Product Documentation

Session Recordingの構成

Mar 25, 2016

セッションの再生と録画のためのSession Recordingの構成

Session Recordingコンポーネントをインストールしたら、次の作業を行いSession Recordingを設定して、XenAppまたはXenDesktopセッションを録画して表示できるようにします。
  • ユーザーに録画を再生する権限を与える。
  • ユーザーに録画ポリシーを管理する権限を与える。
  • セッションを録画する録画ポリシーをアクティブにする。
  • カスタムポリシーの構成
  • Session Recording Playerを構成してSession Recording Serverと接続する。

ユーザーに録画したセッションを再生する権限を与える。

Session Recordingのデフォルト設定では、どのユーザーにも録画したセッションを再生する権限はありません。 管理者も含め、各ユーザーに権限を割り当てる必要があります。 録画したセッションを再生する権限がないユーザーが録画したセッションを再生しようとすると次のエラーメッセージが表示されます。

  1. Session Recording Serverをホストするコンピューターに管理者としてログオンします。
  2. Session Recording承認コンソールを起動します。
  3. Session Recording承認コンソールで[Player]を選択します。
  4. 録画したセッションを表示する権限を与えるユーザーおよびグループを追加すると、右側のペインに表示されます。

ユーザーに録画ポリシーを管理する権限を与える。

Session Recordingをインストールすると、ドメイン管理者から、録画ポリシーを制御する権限がデフォルトで与えられます。 承認設定は変更できます。

  1. Session Recording Serverをホストするマシンに管理者としてログオンします。
  2. Session Recording承認コンソールを起動して、PolicyAdministratorsを選択します。
  3. 録画ポリシーを管理できるユーザーとグループを追加します。

セッションを録画する録画ポリシーをアクティブに設定。

アクティブな録画ポリシーにより、Session Recording AgentがインストールされておりSession Recording Serverに接続する、すべてのVDAまたはVDIでのセッションの録画処理が決定されます。 Session Recordingのデフォルト設定では、アクティブな録画ポリシーは「録画しない」ポリシーです。 アクティブな録画ポリシーを変更するまで、セッションは録画できません。 

重要:ポリシーには多くの規則を含めることができますが、一度にアクティブにできるポリシーは1つだけです。 

  1. 承認済みのポリシー管理者として、Session Recording Policy Consoleがインストールされているサーバーにログオンします。
  2. Session Recording Policy Consoleを起動します。
  3. [Connect to Session Recording Server]ポップアップウィンドウが開いたら、Session Recording Serverをホストするコンピューターの名前、プロトコル、およびポートが正しいことを確認します。

     
  4. Session Recording Policy Consoleで、[録画ポリシー]を展開します。 Session Recordingの標準の録画ポリシーが表示されます。チェックマークはアクティブなポリシーを示します。
    • 録画しない。 これがデフォルトのポリシーです。 ほかのポリシーを指定しなければ、セッションは録画されません。
    • すべてのユーザーを通知して録画する。 このポリシーを選択すると、すべてのセッションが録画されます。 録画されていることを通知するポップアップウィンドウがエンドユーザーに表示されます。
    • すべてのユーザーを通知しないで録画する。 このポリシーを選択すると、すべてのセッションが録画されます。 録画されていることを通知するポップアップウィンドウが開くことはありません。
  5. アクティブにするポリシーを選択します。
  6. メニューバーで[操作][ポリシーのアクティブ化]の順に選択します。
注:Session Recordingでは独自の録画ポリシーを作成できます。 録画ポリシーを作成すると、Session Recording Policy Consoleの[録画ポリシー]フォルダーに表示されます。
一般的な録画ポリシーでは要件に合わないことがあります。 ユーザー、VDAおよびVDIサーバー、デリバリーグループ、およびアプリケーションをベースとしてポリシーとルールを構成できます。 カスタムポリシーについて詳しくは、「カスタム録画ポリシーの作成」を参照してください。

Session Recording Playerの構成

Session Recording Playerでセッションを再生するには、録画されたセッションを格納するSession Recording Playerとの接続を設定する必要があります。 Session Recording Playerごとに複数のSession Recording Serverとの接続を設定できますが、同時に複数のSession Recording Serverに接続することはできません。 Session Recording Playerに複数のSession Recordingサーバーとの接続が構成される場合は、[ツール]>[オプション][接続]タブのチェックボックスをオンにして、接続先のSession Recordingサーバーを変更できます。

  1. Session Recording Playerがインストールされているワークステーションにログオンします。
  2. Session Recording Playerを起動します。
  3. Session Recording Playerのメニューバーで[ツール]>[オプション]の順に選択します。
  4. [接続]タブで[追加]をクリックします。
  5. [ホスト名]フィールドに、Session Recording Serverをホストするコンピューターの名前かインターネットプロトコル(IP)アドレスを入力し、プロトコルを選択します。 デフォルトでは、セキュリティで保護された通信のためHTTPS/SSLを使用するようにSession Recordingが構成されます。 SSLが構成されていない場合は、HTTPを選択します。
  6. Session Recording Playerが複数のSession Recording Serverと接続できるように構成する場合は、Session Recording Serverごとに手順4および5を繰り返します。
  7. 接続するSession Recording Serverのチェックボックスがオンになっていることを確認します。

Session Recording Serverとの接続の設定

Session Recording AgentとSession Recording Serverの間の接続は、通常、Session Recording Agentをインストールするときに設定します。 Session Recording Agentをインストールした後でこの接続を設定するには、[Session Recording Agentのプロパティ]を使用します。

  1. Session Recording Agentがインストールされているサーバーにログオンします。
  2. [スタート]ボタンをクリックし、[Session Recording Agentのプロパティ]を選択します。
  3. [接続]タブをクリックします。
  4. [Session Recording Server]フィールドに、サーバーの名前かインターネットプロトコル(IP)アドレスを入力します。
  5. [Session Recordingストレージマネージャーメッセージのキュー]で、Session Recordingストレージマネージャーが通信に使用するプロトコルを選択し、必要であればデフォルトのポート番号を変更します。
  6. [メッセージの有効期間]フィールドで、通信エラーが発生したときにキューに各メッセージを保持する秒数として、デフォルトの7200秒(2時間)を受け入れるか、新しい値を入力します。 この期間が経過すると、メッセージは削除され、ファイルを再生できるのはデータが失われた時点までになります。
  7. [Session Recording Broker]で、Session Recording Brokerが通信に使用するプロトコルを選択し、必要であればデフォルトのポート番号を変更します。
  8. 確認メッセージが表示されたら、Session Recording Agentサービスを再起動して変更を受け入れます。