SNMPの監視

XenMobile ServerでSNMP監視を有効にすると、監視システムがXenMobileノードの情報をクエリして情報を取得できるようになります。クエリでは、プロセッサ負荷、負荷平均、メモリ使用状況、接続性などのパラメーターを使用します。認証および暗号化の仕様など、SNMP v3について詳しくは、RFC 3414の公式のSNMPドキュメントを参照してください。

注:

SNMP v3の監視は、XenMobile Server 10.8以降でサポートされています。

SCOM(System Center Operations Manager)などのSNMP監視をサポートするさまざまな監視アプリケーションを使用できます。SCOMの構成について詳しくは、Citrix Support Knowledge Centerの記事を参照してください。

前提条件

次のTCPポートを構成します。

  • ポート161(UDP): UDPプロトコルを使用するSNMPトラフィックに使用されます。接続元はSNMPマネージャーで、接続先はXenMobileです。
  • ポート162(UDP): XenMobileからSNMPマネージャーにSNMPトラップ通知を送信するために使用されます。接続元はXenMobileで、接続先はSNMPマネージャーです。

XenMobileのポート構成について詳しくは、「ポート要件」を参照してください。

SNMPを含むオンプレミスのXenMobile環境のアーキテクチャ図については、「オンプレミス環境のリファレンスアーキテクチャ」を参照してください。

SNMPを設定する一般的な手順は次のとおりです。

  1. ユーザーの追加: ユーザーは、トラップの受信とXenMobile Serverの監視権限を継承します。
  2. SNMPマネージャーを追加してトラップを受信: トラップとは、XenMobileノードがユーザー定義の最大しきい値を超えたときにXenMobileによって生成される通知です。
  3. XenMobileと対話するようにSNMPマネージャを設定: XenMobile Serverは特定の管理情報ベース(MIB)を使用して処理を実行します。MIBは、XenMobileコンソールの [設定]>[SNMPの構成] ページからダウンロードします。次にMIBインポーターを使用して、MIBをSNMPマネージャーにインポートします。

    注:

    すべてのSNMPマネージャーには、固有のMIBインポーターがあります。

  4. トラップの有効化: XenMobileコンソールでトラップを有効にし、環境に応じて間隔としきい値を定義します。
  5. サードパーティのSNMPマネージャ内のトラップを表示する: トラップを表示するには、SNMPマネージャを確認します。一部のマネージャーでは、マネージャーの外部で通知を有効にする設定が可能です。電子メールなどに通知が表示されるように構成できます。

XenMobileから次のトラップを生成できます。

トラップ名 監視オブジェクトID(OID) 説明
プロセッサ負荷 .1.3.6.1.2.1.25.3.3.1.2 ユーザー定義の間隔でシステムのCPU負荷を監視します。負荷がカスタムしきい値を超える場合、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
1分間の負荷平均 .1.3.6.1.4.1.2021.10.1.5.1 ユーザー定義の間隔で1分間の平均システム負荷を監視します。負荷平均がカスタムしきい値を超える場合、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
5分間の平均負荷 .1.3.6.1.4.1.2021.10.1.5.2 ユーザー定義の間隔で5分間の平均システム負荷を監視します。負荷平均がカスタムしきい値を超える場合、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
15分間の負荷平均 .1.3.6.1.4.1.2021.10.1.5.3 ユーザー定義の間隔で15分間の平均システム負荷を監視します。負荷平均がカスタムしきい値を超える場合、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
使用可能なメモリの合計 .1.3.6.1.4.1.2021.4.11 ユーザー定義の間隔で使用可能なメモリを監視します。平均メモリがカスタムしきい値を下回る場合、XenMobileはSNMPトラップを生成します。注:使用可能なメモリの合計には、RAMメモリとスワップメモリ(仮想メモリ)の両方が含まれます。スワップメモリの合計を取得するには、SNMP OID .1.3.6.1.4.1.2021.4.3を使用してクエリできます。使用可能なスワップメモリを取得するには、SNMP OID .1.3.6.1.4.1.2021.4.4を使用してクエリできます。
使用ディスク記憶域の合計 .1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.1 ユーザー定義の間隔でシステムディスク記憶域を監視します。ディスク記憶域がカスタムしきい値を超える場合、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Javaヒープメモリ使用状況 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.2.4.0 ユーザー定義の間隔でXenMobileのJava仮想マシン(JVM)のヒープメモリの使用状況を監視します。使用量がカスタムしきい値を超える場合、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Javaメタスペース使用状況 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.2.5.0 ユーザー定義の間隔でXenMobileのJavaメタスペースの使用状況を監視します。使用量がしきい値を超える場合、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
LDAPの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.1.0 ユーザー定義の間隔でLDAPサーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
DNSの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.2.0 ユーザー定義の間隔でDNSサーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Googleストアサーバーの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.3.0 ユーザー定義の間隔でGoogleストアサーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Windows Phoneストアの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.4.0 ユーザー定義の間隔でWindows PhoneストアサーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Windowsタブレットストアの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.5.0 ユーザー定義の間隔でWindowsタブレットストアサーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Windowsセキュリティトークンサーバーの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.6.0 ユーザー定義の間隔でWindowsセキュリティトークンストアサーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Windows通知サーバーの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.7.0 ユーザー定義の間隔でWindows通知サーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Appleプッシュ通知サーバー(APNs)の接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.8.0 ユーザー定義の間隔でAPNsとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Appleフィードバックサーバーの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.9.0 ユーザー定義の間隔でAppleフィードバックサーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Apple ストアサーバーの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.10.0 ユーザー定義の間隔でApple ストアサーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
XenMobileデータベースの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.11.0 ユーザー定義の間隔でXenMobileデータベースとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Google Cloud Messagingサーバーの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.12.0 ユーザー定義の間隔でGoogle Cloud MessagingサーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
Citrixライセンスサーバーの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.13.0 ユーザー定義の間隔でCitrixライセンスサーバーとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
NetScaler Gatewayの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.15.0 ユーザー定義の間隔でNetScaler GatewayとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
XenMobileノード間の接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.16.0 ユーザー定義の間隔でXenMobileクラスターノード間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。
XenMobile Tomcatノードサービスの接続性 .1.3.6.1.4.1.3845.5.1.1.18.17.0 ユーザー定義の間隔でXenMobile TomcatノードサービスとXenMobileノードとの間の接続を監視します。接続に失敗すると、XenMobileはSNMPトラップを生成します。

サーバーのパフォーマンスを最大にするためにSNMPのしきい値を設定するときは、次の点に注意してください。

  • 呼び出しの頻度
  • 収集されるトラップデータとしきい値のチェック
  • ノード間通信のメカニズム
  • 接続チェックの頻度
  • チェック中に失敗した場合のタイムアウト

SNMPユーザーを追加するには

SNMPユーザーはSNMPマネージャーとやり取りし、トラップを受信します。

  1. XenMobileコンソールで、右上の歯車アイコンをクリックします。[設定] ページが開きます。

  2. [監視] の下の [SNMPの構成] をクリックします。[SNMPの構成] ページが開きます。

     SNMP設定の画像

  3. [SNMP監視ユーザー] の下の [追加] をクリックします。

  4. [SNMP監視ユーザーの追加] ダイアログボックスで、次の設定を構成します。

    SNMP設定の画像

    ユーザー名: SNMPマネージャーへのログオンに使用するユーザー名。英数字、アンダースコア、ハイフンは使用できますが、ユーザー名にスペースやその他の特殊文字は使用できません。

    メモ:

    ユーザー名「xmsmonitor」を追加することはできません。これは、XenMobileが内部で使用するために予約されているからです。

    認証プロトコル:

    • SHA(推奨)
    • MD5

    認証パスワード: 8〜18文字のパスワードを入力します。英数字と特殊文字を含めることができます。

    プライバシープロトコル:

    • DES
    • AES 128(推奨)

    プライバシーパスワード: 8〜18文字のパスワードを入力します。英数字と特殊文字を含めることができます。

SNMPマネージャーを追加するには

  1. [SNMPマネージャー] の下の [追加] をクリックします。

  2. [SNMPマネージャーの追加] ダイアログボックスで、次の設定を構成します。

    SNMP設定の画像

    サーバーIPアドレス: SNMPマネージャーのIPアドレスを入力します。

    ポート: 必要に応じてポート番号を変更します。デフォルトは162です。

    SNMPユーザー名: マネージャーにアクセスできるユーザーの名前を選択します。

SNMPトラップを有効にして構成するには

環境に適したトラップ設定を決定するには、「スケーラビリティとパフォーマンス」を参照してください。たとえば、XenMobileの負荷平均を1分間監視するには、[1分間の負荷平均]を有効にして、しきい値を指定します。XenMobile Serverの1分間の負荷平均が、指定したしきい値を超えた場合、構成済みのSNMPマネージャーでトラップを受信します。

  1. 個々のトラップを有効にするには、次のいずれかを実行します。

    • パラメーターの横にあるチェックボックスをオンにし、[有効化] をクリックします。
    • 一覧のすべてのトラップを有効にするには、上部のチェックボックスをオンにして、[有効化] をクリックします。
  2. トラップを編集するには、パラメーターを選択して、[編集] をクリックします。

  3. [SNMPトラップの詳細の編集] ダイアログボックスでは、個々のトラップのしきい値を編集できます。

    SNMP設定の画像

    トラップ名: トラップの名前。このフィールドは編集できません。

    間隔(秒): 許容範囲は60〜86400(24時間)です。

    しきい値: 次のトラップのしきい値のみを変更できます。

    • プロセッサ負荷
    • 1 分間の負荷平均
    • 5 分間の負荷平均
    • 15分間の負荷平均
    • 使用可能なメモリの合計
    • 使用ディスクストレージ合計
    • Javaヒープメモリ使用状況
    • Javaメタスペース使用状況

    状態:[オン] を選択すると、トラップのSNMP監視が有効になります。[オフ] を選択すると、監視が無効になります。

    SNMPを使用してXenMobileを監視する方法の詳細については、「ブログ投稿」を参照してください。