サポートバンドル

問題をCitrixに報告するか、問題のトラブルシューティングを行うには、サポートバンドルを作成します。その後で、Citrix Insight Services(CIS)にサポートバンドルをアップロードします。

デフォルトでは、サポートバンドルには次のファイルのバックアップアーカイブが最大100個含まれます。デフォルトのファイルサイズは10MBです。

  • DebugLogFile.log
  • AdminAuditLogFile.log
  • UserAuditLogFile.log
  • HibernateStats.log

サポートバンドルにこれらのカテゴリごとに100個のログアーカイブファイルが含まれている場合、ログファイルはロールオーバーされます。ログファイルの最大数を少なく設定すると、XenMobileはそのノードの不要なログファイルを直ちに削除します。ログファイルの数を設定するには、[トラブルシューティングとサポート]>[ログ設定] の順に進みます。

サポートバンドルを作成するには:

  1. XenMobileコンソールで、右上のレンチアイコンをクリックします。[サポート] ページが開きます。
  2. [サポート] ページで、[サポートバンドルの作成] をクリックします。[サポートバンドルの作成] ページが開きます。XenMobile環境内にクラスターノードがある場合は、すべてのノードが表示されます。

    サポートバンドルの画像

  3. [XenMobileのサポートバンドル] チェックボックスがオンになっていることを確認します。
  4. XenMobile環境内にクラスターノードがある場合は、[サポートバンドルの対象] ですべてのノードを選択するか、データの取得先にするノードの組み合わせを選択できます。
  5. [データベースから包含] で、次のいずれかを実行します。

    • [データなし] をクリックします。
    • [カスタムデータ] をクリックします。デフォルトでは、これらのオプションがすべて選択されています。
      • 構成データ: 証明書構成とデバイスマネージャーポリシーを含めます。
      • デリバリーグループデータ: アプリの種類やアプリデリバリーポリシー詳細など、アプリのデリバリーグループの情報を含めます。
      • デバイスおよびユーザー情報: デバイスポリシー、アプリ、アクション、デリバリーグループを含めます。
    • [すべてのデータ] をクリックします。

    注:

    [デバイスおよびユーザー情報] または [すべてのデータ]を選択し、かつこれが初めて作成するサポートバンドルである場合は、[機密情報に関する免責事項] ダイアログボックスが開きます。免責事項を読み、[承諾] または [キャンセル] をクリックします。[キャンセル] をクリックした場合は、サポートバンドルをCitrixにアップロードできません。[承諾] をクリックした場合は、サポートバンドルをCitrixにアップロードでき、次回デバイスやユーザーデータを含むサポートバンドルを作成するときに免責事項が表示されなくなります。

    サポートバンドルの法的通知の画像

  6. [サポートデータ匿名化が有効です] オプションは、デフォルトの設定でデータの匿名化を指定していることを示します。データの匿名化とは、機密性が高いユーザー、サーバー、およびネットワークデータがサポートバンドルで匿名化されることを意味します。

    この設定を変更するには、[匿名化および匿名化解除] リンクをクリックします。データの匿名化について詳しくは、「サポートバンドルのデータの匿名化」 を参照してください。

  7. NetScaler Gatewayからのサポートバンドルを含めるには:[NetScaler Gatewayのサポートバンドル] チェックボックスをオンにして以下を行います。

    1. [追加] をクリックします。[NetScaler Gatewayサーバーの追加] ダイアログボックスが開きます。

      NetScaler Gatewayサポートバンドルの画像

    2. [NetScaler Gateway管理IP] ボックスに、サポートバンドルの取得先にするNetScaler GatewayのNetScaler管理IPアドレスを入力します。

      注:

      既に追加されているNetScaler Gatewayサーバーからバンドルを作成する場合、IPアドレスは入力されています。

    3. [ユーザー名] ボックスと [パスワード] ボックスに、NetScaler Gatewayを実行しているサーバーへのアクセスに必要なユーザーの資格情報を入力します。

      注:

      既に追加されているNetScaler Gatewayサーバーからバンドルを作成する場合、ユーザー名は入力されています。

  8. [追加] をクリックします。新しいNetScaler Gatewayサポートバンドルが表に追加されます。

  9. 手順7を繰り返し、ほかのNetScaler Gatewayサポートバンドルを追加します。

  10. [作成] をクリックします。サポートバンドルが作成され、[CISへアップロード][クライアントへダウンロード] の2つの新しいボタンが表示されます。

Citrix Insight Servicesへのサポートバンドルのアップロード

サポートバンドルを作成した後、Citrix Insight Services(CIS)にバンドルをアップロードしたり、コンピューターにバンドルをダウンロードしたりすることができます。

XenMobileからCISへのアップロードには、SSL送信接続を使用します。CISサーバーのIPアドレス(52.88.24.76、52.88.118.220、52.11.72.119)に対してポート443を開きます。HTTPSトラフィックのプロキシがある場合は、プロキシがCISサーバーのIPアドレスに到達できることを確認します。

以下の手順は、CISにバンドルをアップロードする方法を示しています。CISにアップロードするには、My CitrixのIDおよびパスワードが必要です。

  1. [サポートバンドルの作成] ページで、[CISへアップロード] をクリックします。[Citrix Insight Services (CIS) へのアップロード] ダイアログボックスが開きます。

  2. [ユーザー名] ボックスにMy Citrix IDを入力します。

  3. [パスワード] ボックスにMy Citrixパスワードを入力します。

  4. このバンドルを既存のサービスリクエスト番号に関連付ける場合は、[SR# に割り当て] チェックボックスをオンにし、新たに表示される2つのフィールドで以下を実行します。

    • [SR#] ボックスに、このバンドルを関連付けるサービスリクエスト番号(8桁)を入力します。
    • [SR説明] ボックスに、SRの説明を入力します。
  5. [アップロード]をクリックします。

    CISにサポートバンドルをアップロードするのはこれが初めてであり、ほかの製品を介してCISのアカウントを作成したことがなく、かつデータの収集とプライバシーについての契約に同意していない場合は、以下のダイアログボックスが表示されます。アップロードを開始する前にこの契約に同意する必要があります。CISのアカウントを作成済みで、以前に契約に同意している場合は、サポートバンドルが直ちにアップロードされます。

    サポートバンドル法的合意の画像

  6. 契約を読み、[同意してアップロード] をクリックします。サポートバンドルがアップロードされます。

コンピューターへのサポートバンドルのダウンロード

サポートバンドルを作成した後、CISにバンドルをアップロードしたり、コンピューターにバンドルをダウンロードしたりすることができます。問題のトラブルシューティングを自分で行う場合は、サポートバンドルをコンピューターにダウンロードします。

[サポートバンドルの作成]ページで、[クライアントへのダウンロード]をクリックします。バンドルがコンピューターにダウンロードされます。