Product Documentation

Samsungコンテナーへのアプリケーションのコピーデバイスポリシー

Apr 27, 2017

デバイスに既にインストールされているアプリケーションが、サポートされているSamsungデバイス上のSEAMSコンテナーまたはKNOXコンテナーにコピーされるように指定できます(サポートされるデバイスについて詳しくは、SamsungのSamsung KNOX Supported Devicesページを参照してください)。SEAMSコンテナーにコピーされたアプリケーションは、ユーザーのホーム画面で使用できます。KNOXコンテナーにコピーされたアプリケーションは、ユーザーがKNOXコンテナーにサインインした場合のみ使用できます。 

前提条件

  • デバイスをXenMobileに登録する必要があります。
  • Samsung MDMキー(ELMおよびKLM)を展開する必要があります(展開方法について詳しくは、「Samsung MDMライセンスキーデバイスポリシー」を参照してください)。
  • アプリケーションがデバイスにインストール済みである必要があります。
  • デバイスでKNOXを初期化して、アプリケーションをKNOXコンテナーにコピーします。

1. XenMobileコンソールで、[Configure]の[Device Policies]をクリックします。

2.[Add]をクリックします。[Add a New Policy]ダイアログボックスが開きます。

3. 3.[More]を展開し、[Security]の下の[Copy Apps to Samsung Container]をクリックします。[Copy Apps to Samsung Container Policy]情報ページが開きます。

localized image

4.[Policy Information]ペインで、以下の情報を入力します。

  • Policy Name: ポリシーの説明的な名前を入力します。
  • Description:任意で、ポリシーの説明を入力します。

5.[Next]をクリックします。[Policy Platforms]ページが開きます。

localized image

6. [Platforms]の下で、追加するプラットフォームをオンにします。1つのプラットフォームのみを構成する場合は、それ以外のプラットフォームをオフにします。

1つのプラットフォームの設定の構成が完了したら、手順8を参照してプラットフォームの展開規則を設定します。 

7. 7. 選択したプラットフォームごとに、次の設定を構成します。

  • New app:一覧に追加するアプリケーションごとに、[Add]をクリックして以下の操作を行います。
    • パッケージIDを入力します。たとえば、LacingArtアプリの場合、「lacingart」と入力します。
    • [Save]または[Cancel]をクリックします。

: 既存のアプリを削除するには、その項目が含まれる行の上にマウスポインターを置き、右側のごみ箱アイコンをクリックします。確認ダイアログボックスが開きます。項目を削除するには[Delete]をクリックし、項目をそのままにするには[Cancel]をクリックします。

既存のアプリケーションを編集するには、項目が含まれる行の上にマウスポインターを置き、右側のペンアイコンをクリックします。項目を変更し、[Save]をクリックして変更した項目を保存するか、[Cancel]をクリックして項目を変更せずそのままにします。

8. 展開規則を構成します。

9.[Next]をクリックします。次のプラットフォームのページまたはポリシーの[Copy Apps to Samsung Container Policy]割り当てページが開きます。

localized image

10.[Choose delivery groups]の横に、ポリシーを割り当てるデリバリーグループを入力して検索するか、一覧でグループを選択します。選択したグループが[アプリ割り当てを受信するためのデリバリーグループ]一覧に表示されます。

11.[Deployment Schedule]を展開して以下の設定を構成します。

  • [Deploy]の横の[ON]をクリックすると展開がスケジュールされ、[OFF]をクリックすると展開が行われません。デフォルトのオプションは[ON]です。[OFF]を選択した場合、そのほかのオプションを構成する必要はありません。
  • [Deployment schedule]の横の[Now]または[Later]をクリックします。デフォルトのオプションは[Now]です。
  • [Later]をクリックした場合は、カレンダーアイコンをクリックして展開日時を選択します。
  • [Deployment condition]の横の[On every connection]をクリックするか、[Only when previous deployment has failed]をクリックします。デフォルトのオプションは、[On every connection]です。
  • [Deploy for always-on connection]の横の[ON]または[OFF]をクリックします。デフォルトのオプションは[OFF]です。

注:

  • このオプションは、[Settings]の[Server Properties]において、バックグラウンドで展開するキーのスケジュールを構成した場合に適用されます。常時接続オプションは、iOSデバイスでは使用できません。
  • 構成した展開スケジュールはすべてのプラットフォームについて同一です。すべてのプラットフォームに変更が適用されます。ただしiOSには、[Deploy for always on connection]は適用されません。

12.[Save]をクリックしてポリシーを保存します。

ポリシーが正常に展開されると、SEAMSアプリケーションは[Device details]ページの見出し[Location: Enterprise SEAMS Location]の下に、KNOXアプリケーションは見出し[Location: Enterprise Location]の下に表示されます。