Product Documentation

XenMobile Server 10.3の修正された問題

Aug 02, 2016

XenMobile 10.3では、次の問題が修正されています。 XenMobile 10.3.5で修正された問題については、XenMobile 10.3.5の「既知の問題」のトピックを参照してください。  

キャリアSMSゲートウェイ経由でSMTPからメールを送信する場合に、メールアドレスにメール送信プレフィックスが2回追加される場合があります。 [#492629]

Cisco Identity Service EngineからXenMobileへのHTTP GET要求が、404エラーで失敗することがあります。 [#555554]

ファイルのアップロードポリシーが、Androidデバイスにファイルをプッシュするように設定されている場合、デバイスへのファイルのプッシュが失敗することがあります。 その場合に、デバイス上で「契約条件」の文が表示される場合があります。 [#564144]

モバイルデバイス管理(MDM:Mobile Device Management)のID証明書がSCEP(Simple Certificate Enrollment Protocol)によって配布され、組み込みの公開キー基盤を使用して発行される場合、これらのIDの更新時に、XenMobileが以前の証明書を適切に取り消さない場合があります。 その結果、影響を受けるデバイスがMDM機能を失う場合があります。 [#569999]  

プロキシサーバーの構成後、接続チェックによって生成されるネットワークトラフィックがそのプロキシサーバーを通過せず、接続に失敗します。 [#571467]

ユーザーが子ドメインのメンバーである場合、SAMLアプリへの接続に失敗します。 [#571851]

iOS MDXアプリが[除外するデバイス]の一覧に含まれている場合、デバイスがモバイルアプリケーション管理のみのモード(MAMモード)のときにこのアプリがWorxStoreに表示されません。 [#571900]

XenMobile 10にアップグレードした後、デバイスの検索が最大30秒かかることがあり、CPU使用率も100%まで上昇します。 [#577010]

マルチノードクラスター環境でWorxWebを使用してイントラネットサイトをブラウズするときに、ユーザーがURLにアクセスできず、「Error Invalid OTT」というメッセージが表示されることがあります。[#577273]

XenMobileをプロキシサーバーと共に構成した場合、Google Playの資格情報の追加またはAndroidパブリックアプリケーションストアのアプリ作成を実行しようとすると失敗することがあります。 [#578727]

Internet Explorer 11の公開バージョンでXenMobileコンソールを開こうとすると、空のページが開きます。 [#578729]

このリリースでは、iOS 8用のWPA2パーソナルとWPA2エンタープライズがサポートされるようになりました。 [#579616]

XenMobileコンソールでアプリの追加またはアップロードを行う場合に、既存のアプリと同じアプリファイル名を使用してアプリをXenMobileにアップロードすると、エラーになることがあります。 [#580359]

Androidデバイスで、WorxアプリをWorx Storeからダウンロードすることができません。 [#582044]

マクロにユーザー名と電話番号を入力するときに、変換機能によって電話番号が正しく変換されません。 [#589130]

[アクティベーションロックのバイパス]コマンドが一部のiOSデバイスで機能しない場合があります。 [#589991]

「memberOf」プロパティの値が255文字を超えている場合、「No groups found」というエラーメッセージが表示されます。
ユーザーがWorx HomeからWindowsアプリを開こうとすると、列挙は成功しますが、アプリが開きません。 「Could not add account」というエラーメッセージが表示されます。[#590046]

チャレンジパスワードを求めるSimple Certificate Enrollment Protocol(SCEP)ポリシーを作成すると、そのポリシーを保存できません。 このリリースでは、チャレンジパスワードのフィールドが任意になりました。 [#590798]

プロキシサーバーを使用するようにXenMobileを構成した場合、Android for Workが外部Webサイトに接続できません。 [#591707]

IPAアプリをApp Controllerにアップロードしようとすると失敗し、「Invalid package type for selected app」というエラーメッセージが表示されます。このメッセージは、PNGイメージにエラーがある場合に表示されます。 [#592748]

ユーザーを登録しようとすると、「User does not exist」というエラーメッセージが表示されます。このエラーは、ユーザーの登録情報を削除して再登録した後に発生します。 この状況になったときには、Active Directoryにユーザーが再作成されます。 [#593028]

Microsoft OutlookまたはMicrosoft Exchangeアカウントからカレンダーの招待状を作成した場合、WorxMailに表示されるまでに長い時間がかかることがあります。 [#594542]

ワークフローの設定時に443(デフォルト)以外のポート番号を使用すると、ユーザーがそのワークフローのリンクを開くことができません。 [#599441]

ユーザーがXenMobileサーバーからデバイス上のAndroidアプリを更新できません。 [#601251]

Azure Active Directoryからユーザーを登録した場合に、ユーザーがWorxアプリにログオンできません。 [#608505]

2015年12月時点で、Nexmo SMSではHTTPS接続のみがサポートされます。 XenMobileのデフォルトでは、[ON]になっています。 この値を[OFF]に変更しても影響はありません。 アップグレード後もこの値は[OFF]と表示されますが、接続は安全です。 [#609306]

WorxStoreでは、ライセンスがデバイスのみに適用されている場合でも、Volume Purchase Program(VPP)が必要です。 [#610338]