XenMobile

XenMobile Server 10.15 Rolling Patch 5リリースのリリースノート

これらのリリースノートでは、XenMobile Server 10.15 Rolling Patch 5の拡張機能と解決された問題、および既知の問題について説明しています。

新機能

  • Android Enterpriseの802.1x設定に新しい必須フィールド[ドメイン]を追加しました

    認証の種類が [802.1x EAP] のAndroid Enterpriseプラットフォームのネットワークポリシー設定ページに、新しい [ドメイン] フィールドが追加されました。詳しくは、「Android Enterpriseの802.1x設定」を参照してください。

    XenMobile Serverには新しいプロパティafw.network.domain.supportがあり、[Android Enterpriseの802.1x設定][ドメイン] フィールドを追加します。このプロパティのデフォルト値はTrueです。詳しくは、「サーバープロパティ」を参照してください。

  • iOSのOSの更新の制御ポリシーに新しいオプション[OSの更新バージョン]を追加しました

    iOSプラットフォームのOS更新の制御ポリシーで、[OSの更新頻度] フィールドの後に新しいオプション [OSの更新バージョン] が追加されました。このオプションを使用すると、監視対象のiOSデバイスの更新に使用するOSバージョンを指定できます。詳しくは、「iOSの設定」を参照してください。

  • iOSの制限ポリシーとExchangeポリシーに新しい設定を追加しました

    • iOSのExchangeポリシーに新しい設定 [メールドロップを許可] を追加しました。詳しくは、「Exchangeデバイスポリシー - iOS設定」を参照してください。
    • iOSの制限ポリシーに次の新しい設定を追加しました:
      • ペアリングされていないデバイスからのブートによる復元を許可する
      • 緊急セキュリティ対応をインストールする
      • 緊急セキュリティ対応を削除する
      • メールのプライバシー保護を許可する
      • NFC
      • App Clipを許可する
      • Appleのパーソナライズされた広告を許可する
      • 自動ロック解除

      詳しくは、「制限デバイスポリシー - iOS設定」を参照してください。

  • OS更新

    • Android 14のサポート: XenMobile ServerおよびCitrix業務用モバイルアプリは、Android 14へのAndroid Enterpriseデバイスの更新をサポートするようになりました。セキュリティとプライバシーに関するメリットについて詳しくは、Androidドキュメントを参照してください。
    • iOS 17のサポート: XenMobile ServerとCitrix業務用モバイルアプリはiOS 17と互換性がありますが、現在iOS 17の新機能をサポートしていません。

解決された問題

  • XenMobile Server 10.15 RP3または10.15 RP4にアップグレードした後、[Android Enterprise]>[管理対象Google Playストアアプリ][構成]>[アプリ] ページで [アプリの整理] ボタンを使用することはできません。[CXM-112124]
  • XenMobile Server 10.15 RP3または10.15 RP4にアップグレードした後、Android EnterpriseプラットフォームのWi-Fiポリシーの構成中に [CA証明書] ドロップダウンメニューに値が表示されなくなります。[証明書の選択] オプションのみが表示されます。[CXM-112269]

XenMobile Server 10.15.0の以前のRolling Patchについては、Rolling Patchのリリースノートを参照してください。

XenMobile Server 10.15 Rolling Patch 5リリースのリリースノート

この記事の概要