Product Documentation

グラフィカルインターフェイスを使ったインストール

Mar 25, 2016

注:このアーティクルは、Windowsオペレーティングシステムがインストールされたマシンへのコンポーネントのインストールに適用されます。 LinuxオペレーティングシステムのVDAについては、「Red Hat Linux VDA」および「SUSE Linux VDA」を参照してください。

ここでは次のことについて説明します。

はじめに

重要:どのようなインストールであっても、開始する前にまず、「インストールの準備」の記事を確認してください。そこには、インストーラーなど、インストールの前に確認しておくべき内容が記載されています。 また、グラフィカルインターフェイス形式のウィザードに表示されたり、そこで指定したりする項目もひととおり説明しています。 この記事では、製品インストーラーでグラフィックインターフェイスを起動する方法について説明します。

グラフィックインターフェイスは、以下の目的で使用できます。

  • Delivery Controller、Citrix Studio、Citrix Director、ライセンスサーバー、StoreFrontの1つまたは複数のコンポーネントをインストールする。
  • マスターイメージ、仮想マシン、または物理マシン上にVirtual Delivery Agent(VDA)をインストールする。 また、メディアに収録されているスクリプトをカスタマイズして、Active DirectoryでVDAをインストールしたり削除したりできます。
  • インストール済みのVDAをカスタマイズする。
  • Universal Print Serverコンポーネントをインストールする。 ControllerにはUniversal Print Serverクライアントの機能が既に統合されているため、必要なのは、印刷サーバーへのUpsServerコンポーネントのインストールだけです。 コンポーネントのインストール後、「プリンターの構成」に記載されている構成手順に従って操作します。
  • コンポーネントをアップグレードする。「展開のアップグレード」の記事を参照してください。

全製品インストーラーとスタンドアロンVDAインストーラーの両方にグラフィックインターフェイスが付属しています。 

全製品インストーラーの使用

全製品インストーラーを使用して、コアコンポーネント、VDA、Universal Print Serverのサーバーコンポーネントをインストールできます。

  1. Citrixから製品パッケージをダウンロードします。 ダウンロードサイトにアクセスするには、Citrixアカウントの資格情報が必要です。
  2. ファイルを解凍します。 必要な場合は、ISOファイルからDVDを作成します。
  3. ローカルの管理者アカウントを使って、インストール先のサーバーにログオンします。
  4. DVDをドライブに挿入するか、ISOファイルをマウントします。 インストーラーが自動的に起動しない場合は、AutoSelectファイルまたはマウントしたドライブをダブルクリックします。
  5. XenAppとXenDesktopのどちらをインストールするかを選択します。
  6. インストールするコンポーネントを選択します。
  • 製品を初めてインストールする場合は、左側の列から[Delivery Controller]をクリックします。 ウィザードに従って、インストーラーを実行しているマシンにインストールするコンポーネント(Delivery Controller、Studio、Director、License Server、StoreFront)を選択します。
  • いくつかのコンポーネントがインストール済みの環境で展開を拡張する場合は、インストールするコンポーネントを[拡張展開]セクションで個別にクリックできます。 この列では、コアコンポーネントとUniversal Print Serverを選択できます。
  • VDAをインストールするには、中央の列からVDAエントリをクリックします。実行しているオペレーティングシステムに適したエントリのみが選択可能になっています。

ウィザードの指示に従って操作します。 「インストールの準備」の記事には、ウィザードに表示されたり、そこで指定したりする情報に関する説明が記載されていますので、ご利用ください。 VDAをインストールしている場合、インストールが完了すると、デフォルトで自動的に再起動されます。サイトでVDAを使用できるようにするには、再起動は必須です。

スタンドアロンVDAインストーラーの使用

重要:インストールの準備」の記事には、スタンドアロンVDAインストーラーを使用していたインストール中に表示されたり、その時に指定したりする情報、特に再起動と抽出スペースの処理に関する説明が記載されています。

ダウンロードサイトにアクセスするには、Citrixアカウントの資格情報が必要です。 インストールの前に管理者権限を設定するか、または[管理者として実行]を使用する必要があります。 ユーザーアカウント制御(UAC)を無効にしてください。

  1. Citrixから該当するパッケージ、 VDAServerSetup.exe(サーバーOSマシン用)、またはVDAWorkstationSetup.exe(デスクトップOSマシン用)をダウンロードします。 単一ユーザー、単一サーバーOSマシン展開(たとえばWindows Server 2012マシンをWebサイト開発者などの単一ユーザーに配信する場合など)では、VDAWorkstationSetup.exeパッケージを使用します。 詳しくは、「サーバーVDI」の記事を参照してください。
  2. このパッケージを右クリックして、[管理者として実行]を選択します。
  3. ウィザードの指示に従って操作します。 インストールが完了すると、デフォルトで自動的に再起動されます。サイトでVDAを使用できるようにするには、再起動は必須です。

VDAのカスタマイズ

インストールした後に、VDAをカスタマイズすることもできます。

  1. プログラムを削除または変更するWindowsのコントロールパネルで[Citrix Virtual Delivery Agent <version>]を右クリックして、[変更]を選択します。
  2. [Virtual Delivery Agent設定のカスタマイズ]を選択します。 インストーラーが起動して、ControllerのアドレスやControllerへの登録時のTCP/IPポート(デフォルトは80)を変更したり、Windowsファイアウォールで自動的にポートを開くかどうかを変更したりできます。