Product Documentation

セッションの復元

Mar 25, 2016

セッションが切断状態になると、セッションおよびアプリケーションは終了しませんが、サーバーとユーザーデバイス間の通信が切断されます。

[ユーザーの詳細]ビューで、[セッション詳細]パネルのセッション障害のトラブルシューティングを実行します。 現在のセッションがセッションIDで示され、詳細を確認できます。

操作 説明
応答していないアプリケーションまたはプロセスを終了する [Application]タブをクリックします。 応答していないアプリケーションを選択し、[アプリケーションの終了]をクリックします。 同様に、応答していないプロセスを選択し、[プロセスの終了]をクリックします。

また、メモリやCPUリソースを過度に消費しているプロセスを終了します。

Windowsセッションを切断する [セッション制御]をクリックし、[切断]を選択します。 このオプションは、仲介されたサーバーOSマシンに対してのみ使用できます。 仲介されていないセッションでは無効です。
セッションからユーザーをログオフする [セッション制御]をクリックし、[ログオフ]を選択します。

セッション障害が解決されたことを確認するために、ユーザーに再度ログオンさせます。 また、ユーザーをシャドウしてセッションをより詳しく監視することもできます。

注:ユーザーデバイスでXenDesktop 7より前のバージョンのVirtual Delivery Agent(VDA)が動作している場合、Directorはセッションに関する完全な情報を表示することができません。代わりに、情報を使用できないことを示すメッセージが表示されます。 このメッセージは、[ユーザーの詳細]ページおよび[アクティビティマネージャー]に表示されます。