Product Documentation

VM Hosted Apps

Mar 25, 2016

VM Hosted Appとは、デスクトップOSマシンを使用してユーザーに配信するアプリケーションを指します。

使用例

  • セキュアなクライアントベースのアプリケーション配信により、シームレスかつ高品位に表示されるアプリケーションをユーザーに配信し、管理を一元化して単一ホストサーバー(またはハイパーバイザー)で多くのユーザーをサポートする。
  • ユーザーは、内部または外部契約社員、サードパーティの協力者、臨時社員などである。 ホスト上のアプリケーションへのオフラインアクセスは不要。
  • アプリケーション種類:ほかのアプリケーションと共存できないアプリケーションや、オペレーティングシステムと一緒に動作するMicrosoft .NET Frameworkなどのアプリケーション。 これらのアプリケーションは、仮想マシン上でのホストに適しています。

Windows XPやWindows Vistaなど以前のバージョンのオペレーティングシステムや、32ビットや16ビットの古いアーキテクチャで動作するアプリケーション。 各アプリケーションを専用の仮想マシン上で分離して、1つの仮想マシンに障害が発生してもほかのユーザーに影響しないようにします。

特長と注意事項

  • マスターイメージ上のアプリケーションおよびデスクトップは、データセンター内のマシン上でセキュアに管理、ホスト、および実行されます。また、最もコスト効率に優れたアプリケーション配信ソリューションでもあります。
  • ユーザーがログオンすると、同じアプリケーションをホストするデリバリーグループ内のマシンにランダムに割り当てられます。 管理者は、ユーザーがログオンするたびに同じマシンが割り当てられるように構成することもできます。 このようにマシンをユーザーに静的に割り当てると、ユーザーが仮想マシンにアプリケーションをインストールしたり独自に管理したりできるようになります。
  • デスクトップOSマシンでは、複数のセッションを実行できません。 このため、ユーザーがログオンするとデリバリーグループ内の1つのマシンが消費され、オフライン状態ではアプリケーションにアクセスできなくなります。
  • この方法では、アプリケーションの処理のためのサーバーリソースと、ユーザーのPersonal vDisk用のストレージ容量が多くなります。

ユーザーエクスペリエンス

サーバーOSマシン上でホストされる共有アプリケーションと同様のシームレスなユーザーエクスペリエンスが提供されます。

プロセス、ホスト、および配信

仮想デスクトップOSマシンが使用されることを除き、サーバーOSマシンの場合と同様です。

セッション管理と割り当て

  • 1つのデスクトップOSマシンで実行できるデスクトップセッションは1つのみです。 アプリケーションにのみアクセスする場合は、各アプリケーションが個別のセッションと見なされるため、単一ユーザーが複数のアプリケーションを使用できます。
  • デリバリーグループ内では、ログオンしたユーザーは、静的に割り当てられたマシン(毎回、必ず同じマシンにログオンする)、またはセッションの可用性に基づいてランダムに割り当てられたマシンにアクセスします。

VM Hosted Appを配信するには、次の手順に従います。

  1. サポートされるWindowsデスクトップOSのマスターイメージ上に、配信するアプリケーションをインストールします。
  2. このマスターイメージのマシンカタログを作成するか、既存のマシンカタログをこのマスターイメージで更新します。
  3. マシンカタログのデスクトップエクスペリエンスを定義するときに、ユーザーがログオンするたびに新しい仮想マシンに接続するのか同じ仮想マシンに接続するのかを指定します。
  4. アプリケーションをユーザーに配信するためのデリバリーグループを作成します。
  5. インストール済みアプリケーションの一覧で、配信するアプリケーションを選択します。

詳しくは、インストールと構成に関する記事を参照してください。