Product Documentation

移行例

Mar 25, 2016

例1:単一の大規模XenDesktop 4ファームをXenDesktop 7サイトに移行する

ここでは、使用中の単一XenDesktop 4ファームで説明します。 このXenDesktop 4ファームには50のデスクトップグループが構成されており、各グループに平均100のデスクトップが追加されています。 XenDesktop 4デスクトップはProvisioning Services(PVS)でプロビジョニングされ、仮想マシンはVMware ESXハイパーバイザー上で動作しています。 すべての仮想マシンにXenDesktop 4のVDAがインストールされています。

移行手順

  1. すべてのXenDesktop 4 VDAをXenDesktop 5.6 Feature Pack 1バージョンのVDAにアップグレードします。 これにより、VDAをXenDesktop 4のControllerとXenDesktop 7のDelivery Controllerの両方に登録できます。
  2. XenDesktop 4ファームにログオンしているユーザーがいないことを確認します。
  3. すべてのマシンがメンテナンスモードであることを確認します。
  4. XenDesktop 4ファームでエクスポートツール(XdExport)を実行します。
  5. XenDesktop 7の各コンポーネントをインストールします。
    1. Studioを使用して完全な実稼働環境サイトを作成します。
    2. Provisioning Servicesを使用している場合は、Provisioning Servicesサーバーおよびエージェントをアップグレードします。
    3. ライセンスサーバーおよび関連ライセンスをアップグレードします。
  6. インポートツール(XdImport)の圧縮を解除して、XenDesktop 7 Controllerのローカルディレクトリ上に抽出します。
  7. 手順4.で生成したエクスポートツールのXMLファイル(XdSettings.xml)を上記のローカルディレクトリにコピーします。
  8. StudioでXenDesktop 7サイトのルートノードのPowerShellコンソールを開き、PowerShellセッションを起動します。
  9. ハイパーバイザーの資格情報およびコピーしたXMLファイルのパスを指定してインポートツール(XdImport)を実行します。
  10. Studioの[管理者]ノードで管理者設定を再作成します。詳しくは、「委任管理」を参照してください。
  11. インポートされたデスクトップでレジストリベースのController検出が使用されるようにして、新しいXenDesktop 7のControllerを指定します。
  12. Windows 7上のVDAについては、それらのVDAをXenDesktop 7 VDA for Windows Desktop OSにアップグレードすることをお勧めします。これにより、XenDesktop 7のすべての機能を使用できるようになります。

    カタログまたはデリバリーグループのマシンのVDAソフトウェアをXenDesktop 7にアップグレードしたら、「マシンカタログの管理」および「デリバリーグループにおける設定の管理」の説明に従ってカタログとデリバリーグループをアップグレードします。

  13. デリバリーグループのメンテナンスモードを解除します。
  14. Web Interfaceで提供していたデスクトップがStoreFrontで提供されるように構成します。 詳しくは、StoreFrontのドキュメントを参照してください。

例2:XenDesktop 4ファームの一部をXenDesktop 7.1サイトに移行する

この例では、デスクトップをいくつかのグループに分けて段階的に移行します。 ここでは、使用中の単一XenDesktop 4ファームと、作成済みで使用中の単一XenDesktop 7.1サイトで説明します。 このXenDesktop 4ファームには50のデスクトップグループが構成されており、各グループに平均100のデスクトップが追加されています。 XenDesktop 4デスクトップはProvisioning Servicesでプロビジョニングされ、仮想マシンはCitrix XenServerハイパーバイザー上で動作しています。 すべての仮想マシンにXenDesktop 4のVDAがインストールされています。

移行手順
  1. XenDesktop 4ファームでエクスポートツールを実行します。
    1. XenDesktop 4ファームの任意のController上でエクスポートツール(XdExport)の圧縮を解除します。
    2. Citrix管理者アカウントで、パラメーターを指定せずにエクスポートツールを実行します。
  2. 生成されたXMLファイルを開き、移行対象のグループおよびデスクトップ以外のエントリを削除します。
  3. XenDesktop 4ファームで、移行対象のデスクトップにログオンしているユーザーがいないことと、それらのデスクトップがメンテナンスモードであることを確認します。
  4. インポートツール(XdImport)の圧縮を解除して、XenDesktop 7.1 Delivery Controllerのローカルディレクトリ上に抽出します。
  5. 編集したXMLを上記のローカルディレクトリにコピーします。
  6. StudioでXenDesktop 7.1サイトのルートノードのPowerShellコンソールを開き、PowerShellセッションを起動します。
  7. ハイパーバイザーの資格情報およびコピーしたXMLファイルのパスを指定してインポートツール(XdImport)を実行します。
  8. Studioの[管理者]ノードで管理者設定を手動で再作成します。詳しくは、「委任管理」を参照してください。
  9. インポートされたデスクトップでレジストリベースのController検出が使用されるようにして、新しいXenDesktop 7.1のControllerを指定します。
  10. すべてのVDAを適切なバージョンにアップグレードします。
  11. デリバリーグループのメンテナンスモードを解除します。
  12. Web Interfaceで提供していたデスクトップがStoreFrontで提供されるように構成します。 詳しくは、StoreFrontのドキュメントを参照してください。