Product Documentation

アプリケーションの

Mar 25, 2016

XenAppまたはXenDesktopサイトの管理では、さまざまなアイテムやタスクに対応する必要があります。

ライセンス管理

サイトを作成するときには、Citrix License Serverへの有効な接続が必要です。 その後、Studioから、ライセンスの追加、ライセンスの種類やモデルの変更、ライセンス管理者の管理などのライセンス管理タスクを行うことができます。 また、Studioからライセンス管理コンソールにアクセスすることもできます。

ゾーン

地理的に分散した展開では、ゾーンを使用して、エンドユーザーにより近いところにアプリケーションやデスクトップを配置し、パフォーマンスを向上させることができます。 サイトをインストールおよび構成するときには、Controller、マシンカタログ、ホスト接続はすべて、プライマリゾーンにあります。 その後、Studioを使って、これらのアイテムを含むサテライトゾーンを作成します。 サイトに複数のゾーンを作成すると、新しく作成するマシンカタログ、ホスト接続、追加のControllerをどのゾーンに配置するか、指定できるようになります。 また、ゾーン間でのアイテムの移動も可能です。

接続とリソース

ユーザーにアプリケーションやデスクトップを配信するマシンのホストに、ハイパーバイザーまたはクラウドサービスを使用している場合、サイトを作成したときに、そのハイパーバイザーまたはクラウドサービスへの最初の接続を作成します。 この接続で使用されるストレージまたはネットワークの詳細は、そのリソースを形成します。 後でその接続やリソースを変更したり、新しい接続を作成したりできます。 また、構成された接続を使用するマシンの管理も可能です。

接続リース

SQL Server高可用性ベストプラクティスを補完する接続リースを使用すると、サイトデータベースが使用不可の場合でも、ユーザーが直近で使用したアプリケーションやデスクトップに接続および再接続できるようになります。 接続リースを使用すると接続の回復性やユーザーの生産性を向上させることができますが、この記事では、Controllerがリース接続モードのときの、そのほかの機能の可用性、操作、およびパフォーマンスに関連する注意事項を説明します。

仮想IPおよび仮想ループバック

Microsoft社の仮想IPアドレス機能により、セッションごとに動的に割り当てられるIPアドレスを公開アプリケーションで使用できます。 Citrixの仮想ループバック機能を使用すると、ローカルホスト(デフォルトで127.0.0.1)と通信するアプリケーションで、ローカルホストの範囲内(127.*)で固有の仮想ループバックアドレスが使用されるように構成できます。

Delivery Controller

VDAでアプリケーションやデスクトップの配信をを支援できるようにするには、まず、Controllerに登録(接続を確立)する必要があります。 Controllerのアドレスは、VDAをインストールするときに、Citrixのポリシー設定やレジストリ設定など数種類の方法で指定できます。 Controllerをサイトに追加、移動、または削除すると同時に、VDAが最新情報を受け取ることが重要です。  この記事では、VDAの登録のタイミングと方法、Controller情報の更新方法、Controllerの追加、削除、および移動方法を説明します。

Sessions

最高のユーザーエクスペリエンスを提供するためには、日々のセッションアクティビティを保守することが重要です。 中には、セッションの信頼性を最適化し、不便さやダウンタイム、生産性の損失を軽減できる機能もあります。

  • セッション画面の保持
  • クライアントの自動再接続
  • ICA Keep-Alive
  • ワークスペースコントロール
  • セッションローミング

Studioでの検索の使用

Studioで、マシン、セッション、マシンカタログ、アプリケーション、またはデリバリーグループに関する情報を表示するには、柔軟な検索機能を使用します。

IPv4/ipv6

XenAppおよびXenDesktopのこのリリースでは、IPv4のみまたはIPv6のみ(ピュアIPv4またはピュアIPv6)の環境がサポートされ、重複するIPv4とIPv6のネットワークを使用した「デュアルスタック」環境がサポートされます。 ここでは、これらの展開について説明します。 また、IPv4またはIPv6の仕様を決定するCitrixポリシー設定についても説明します。

クライアントフォルダーのリダイレクト

クライアントフォルダーのリダイレクトは、クライアント側のファイルがホスト側のセッションのへアクセスする方法を変更します。 サーバー上でクライアント側ドライブのマッピングのみを有効にすると、クライアントの側の全ボリュームがUNC(Universal Naming Convention)リンクとしてセッションに自動的にマップされます。 管理者がサーバー上でクライアントフォルダーのリダイレクトを有効にして、ユーザーがそれをWindowsデスクトップデバイス上で構成すると、ユーザーが指定したローカルボリュームの一部がリダイレクトされます。

ユーザープロファイル

デフォルトでは、VDAをインストールすると、Citrix Profile managementも自動的にインストールされます。 このプロファイルソリューションを使用する場合は、この記事で一般情報を確認し、完全な詳細については、Profile managementのドキュメントを参照してください。