Product Documentation

マシンカタログの作成

Mar 25, 2016

物理マシンまたは仮想マシンのグループは、「マシンカタログ」と呼ばれる単一のエンティティとして管理されます。  マシンカタログ内のマシンは、オペレーティングシステムの種類(サーバーまたはデスクトップ)がすべて同じです。 サーバーOSマシンを含むカタログには、WindowsマシンまたはLinuxマシンのいずれかのみを含めることができ、両方を含めることはできません。

サイトの作成後、Studioでは最初のマシンカタログを作成する手順が表示されます。  最初のマシンカタログを作成した後、Studioでは最初のデリバリーグループを作成する手順が表示されます。 作成したカタログを後で変更したり、追加のカタログを作成したりすることができます。

概要

仮想マシンを含むカタログを作成する場合、それらの仮想マシンのプロビジョニング方法を指定します。MCS(Machine Creations Services)やProvisioning Servicesなど、Studioでサポートされているツールを使用するか、独自のツールを使用してマシンを提供することができます。 マシンが既に提供されており、マスターイメージを使用する必要がない場合でも、マシンに対して1つまたは複数のマシンカタログを作成します。

  • Provisioning Servicesを使用してマシンを作成する場合、手順についてはProvisioning Servicesのドキュメントを参照してください。
  • MCSによる仮想マシンのプロビジョニングを選択した場合、カタログで同一の仮想マシンを作成するためのガイドとして、マスターイメージ(またはスナップショット)を提供します。 カタログを作成する前に、まずハイパーバイザー上またはクラウドサービス上でツールを使用し、マスターイメージを作成して構成します。これには、イメージへのVDA(Virtual Delivery Agent)のインストールが含まれます。  その後、Studioでのマシンカタログの作成時に、そのイメージ(またはそのスナップショット)を選択し、カタログで作成する仮想マシンの数を指定し、追加情報を構成します。

MCSまたはPVS(Provisioning Services)を使用して最初のマシンカタログを作成する場合、サイトの作成時に構成したホスト接続を使用します。  後で(最初のマシンカタログおよびデリバリーグループを作成した後に)、その接続に関する情報を変更したり、追加接続を作成したりすることができます。

マシンカタログの作成ウィザードを完了した後、テストが自動的に実行されて正しく構成されているかどうかが検証されます。 テストが完了したら、テストレポートを表示できます。 後で、Studioのナビゲーションペインの[Citrix Studio<サイト名>]において、これらのテストをいつでも実行できます。

ヒント:Studioではなく、PowerShell SDKを使用してカタログを直接作成する場合、イメージまたはそのスナップショットの代わりに、ハイパーバイザーテンプレート(VMTemplates)を指定できます。

Windows XPまたはWindows Vistaマシンでは以前のバージョンのVDAを使用する必要があるため、最新の機能を使用することはできません。 それらのマシンのWindowsオペレーティングシステムバージョンをアップグレードできない場合は、それらを個別のマシンカタログで管理することをお勧めします。 

MCSカタログ作成の概要

以下は、マシンカタログの作成ウィザードに情報を入力した後のMCS操作の簡単な概要です。

  • ウィザードで(スナップショットではなく)マスターイメージを選択した場合、MCSでスナップショットが作成されます。
  • MCSによってスナップショットの完全コピーが作成され、ホスト接続で定義されたストレージの各場所に格納されます。
  • MCSによってデスクトップがActive Directoryに追加され、そこで一意の識別子が作成されます。
  • ウィザードで指定した数の仮想マシンがMCSによって作成され、各仮想マシンに対して2つのディスクが定義されます。  1つの仮想マシンにつき2つのディスクに加えて、同じストレージの場所にマスターも保存されます。 ストレージの場所が複数定義されている場合、それぞれの場所に以下の種類のディスクが割り当てられます。
    • スナップショットの完全コピー(前述の説明を参照)。読み取り専用であり、作成した仮想マシン間で共有されます。
    • 各仮想マシンに一意の識別子を与える、一意のIDディスク(16MB)。 各仮想マシンに対し、1つのIDディスクが割り当てられます。
    • 仮想マシンへの書き込みを保存する、一意の差分ディスク。 このディスクは(ホストストレージでサポートされている場合)シンプロビジョニングされ、必要に応じてマスターイメージの最大サイズまで拡大します。 各仮想マシンに対し、1つの差分ディスクが割り当てられます。 このディスクに、セッション中に加えられた変更が保存されます。これは、専用デスクトップでは恒久的に保持されます。プールデスクトップでは、再起動のたびに削除され、新しいディスクが作成されます。

ハイパーバイザーまたはクラウドサービスでのマスターイメージの準備

ヒント:接続の種類の情報ソースが必要ですか。 こちらをご覧ください。

マスターイメージには、オペレーティングシステム、仮想化しないアプリケーション、VDA、およびそのほかのソフトウェアをインストールしておきます。

ヒント:              

  • マスターイメージは、「クローンイメージ」、「ゴールデンイメージ」、「ベース仮想マシン」、または「基本イメージ」とも呼ばれます。 ホストベンダーとクラウドサービスプロバイダーで、異なる用語を使用する場合もあります。
  • Provisioning Servicesを使用する場合は、マスターイメージまたは物理コンピューターをマスターターゲットデバイスとして使用できます。 Provisioning Servicesでは、イメージを指すのにMCSとは異なる用語を使用します。詳しくは、関連ドキュメントを参照してください。
  • 作成するマシンの数に応じて十分なプロセッサ、メモリ、ストレージがハイパーバイザーホスト上にあることを確認してください。
  • デスクトップやアプリケーションの実行に必要な正確なハードディスク容量を指定します。この値は後から変更できません。
  • リモートPCアクセスのマシンカタログでは、マスターイメージを使用しません。
  • MCSを使用する場合のMicrosoft KMSのアクティブ化に関する注意事項
    • VDA 7.xをXenServer 6.1、XenServer 6.2、vSphere、またはMicrosoft System Center Virtual Machine Managerホストで使用している場合、Microsoft WindowsやMicrosoft Officeのライセンスを手動でリセットする必要はありません。
    • VDA 5.xをXenServer 6.0.2ホストで使用している場合は、CTX128580を参照してください。
  • マスターイメージに以下のソフトウェアをインストールして構成します。
    • ハイパーバイザー用の統合ツール(XenServer Tools、Hyper-V統合サービス、VMware Toolsなど)。 この手順を省略すると、アプリケーションやデスクトップが正しく動作しなくなる場合があります。
    • VDA - 最新の機能を利用できるように、最新バージョンをインストールすることをお勧めします。 マスターイメージにVDAをインストールできないと、カタログ作成が失敗します。
    • アンチウイルスプログラムや電子ソフトウェア配信エージェントなどのサードパーティツール(必要に応じて)。 ユーザーやマシンの種類に適した設定で、サービス(更新機能など)を構成します。
    • 仮想化せずにユーザーに提供するサードパーティのアプリケーション。 ただし、可能な場合はアプリケーションを仮想化することをお勧めします。アプリケーションを仮想化して配信することで、ユーザーのデスクトップにアプリケーションを追加したり再構成したりするたびにマスターイメージを更新する必要がなくなり、デスクトップの管理コストが削減されます。 また、各デスクトップにインストールするアプリケーションが少なくなるため、マスターイメージのハードディスクのサイズを減らしてストレージコストを節約できます。
    • App-Vアプリケーションを公開する場合は、推奨設定のApp-Vクライアント。 App-V Clientは、Microsoft社から提供されます。
    • MCSで作成したマシンカタログで、ローカライズされたMicrosoft Windowsを配信する場合は、マスターイメージに言語パックをインストールして言語オプション(システムロケールや表示言語など)を設定しておく必要があります。 これにより、プロビジョニング時にスナップショットが作成されると、その言語パックおよび言語オプションが仮想マシンで使用されます。

重要:Provisioning ServicesまたはMCSを使用する場合は、マスターイメージ上でMicrosoft System Preparation Utility(Sysprep)を実行しないでください。

マスターイメージを準備するには

  1. ハイパーバイザーの管理ツールを使用して、新しいマスターイメージを作成してから、オペレーティングシステムと、すべてのサービスパックおよび更新プログラムをインストールします。 この時点では、vCPUの数とメモリ量の設定は重要ではありません。これらの値はマシンカタログを作成するときに変更できます。 ただし、デスクトップやアプリケーションの実行に必要なハードディスク容量をこの時点で指定しておく必要があります。この値は後から変更できません。
  2. ハードディスクは、デバイスの場所「0」で接続されている必要があります。 多くの標準マスターイメージテンプレートでは、デフォルトでこの場所にハードディスクが構成されますが、カスタムテンプレートを使用する場合は注意してください。
  3. マスターイメージに前述のソフトウェアをインストールして構成します。
  4. Provisioning Servicesを使用する場合は、マスターターゲットデバイスをドメインに追加する前に、マスターターゲットデバイスから作成したvDiskのVHDファイルを作成します。 詳しくは、Provisioning Servicesのドキュメントを参照してください。
  5. マスターイメージを、そのマスターイメージで提供するアプリケーションやデスクトップのドメインに追加して、仮想マシンを作成するハイパーバイザーホスト上でこのマスターイメージを使用できることを確認します。 MCSを使用している場合、ドメインにマスターイメージを追加する必要はありません。プロビジョニングされたマシンは、マシンカタログの作成ウィザードで指定したドメインに追加されます。
  6. マスターイメージのスナップショットを作成して、わかりやすい名前を付けておくことをお勧めします。 マシンカタログの作成時にスナップショットの代わりにマスターイメージを指定すると、Studioによりスナップショットが作成されますが、そのスナップショットにわかりやすい名前を付けることはできません。

XenServerでのGPU対応マシン用マスターイメージの準備

ホストインフラストラクチャとしてXenServerを使用する場合は、GPU対応マシンに専用のマスターイメージが必要です。 これらの仮想マシンでは、GPUをサポートするビデオカードドライバーをインストールして、グラフィックソフトウェアでGPUを使用できるように構成しておく必要があります。

  1. XenCenterを使用して、標準的なVGA、ネットワーク、およびvCPUを指定して仮想マシンを作成します。
  2. 作成した仮想マシンの構成を変更して、GPU機能(パススルーまたは仮想GPU)を有効にします。
  3. 仮想マシンに適切なオペレーティングシステムをインストールして、RDPを有効にします。
  4. XenServer ToolsとNVIDIAドライバーをインストールします。
  5. パフォーマンスを最適化するため、Virtual Network Computing(VNC)Admin Consoleをオフにして、仮想マシンを再起動します。
  6. RDPの使用を確認するメッセージが表示されます。 RDPを使用してVDAをインストールし、仮想マシンを再起動します。
  7. 必要に応じて、仮想マシンのスナップショットを作成します。このスナップショットは、ほかのGPUマスターイメージのテンプレートとして使用できます。
  8. RDPを使用して、GPUを使用するアプリケーションを仮想マシンにインストールします。

Studioでのマシンカタログの作成

マシンカタログの作成ウィザードを開始する前に、このセクションを確認して、選択する項目および指定する情報について理解しておいてください。 このウィザードで選択する項目によっては、後述のページの一部が表示されなかったり、タイトルが異なったりする場合があります。

重要:マスターイメージを使用している場合、マシンカタログを作成する前に、イメージにVDAをインストールしていることを確認してください。

Studioで以下の操作を行います。

  • サイトを作成した後でマシンカタログを作成していない場合は、マシンカタログを作成するための説明が表示されます。
  • 既存のマシンカタログがあり、別のマシンカタログを作成する場合は、Studioのナビゲーションペインで[マシンカタログ]を選択し、[操作]ペインの[マシンカタログの作成]を選択します。

ウィザードの指示に従って、以下の操作を行います。 選択内容によっては、異なるウィザードページが表示されることがあります。

オペレーティングシステム

各カタログでは、以下のいずれかの種類のマシンを追加します。

  • サーバーOSマシン:サーバーOSマシンのカタログでは、複数のユーザーが共有可能なデスクトップやアプリケーションが提供されます。 マシンでは、サポートされているバージョンのWindowsまたはLinuxオペレーティングシステムを実行できますが、両方をカタログに含めることはできません。
  • デスクトップOSマシン:デスクトップOSマシンのカタログでは、さまざまなユーザーに割り当てられるデスクトップやアプリケーションが提供されます。
  • リモートPCアクセス:リモートPCアクセスのカタログでは、オフィスにあるユーザーの物理デスクトップマシンへのリモートアクセスが提供されます。 リモートPCアクセスでは、セキュリティを保護するためのVPNが不要です。

マシン管理

[マシン管理]ページでは、マシンの管理方法と、マシンの展開に使用するツールが示されます。

Studioを使用してカタログ内のマシンの電源を管理するかどうかを選択します。

  • Studioで電源管理したりクラウド環境でプロビジョニングしたりするマシン(仮想マシンやブレードPCなど)。 このオプションは、ハイパーバイザーやクラウドサービスへの接続が構成済みの場合にのみ使用可能です。
  • Studioで電源管理しないマシン(物理マシンなど)。

マシンがStudioで電源管理されるか、クラウド環境でプロビジョニングされるよう指定した場合、マシンの展開に使用するツールを選択します。

  • MCS(Machine Creation Services) - マスターイメージを使用して仮想マシンを作成および管理します。 クラウド環境内のマシンカタログではMCSが使用されます。 MCSは物理マシンでは使用できません。
  • Provisioning Services — 複数のターゲットデバイスを単一のデバイスコレクションとして管理します。 マスターターゲットデバイスからイメージ作成されたProvisioning Services vDiskを使用して、デスクトップとアプリケーションを配信します。 このオプションはクラウド展開では使用できません。
  • ほかのサービスまたはテクノロジ — 上記以外のツールでデータセンター内の既存のマシンを管理します。 この場合、Microsoft System Center Configuration Managerまたはほかのサードパーティアプリケーションを使用してカタログ内のマシン構成を一貫させることをお勧めします。

デスクトップの種類(デスクトップエクスペリエンス)

[デスクトップエクスペリエンス]ページ(デスクトップOSマシンを含むカタログの作成時のみに表示)では、作成されるデスクトップの種類が決定されます。 デスクトップがユーザーに割り当てられるかどうか、およびユーザーが加えた変更がマシンの再起動時にどのように処理されるかによって種類が異なります。

次の3つの種類があります。

  • プール、ランダム:デスクトップがランダムに割り当てられます。ユーザーがログオンするたびに、新しい(ランダム)デスクトップに接続されます。 ユーザーがログオフすると、別のユーザーがデスクトップを利用できるようになります。 デスクトップが再起動されると、行った変更はすべて破棄されます。
  • プール、静的:デスクトップが恒久的に割り当てられます。ユーザーがログオンするたびに、同じ(静的)デスクトップに接続されます。 ユーザーがログオフしても、そのユーザーのみがデスクトップを利用できます。 デスクトップが再起動されると、行った変更はすべて破棄されます。
  • 専用:デスクトップが、恒久的に1人のユーザーに割り当てられます。 ユーザーがログオフしても、そのユーザーのみがデスクトップを利用できます。 デスクトップが再起動されても、行った変更はすべて保持されます。 変更は、ローカル仮想マシンディスクか、専用のPersonal vDiskの指定したドライブ文字に保存することができます。

マスターイメージ

ホストハイパーバイザーまたはクラウドサービスへの接続を選択してから、過去に作成したスナップショットまたは仮想マシンを選択します。  最初のマシンカタログを作成する場合、サイトの作成時に構成した接続のみを使用できます。  

そのほかの注意事項:

  • Provisioning ServicesまたはMCSを使用する場合は、マスターイメージ上でMicrosoft System Preparation Utility(Sysprep)を実行しないでください。
  • スナップショットの代わりにマスターイメージを指定すると、Studioでスナップショットが作成されますが、そのスナップショットにわかりやすい名前を付けることはできません。

最新の製品機能を使用できるようにするため、マスターイメージに最新のVDAバージョンがインストールされていることを確認してください。 ウィザードページにおいてデフォルトで選択されている、[インストールされているVDAのバージョンを選択します]は変更しないでください。

ウィザードで過去に選択したマシン管理テクノロジとの互換性がないスナップショットまたは仮想マシンを選択すると、エラーメッセージが表示されます。

セキュリティ(クラウドサービス環境)

仮想マシンの1つまたは複数のセキュリティグループを選択します。これらはアベイラビリティゾーンでセキュリティグループがサポートされる場合にのみ表示されます。

マシンで使用するハードウェアとして、共有のハードウェアまたはアカウント専用のハードウェアを選択します。

仮想マシン、デバイスコレクション、または仮想マシンとユーザー

このページのタイトルは、[マシン管理]ページで選択した展開方法によって変わります。

  • MCSを選択した場合、このページのタイトルは[仮想マシン]です。
  • Provisioning Servicesを選択した場合、このページのタイトルは[デバイスコレクション]です。
  • そのほかのツールを選択した場合、このページのタイトルは[仮想マシンとユーザー]です。

ページ名

  • 作成する仮想マシンの数を指定します。
  • 各マシンのメモリ量(MB単位)を選択します。 各仮想マシンには32GBのハードディスクがあります。この値はマスターイメージで設定され、マシンカタログでは変更できません。
  • [デスクトップエクスペリエンス]ページでユーザーによる専用デスクトップへの変更を専用のPersonal vDiskに保存することを指定した場合は、vDiskサイズ(GB単位)とドライブ文字を指定します。
  • 展開に複数のゾーンが含まれている場合、カタログのゾーンを選択できます。

ネットワークインターフェイスカード(NIC)

複数のNICを使用する場合は、各NICに仮想ネットワークを関連付けます。 たとえば、特定のセキュアネットワークへのアクセスに1枚のNICを割り当てて、より一般的なネットワークへのアクセスに別のNICを割り当てることができます。 また、このページでNICを追加または削除することもできます。

マシンアカウント

(リモートPCアクセスカタログのみで有効)ユーザーまたはユーザーグループに対応するActive Directoryマシンアカウントまたは組織単位(OU)を指定して追加します。 組織単位名にはスラッシュ(/)を使用しないでください。

構成済みの電源管理接続を選択するか、電源管理を使用しないことを選択します。 電源管理に必要な接続が構成済みでない場合は、マシンカタログの作成後に新しい接続を作成してから、そのマシンカタログを編集して電源管理設定を更新できます。

コンピューターアカウント

カタログ内の各マシンには、対応するActive Directoryコンピューターアカウントを割り当てる必要があります。 新しいアカウントを作成するか既存のものを選択して、アカウントの場所を指定します。

  • 新しいアカウントを作成する場合は、マシンが存在するドメインのドメイン管理者権限が必要です。

作成するマシンのアカウント名前付けスキームを指定します。番号記号(#)により、名前に追加される連番または文字とその位置が定義されます。 組織単位名にはスラッシュ(/)を使用しないでください。 名前の先頭に番号記号を配置することはできません。 たとえば、名前付けスキームとして「PC-Sales-##」を指定して[0~9]を選択すると、PC-Sales-01、PC-Sales-02、PC-Sales-03などのコンピューターアカウント名が作成されます。

  • 既存のアカウントを使用する場合、アカウントを参照するか、[インポート]をクリックしてアカウント名の一覧のCSVファイルを指定します。 インポートするファイルでは、次の形式を使用する必要があります。

[ADComputerAccount]
ADcomputeraccountname.domain

...

追加するマシンに十分な数のアカウントをインポートする必要があります。 これらのアカウントはStudioで管理されるため、すべてのアカウントのパスワードのリセットをStudioに許可するか、アカウントのパスワードを指定します(すべてのアカウントで同じパスワードを使用する必要があります)。

物理マシンまたは既存のマシン用のカタログでは、既存のアカウントを選択またはインポートして、各マシンをActive Directoryコンピューターアカウントおよびユーザーアカウントに割り当てます。

Provisioning Servicesで作成されたマシンでは、ターゲットデバイスのコンピューターアカウントは異なる方法で管理されます。詳しくは、Provisioning Servicesのドキュメントを参照してください。

名前と説明

ウィザードの[概要]ページで、指定した設定を確認します。 カタログの名前と説明を入力します。この情報は、Studioに表示されます。

指定した情報を確認してから、[完了]をクリックしてカタログ作成を開始します。