンスにアクセスするために個人が使用を許可された機器を指します。共有デバイスの場合、1つのCitrix Virtual Apps and Desktopsユーザー/デバイスライセンスが、デバイスを共有する複数のユーザーに適用されます。たとえば、共有デバイスにはクラスルームワークステーションや病院の臨床ワークステーションが含まれます。

Citrix Virtual Desktops Standard Editionの同時使用ライセンスをユーザー/デバイスモデルに変換できますか

Citrix Virtual Desktops Standard Editionの同時使用ライセンスをCitrix Virtual Desktops Standard Editionのユーザー/デバイスライセンスに変換することはできません。同様に、Citrix Virtual Desktops Standard Editionのユーザー/デバイスモデルをCitrix Virtual Desktops Standard Editionの同時使用ライセンスに変換することもできません。

Citrix Virtual Desktops Standard Editionの同時使用ライセンスを所有しており、ユーザー/デバイスライセンスモデルを希望する場合は、Citrix Virtual Apps and Desktops Advanced EditionまたはPremium Editionにアップグレードします。

アップグレード前 Standardの同時接続 Standardのユーザー/デバイス Advancedのユーザー/デバイス Premiumのユーザー/デバイス
Citrix Virtual Desktops Standard Editionの同時使用ライセンス - 同時使用からユーザー/デバイスへの変換は不可 ライセンスモデルは変換できませんが、Citrix Virtual Apps and Desktops Advanced EditionまたはPremium Editionにアップグレードできます。 ライセンスモデルは変換できませんが、Citrix Virtual Apps and Desktops Advanced EditionまたはPremium Editionにアップグレードできます。
Citrix Virtual Desktops Standard Editionのユーザー/デバイスライセンス ユーザー/デバイスから同時使用への変換は不可 - - -

同時使用ライセンスとユーザー/デバイスライセンスはどこが違いますか

同時使用ライセンスは、同時デバイス接続に基づいています。同時使用ライセンスは、デバイスでアクティブ接続が確立されている間にのみ使用されます。接続が終了すると、同時使用ライセンスはライセンスプールに戻ります。戻ったライセンスはすぐに使用できます。ライセンスの使用頻度が高くない場合は、このライセンスモデルをお勧めします。ユーザー/デバイスライセンスは一定期間リースされ、リースの期限が切れるまで他のユーザーは使用できません。

ユーザー/デバイスモデルで、同じ企業内のユーザーとデバイスの両方にライセンスを割り当てることはできますか

はい。1つの企業内で2つのタイプを併用できます。ライセンスサーバーは、使用状況に基づいてライセンスをユーザーまたはデバイスに最適に割り当てます。これらのライセンスを手動で割り当てることはできません。

ライセンスを割り当てるユーザーやデバイスの数はどのようにして決定しますか

ユースケースの要件を評価し、適切なライセンス数を決定します。ユーザー/デバイスライセンスでは、仮想デスクトップと仮想アプリの数にも、それらにアクセスできるデバイスの数にも制限がなく、無制限でアクセスできます。同時使用ライセンスでは、仮想デスクトップと仮想アプリの数に制限がなく、無制限でアクセスできます。アクセスできるデバイスは1つだけですが、デバイスを使用できるユーザーの数に制限はありません。下の式を考慮してください:

(Number of total users) – (number of users that only access exclusively
 with shared devices) + (number shared devices) = total number
 of licenses to buy.

For example, there are 1000 total users at the hospital. If 700 of them access only
Citrix Virtual Desktops from 300 shared devices in the hospital, the number of
licenses to purchase is 1000 – 700 + 300 = 600 licenses.

ユーザー/デバイスモデルでは、ライセンスが割り当てられたユーザーによる環境への接続に最大いくつのデバイスを使用できますか

ライセンスが割り当てられた各ユーザーが使用できる接続デバイスまたはオフラインデバイスの数に、制限はありません。

ユーザー/デバイスモデルでは、ライセンスが割り当てられたデバイスに最大何人のユーザーがアクセスできますか

ライセンスが割り当てられた各デバイスを使用できる組織内のユーザー数に制限はありません。

ユーザー/デバイスモデルでは、ライセンスが割り当てられたユーザーが最大いくつの仮想デスクトップまたはSecure Browser Webアプリケーションを同時に使用できますか

ライセンスが割り当てられた各ユーザーが接続できる仮想デスクトップやWebアプリケーションの数に、制限はありません。

ライセンスが割り当てられたユーザーは、最大でいくつの仮想アプリケーションを同時に使用できますか

ライセンスが割り当てられた各ユーザーが接続できる仮想アプリケーションの数に、制限はありません。

ライセンスが割り当てられたユーザーが組織を離れるとどうなりますか

ライセンスが割り当てられた既存ユーザーが組織を離れた場合、シトリックスに通知せずにそのユーザーのライセンスを解放できます。ライセンスの解放には、udadminユーティリティを使用します。ライセンスを解放しない場合、非アクティブの状態が90日続くと、ライセンスサーバーによってライセンスが自動的に解放されます。この情報は、EULAで指定された条件に準拠します。

ライセンスが割り当てられたユーザーが長期間不在にするとどうなりますか

ライセンスが割り当てられた既存ユーザーが長期間不在にする場合、シトリックスに通知せずにライセンスを解放して再割り当てできます。ライセンスの解放には、udadminユーティリティを使用します。

組織内でライセンスを割り当てたデバイスを交換するとどうなりますか

ライセンスが割り当てられた既存デバイスを交換する場合、シトリックスに通知せずにライセンスを解放して再割り当てできます。ライセンスの解放には、udadminユーティリティを使用します。

ライセンスを割り当てたデバイスが長期間使用できなくなった場合はどうなりますか

ライセンスが割り当てられた既存デバイスが長期間使用できなくなった場合、シトリックスに通知せずにライセンスを解放して再割り当てできます。ライセンスの解放には、udadminユーティリティを使用します。ライセンスを解放しない場合、非アクティブの状態が90日続くと、ライセンスサーバーによってライセンスが自動的に解放されます。この情報は、EULAで指定された条件に準拠します。

デバイスまたはユーザーにライセンスを割り当てた後、ユーザーライセンスとデバイスライセンスを切り替えることはできますか

はい。この変更は自動的に行われます。ライセンスサーバーは、使用パターンに基づいてライセンスをユーザーまたはデバイスに割り当てます。使用パターンが変化した場合、新しい使用状況に基づき、ライセンスサーバーによって割り当てが切り替えられることがあります。ライセンスサーバーは、常に顧客にとっての経済性を最優先にしてライセンスを割り当てます。また、ライセンスサーバーはライセンスを監視し、 90日の割り当て期間後に未使用ライセンスを特定します。90日の割り当て期間後に未使用として特定されたライセンスは、他のユーザーまたはデバイスに再割り当てできます。

同時使用モデルでは、Citrix Virtual Apps and Desktopsのライセンスが割り当てられたユーザーが最大いくつの仮想デスクトップを同時に使用できますか

エンドポイントは多数のユーザーに対応でき、無制限の接続が可能です。

Citrix Virtual Apps and Desktopsのライセンスを購入して、既存のCitrix Virtual Apps and Desktops環境でより多くのユーザー/デバイスにライセンスを割り当てることができますか

はい。Citrix Virtual Apps and Desktopsのライセンスを購入することで、既存のCitrix Virtual Apps and Desktops環境でライセンスを割り当てるユーザー/デバイスの数を増やすことができます。

1つのライセンスサーバーに、旧バージョンのCitrix Virtual Apps and Desktopsの同時使用ライセンスと、新しいユーザー/デバイスライセンスまたは同時接続ライセンスを展開できますか

はい。引き続き同じライセンスサーバーを使用して、ユーザー/デバイスライセンスまたは同時使用ライセンスの環境に対応できます。

1つのライセンスサーバーに、同時使用ライセンスとユーザー/デバイスライセンスまたは同時接続ライセンスを展開できますか

はい。引き続き同じライセンスサーバーを使用して、同時使用ライセンスとユーザー/デバイスライセンスまたは同時使用ライセンスの環境に対応できます。

1つのライセンスサーバーに、複数のエディションのCitrix Virtual Apps and Desktopsライセンスを展開できますか

はい。ライセンスサーバーは、両方のCitrix Virtual Apps and Desktopsのライセンスを同時に管理できます。最新バージョンのライセンスサーバーをインストールすることをお勧めします。ライセンスサーバーのバージョンが適正かどうかわからない場合は、シトリックスのダウンロードサイトにあるバージョン番号を参照して調べることができます。

1つのサイトでCitrix Virtual AppsとCitrix Virtual Apps and Desktopsの両方のライセンスを使用できますか

バージョンによっては、1つのCitrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Apps and Desktopsサイトでユーザー/デバイスと同時接続の両方のライセンスモデルに対応できます。1つのCitrix Virtual AppsまたはCitrix Virtual Apps and Desktopsサイトで対応できるエディションは、1つのみです。詳しくは、「マルチタイプのライセンス」を参照してください。

複数のタイプのライセンスに対応するのは、XenAppおよびXenDesktop 7.15長期サービスリリース(LTSR)およびCitrix Virtual Apps and Desktops 7 1808以上のバージョンです。

ライセンスサーバーにCitrix Virtual Apps and Desktopsのユーザー/デバイスライセンスまたはCitrix Virtual Apps and Desktopsの同時使用ライセンスがインストールされている場合、製品モデルとしてCitrix Virtual Apps同時使用を選択できますか`

Citrix Virtual Apps and Desktops Advanced EditionまたはPremium Editionの機能としてCitrix Virtual Appsを使用する場合、Citrix Virtual AppsのライセンスモデルはCitrix Virtual Apps and DesktopsのAdvanced EditionまたはPremium Editionと同じになります。Citrix Virtual Apps and Desktopsを購入した場合は、Citrix Virtual Appsの機能のみを使用する予定であっても、ライセンスをCitrix Virtual Apps and Desktopsとして構成します。Citrix Virtual Apps同時使用スタンドアロンライセンスがライセンスサーバーにインストールされている場合にのみ、Citrix Virtual Appsを製品モデルとして選択します。

超過使用保護ライセンス

このセクションでは、超過使用保護ライセンスに関する質問に回答します。

超過使用保護ライセンスを取得するにはどうすればよいですか。ライセンスの超過使用保護は、すべてのユーザー/デバイスライセンスに含まれます。ユーザーまたはデバイスライセンスを購入すると、10%の超過使用保護を取得します。この超過使用保護は、購入済みライセンスと評価ライセンスをすべて割り当て終えたら利用できるようになります。超過使用保護機能は、ライセンス使用権には関係なく便宜上提供されています。超過使用保護ライセンスを頻繁に使用する場合は、追加のライセンスを購入することをお勧めします。

ライセンスの超過使用はどのようにして特定できますか。Citrix Licensing Managerで、超過使用のライセンス数を含む使用状況の情報を表示できます。Studioにも、超過使用情報が含まれています。

超過使用保護ライセンスが使用されるとどうなりますか。 ライセンスはインストールされたライセンスから割り当てられ、Citrix Virtual Apps and Desktops環境へのアクセスが許可されます。この超過使用保護ライセンスでは、他のライセンスと同様のアクセス権と機能が提供されます。

超過使用保護ライセンスが使用された場合に、通知を受け取ることはできますか。 現時点では、超過使用保護ライセンスが使用されても特定の通知は送信されません。

超過使用保護ライセンスは何日間使用できますか。 超過使用保護ライセンスは、最初の使用から30日以内に購入していただく必要があります。

Citrix Virtual AppsとCitrix Virtual Apps and Desktopsの各エディションにはどの製品コンポーネントが含まれていますか

エディション別の完全な機能マトリックスについては、「Citrix Virtual Apps and Desktopsの機能」を参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktopsのライセンス契約書に準拠してCitrix Virtual Desktops環境のライセンスを取得するにはどうすればよいですか

Citrix Virtual Apps and Desktopsのライセンス契約書に準拠し、ユーザー/デバイスライセンスモデルまたは同時使用ライセンスモデルでCitrix Virtual Apps and Desktopsを展開するには、ライセンスファイルをライセンスサーバーに適用します。ライセンスサーバーによって、ライセンスのコンプライアンスが制御および監視されます。購入内容に基づいて製品を構成することをお勧めします。たとえば、Citrix Virtual Apps and Desktops Premiumを購入するものの、Citrix Virtual Appsの機能のみを使用する場合は、コンプライアンスのため製品をCitrix Virtual Apps and Desktopsに構成します。詳しくは、製品ライセンスコンプライアンスセンターを参照してください。

Citrix Virtual Apps and Desktopsのライセンス契約書に準拠してCitrix Virtual Apps環境のライセンスを取得するにはどうすればよいですか

Citrix Virtual Appsのライセンス契約書に準拠し、同時使用ライセンスモデルでCitrix Virtual Appsを展開するには、ライセンスファイルをライセンスサーバーに適用します。ライセンスサーバーによって、ライセンスのコンプライアンスが制御および監視されます。

Citrix Virtual Apps and Desktops Advanced EditionおよびPremium Editionには、Citrix Virtual Appsの同時使用ライセンスが含まれていますか

Citrix Virtual Apps and Desktops Advanced EditionおよびPremium Editionのユーザー/デバイスライセンスには、互換性のみを目的としてCitrix Virtual Appsの同時使用ライセンスが含まれています。これらの同時使用ライセンスは、ユーザー/デバイスライセンスとの互換性がない旧製品バージョンにのみ使用できます。ユーザー/デバイスライセンスに含まれる同時使用互換ライセンスの使用は、6.5より前のXenAppバージョンと5.0 Service Pack 1より前のXenDesktopバージョンのみで許可されます。

ライセンスファイルを取得するにはどうすればよいですか

ライセンスアクセスコードをメールでお送りします。ライセンスアクセスコードを使用してライセンスファイルを生成するには、次の3つの方法があります:

  • citirix.comの[マイアカウント]ページにある[ライセンスの管理]ツールボックス
  • Citrix Studioにおける購入の割り当てとCitrixライセンスサーバーへのライセンスファイルの自動インストール
  • Citrixライセンスサーバー内のCitrix Licensing Managerにおける購入の割り当てとライセンスファイルのインストール

詳しくは、Citrixライセンスサーバードキュメントの「ライセンス」とCitrix Virtual Apps and Desktopsドキュメントの「ライセンス」を参照してください。

CitrixライセンスサーバーはどのTCPポートが使用されますか

  • ライセンスサーバーのポート番号は27000です。
  • ベンダーデーモン:7279
  • 管理コンソールWebポート:8082
  • Web Services for Licensingポート:8083

Citrixライセンスサーバーとは何ですか

Citrixライセンスサーバーは、ネットワークを介したライセンスの共有を可能にするシステムです。詳しくは、「ライセンス処理の概要」を参照してください。

Citrixライセンスサーバーを仮想化またはクラスター化できますか

はい。Citrixライセンスサーバーは仮想化することも、クラスター化することもできます。詳しくは、「ライセンスサーバーのクラスター化」を参照してください。

Citrixライセンスサーバーを仮想化すると、どのようなメリットがありますか

Citrixライセンスサーバーを仮想化すると、冗長なソリューションが提供されます。このソリューションにより、ダウンタイムなしで複数の物理サーバーを切り替えることが可能になります。

Citrixライセンスサーバーを仮想化する場合に考慮する必要がある制限はありますか

いいえ。

Citrixライセンスサーバーでは、Citrix Virtual Apps and Desktop環境のライセンスがすべて管理されますか

Citrixライセンスサーバーでは、Citrix Gatewayで使用されるPremium Editionのライセンスを除き、Citrix Virtual Apps and Desktopに対して提供されるすべてのライセンスが管理されます。これらのPremium Editionのライセンスは、セキュリティ指向のネットワークデバイスで必要とされるネットワークアプライアンスに組み込まれたライセンスサーバーによって管理されます。

Citrix Licensing Managerとは何ですか

Citrix Licensing Managerがインストールされているライセンスサーバーからライセンスファイルをダウンロードし、割り当てることができます。Citrix Licensing Managerはライセンスサーバーの推奨管理手段であり、以下を実行できます:

  • 短いコードを使用してライセンスサーバーをCitrix Cloudに登録でき、登録解除も簡単です。
  • ユーザーアカウントとグループアカウントを構成します。
  • ダッシュボードを使用して、インストールされたライセンス、使用中のライセンス、期限切れのライセンス、使用可能なライセンス、カスタマーサクセスサービス日を表示します。
  • レポートで使用するため、ライセンス使用データをエクスポートします。
  • 使用履歴データの保持期間を構成。デフォルトのデータ保有期間は180日です。
  • ライセンスアクセスコードまたはダウンロードしたファイルを使用して、ライセンスファイルをライセンスサーバーに簡単にインストールできます。
  • 追加猶予期間を有効または無効にする。
  • カスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)とCall Homeを構成します。
  • カスタマーサクセスサービス更新ライセンスを自動または手動で確認し、ライセンスが見つかると通知またはインストール。
  • 次のライセンスサーバーの状態を通知 - 起動ライセンスの不足、時間の問題、アップローダの失敗。
  • 以下のポートの変更:
    • ライセンスサーバー(デフォルトは27000)
    • ベンダーデーモン(デフォルトは7279)
    • Web Services For Licensing(デフォルトは8083)

詳しくは、「Citrix Licensing Manager」を参照してください。

Citrixライセンス管理コンソールとは何ですか

ライセンス管理コンソールは、Citrixインフラストラクチャのライセンスを管理できるインターフェイスです。また、ライセンス管理コンソールでは、ライセンスサーバーの設定を構成し、現在のライセンスの使用状況を表示することもできます。

ライセンスサーバーがStudioと同じドメインまたは信頼済みドメインにある場合、Studioを使用してライセンスを管理および追跡できます。

詳しくは、「ライセンス管理コンソール」を参照してください。

ライセンス割り当て期間とは何ですか

ライセンス割り当て期間は、Citrix Virtual Apps and Desktopsライセンスがユーザーまたはデバイスに割り当てられる期間です。デフォルトのライセンス割り当て期間は90日です。

付与されたユーザー/デバイスライセンスを解放するにはどうすればよいですか

付与されたユーザー/デバイスライセンスを解放するには、ライセンス契約書に従ってudadminユーティリティを使用します。それにより、ライセンスサーバーによって該当する次のユーザー/デバイスにライセンスが割り当てられます。

組織が購入したライセンスの数を確認するにはどうすればよいですか

https://www.citrix.com[マイアカウント] ページにある安全な [ライセンスの管理] ツールボックスで、購入したすべてのライセンスを24時間365日いつでもレビューでき、またそれらにアクセスできます。

特定の時点で使用されているライセンスの数を確認するにはどうすればよいですか

Citrix Licensing Manager、ライセンス管理コンソール、Studioでは、ライセンスの使用に関する詳細がリアルタイムで提供されます。

購入したユーザー/デバイスライセンスの数を超えた場合はどうなりますか

ユーザー/デバイスモデルでは、購入したライセンス数を超えた場合に、使用できるライセンスを最大10%増やせる超過使用保護機能があります。追加のライセンスにより、アクセス拒否を防ぎます。使用の急増によって超過使用保護による割り当て数も超過した場合、ユーザーアクセスは拒否されるため、新しいライセンスを購入して展開し、アクセスできるユーザーの数を増やす必要があります。

すべてのライセンス(超過使用保護分も含む)が使用されると、追加猶予期間により無制限のアクセスが許可され、その間に管理者は問題の把握と解決に専念できます。追加猶予期間は、15日経過するまで、または他の製品版ライセンスを追加するまで継続します。どちらか一方が発生した時点で終了します。詳しくは、「追加猶予期間」を参照してください。

購入した同時使用ライセンス数を超えた場合はどうなりますか

同時使用ライセンスモデルでは、購入済みで使用可能なライセンスの数を超えると、超過した分のすべてのユーザーがアクセスを拒否されます。

Citrix Virtual Apps and Desktopsのサービスオプションである長期サービスリリース(LTSR)または最新リリース(CR)に関するライセンス要件はありますか

長期サービスリリースなどのCitrix Virtual Apps and Desktopsのサービスオプションは、カスタマーサクセスサービスプログラムの特典です。LTSRの特典を受けるには、カスタマーサクセスサービスがアクティブである必要があります。詳しくは、「Citrix Virtual Apps、Citrix Virtual Apps and Desktops、Citrix Hypervisorのサービスオプション」を参照してください。

Secure Browser Standard Serviceのプール時間とはどのようなものですか

購入したサービスユーザーの数が25以上である場合、5,000時間のサービス使用権が付与され、すべてのユーザーによって共有されます。後でユーザーの権利を追加購入しても、プール時間は追加で付与されません。サービス使用権の時間を増やすには、アドオンパックを購入する必要があります。

ライセンスサーバーの障害回復とメンテナンス

ライセンスサーバーの障害回復とメンテナンスについては、Citrixライセンスサーバードキュメントの「障害回復とメンテナンス」を参照してください。

ライセンスについてよく寄せられる質問

この記事の概要