XenMobile

資格情報デバイスポリシー

資格情報デバイスポリシーでは、XenMobileで構成されたPKI(公開キー基盤)を指定します。たとえば、PKI構成にはPKIエンティティ、キーストア、資格情報プロバイダー、サーバー証明書などを含めることができます。資格情報について詳しくは、「証明書と認証」を参照してください。

サポートされるプラットフォームごとに必要な値が異なります。これらの値については、この記事で説明しています。

注:

このポリシーを作成するには、各プラットフォームで使用する予定の資格情報と、証明書およびパスワードが必要です。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

iOSの設定

デバイスポリシー構成画面の画像

次の設定を構成します:

  • 資格情報の種類: 一覧からこのポリシーで使用する資格情報の種類を選択し、選択した資格情報について以下の情報を入力します。
    • 証明書
      • 資格情報の名前: 資格情報の固有の名前を入力します。
      • 資格情報ファイルのパス:[参照] をクリックして資格情報ファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。
    • キーストア
      • 資格情報の名前: 資格情報の固有の名前を入力します。
      • 資格情報ファイルのパス:[参照]をクリックして資格情報ファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。
      • パスワード: 資格情報のキーストアパスワードを入力します。
    • サーバー証明書
      • サーバー証明書: ボックスの一覧で、使用する証明書を選択します。
    • 資格情報プロバイダー
      • 資格情報プロバイダー: ボックスの一覧で、資格情報プロバイダーの名前を選択します。
  • ポリシー設定(一般的な「設定」と区別するためにここでは「設定項目」という語を使用します)
    • ポリシーの削除: ポリシーの削除をスケジュール設定する方法を選択します。利用可能なオプションは、[日付を選択][削除までの期間(時間)を指定] です。
      • 日付を選択: カレンダーをクリックして削除を実行する特定の日付を選択します。
      • 削除までの期間(時間)を指定: ポリシーが削除されるまでの時間単位の数値を入力します。iOS 6.0以降でのみ使用できます。

macOS設定

デバイスポリシー構成画面の画像

次の設定を構成します:

  • 資格情報の種類: 一覧からこのポリシーで使用する資格情報の種類を選択し、選択した資格情報について以下の情報を入力します。
    • 証明書
      • 資格情報の名前: 資格情報の固有の名前を入力します。
      • 資格情報ファイルのパス: [参照] をクリックして資格情報ファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。
    • キーストア
      • 資格情報の名前: 資格情報の固有の名前を入力します。
      • 資格情報ファイルのパス: [参照] をクリックして資格情報ファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。
      • パスワード: 資格情報のキーストアパスワードを入力します。
    • サーバー証明書
      • サーバー証明書: ボックスの一覧で、使用する証明書を選択します。
    • 資格情報プロバイダー
      • 資格情報プロバイダー: ボックスの一覧で、資格情報プロバイダーの名前を選択します。
  • ポリシー設定(一般的な「設定」と区別するためにここでは「設定項目」という語を使用します)
    • ポリシーの削除: ポリシーの削除をスケジュール設定する方法を選択します。利用可能なオプションは、[日付を選択][削除までの期間(時間)を指定] です。
      • 日付を選択: カレンダーをクリックして削除を実行する特定の日付を選択します。
      • 削除までの期間(時間)を指定: ポリシーが削除されるまでの時間単位の数値を入力します。
    • ユーザーにポリシーの削除を許可: ユーザーがデバイスからポリシーを削除できるタイミングを選択できます。メニューで [常に][パスコードが必要です] または [許可しない] を選択します。[パスコードが必要です] を選択する場合、[削除のパスコード] フィールドに入力します
    • プロファイル対策: このポリシーを [ユーザー] または [システム] 全体に適用するかを選択します。デフォルトは [ユーザー] です。このオプションはmacOS 10.7以降でのみ使用できます。

Androidの設定

資格情報ポリシー構成画面

次の設定を構成します:

  • 資格情報の種類: 一覧からこのポリシーで使用する資格情報の種類を選択し、選択した資格情報について以下の情報を入力します。
    • 証明書
      • 資格情報の名前: 資格情報の固有の名前を入力します。
      • 資格情報ファイルのパス:[参照]をクリックして資格情報ファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。
    • キーストア
      • 資格情報の名前: 資格情報の固有の名前を入力します。
      • 資格情報ファイルのパス: [参照] をクリックして資格情報ファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。
      • パスワード: 資格情報のキーストアパスワードを入力します。
    • サーバー証明書
      • サーバー証明書: ボックスの一覧で、使用する証明書を選択します。
    • 資格情報プロバイダー
      • 資格情報プロバイダー: ボックスの一覧で、資格情報プロバイダーの名前を選択します。

Android Enterpriseの設定

デバイスポリシー構成画面

これらの設定を構成して、資格情報設定の適用方法を決定します:

  • 資格情報の削除: 次の設定を構成するには、[オン]に設定します。デフォルトは [オフ] です。
    • ユーザー資格情報の削除: 管理されたキーストアから証明書を削除します。デフォルトは [オフ] です。
    • 信頼されたルート証明書の削除: 非システムCA証明書をすべてアンインストールします。デフォルトは [オフ] です。
  • 仕事用プロファイルで完全に管理されているデバイスに適用: 仕事用プロファイルで完全に管理されたデバイスの資格情報ポリシー設定を構成できます。この設定が [オン] の場合、次のいずれかの設定を選択します:
    • 仕事用プロファイル: 構成する資格情報設定は、デバイスの仕事用プロファイルにのみ適用されます。
    • デバイス管理: 構成する資格情報設定は、デバイスにのみ適用されます。
    • 両方: 構成する資格情報設定は、仕事用プロファイルとデバイスに適用されます。

    この設定が [オフ] の場合、構成する資格情報設定はデバイスにのみ適用されます。デフォルトは [オフ] です。

資格情報設定の構成:

  • 資格情報の種類: 一覧からこのポリシーで使用する資格情報の種類を選択し、選択した資格情報について以下の情報を入力します。
    • 証明書
      • 資格情報ファイルのパス: [参照] をクリックして資格情報ファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。
    • キーストア
      • 資格情報ファイルのパス: [参照] をクリックして資格情報ファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。
      • 証明書エイリアス: 証明書エイリアスにより、アプリが証明書にアクセスしやすくなります。Android Enterprise管理対象の構成デバイスポリシーで、証明書エイリアスを構成します。次に、そのエイリアスを資格情報デバイスポリシーの [証明書のエイリアス] フィールドに入力します。アプリが証明書を取得し、ユーザーの操作なしでVPNを認証します。
      • パスワード: 資格情報のキーストアパスワードを入力します。
    • サーバー証明書
      • サーバー証明書: ボックスの一覧で、使用する証明書を選択します。
    • 資格情報プロバイダー
      • 証明書エイリアス: 証明書エイリアスにより、アプリが証明書にアクセスしやすくなります。Android Enterprise管理対象の構成デバイスポリシーで、証明書エイリアスを構成します。次に、そのエイリアスを資格情報デバイスポリシーの [証明書のエイリアス] フィールドに入力します。アプリが証明書を取得し、ユーザーの操作なしでVPNを認証します。
      • 資格情報プロバイダー: ボックスの一覧で、資格情報プロバイダーの名前を選択します。
      • 証明書を使用するアプリ: このプロバイダーから資格情報に自動的にアクセスするアプリを指定するには: [追加] をクリックしてアプリを選択し [保存] をクリックします。

Windowsデスクトップ/タブレットの設定

デバイスポリシー構成画面の画像

  • 証明書の種類: 一覧から、[ROOT] または [CLIENT] を選択します。
  • [ROOT] を選択した場合は、次の設定を構成します。
    • ストアデバイス: 資格情報の証明書ストアの場所に応じて、ボックスの一覧で [root][My][CA] のいずれかを選択します。[My] を選択すると、証明書はユーザーの証明書ストアに保存されます。
    • 場所: Windows 10タブレットの場合、場所は [システム] のみです。
    • 資格情報の種類: Windows 10タブレットの場合、資格情報の種類は 証明書 のみです。
    • 資格情報ファイルのパス: [参照] をクリックして証明書ファイルの場所に移動し、そのファイルを選択します。
  • [CLIENT] を選択した場合は、次の設定を構成します。
  • 場所: Windows 10タブレットの場合、場所は [システム] のみです。
  • 資格情報の種類: Windows 10タブレットの場合、資格情報の種類はキーストアのみです。
  • 資格情報の名前: 資格情報の名前を入力します。このフィールドは必須です。
  • 資格情報ファイルのパス: [参照] をクリックして証明書ファイルの場所に移動し、そのファイルを選択します。
  • パスワード: 資格情報に関連付けられたパスワードを入力します。このフィールドは必須です。

Windows Mobile/CEの設定

デバイスポリシー構成画面の画像

  • ストアデバイス: ボックスの一覧から、資格情報の証明書ストアの場所を選択します。デフォルトは [root] です。次のオプションがあります:
    • 特権のある実行信頼証明機関: このストアに属する証明書で署名されたアプリケーションが、特権信頼レベルで実行されます。
    • 特権のない実行信頼証明機関: このストアに属する証明書で署名されたアプリケーションが、標準信頼レベルで実行されます。
    • SPC(ソフトウェア発行者の証明書): .cabファイルの署名にソフトウェア発行元証明書(SPC)が使用されます。
    • root: ルート証明書を含む証明書ストア。
    • CA: 暗号化情報を含む証明書ストア(中間証明機関を含む)。
    • MY: エンドユーザーの個人証明書を含む証明書ストア。
  • 資格情報の種類: Windows Mobile/CEデバイスの場合、資格情報の種類は証明書のみです。
  • 資格情報ファイルのパス: [参照] をクリックして資格情報ファイルの場所へ移動し、そのファイルを選択します。
資格情報デバイスポリシー