カスタムXMLデバイスポリシー

XenMobileでカスタムXMLポリシーを作成して、サポートされるWindowsおよびZebra Androidデバイスの次の機能をカスタマイズできます。

  • プロビジョニング。デバイスの構成や、機能の有効化/無効化などです。
  • デバイス構成。ユーザーによる、設定やデバイスパラメーターの変更の許可などです。
  • ソフトウェアのアップグレード。アプリケーションやシステムソフトウェアなど、デバイスにロードされる新しいソフトウェアやバグ修正の提供などです。
  • 障害管理。デバイスからのエラーおよび状態レポートの受信などです。

Windowsデバイスの場合、WindowsでOpen Mobile Alliance Device Management(OMA DM)APIを使用して、カスタムXML構成を作成します。OMA DM APIを使用したカスタムXMLの作成については、このトピックでは扱いません。OMA DM APIの使用について詳しくは、Microsoft Developer Networkサイトの「OMA Device Management」を参照してください。

Zebra Androidデバイスの場合、MX Management System(MXMS)を使用してカスタムXML構成を作成します。MXMS APIを使用したカスタムXMLの作成については、この記事では扱いません。MXMSの使用について詳しくは、Zebraのサイトの「About MX」を参照してください。

注:

Windows 10 RS2 Phone:Internet Explorerを無効にするカスタムXMLポリシーまたは制限ポリシーをスマートフォンに展開しても、Internet Explorerが有効なままです。この問題を解決するには、スマートフォンを再起動します。これはサードパーティ製品の問題です。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

プラットフォーム設定

  • XMLコンテンツ: ポリシーに追加するカスタムXMLコードを入力するか、コピーして貼り付けます。

    [次へ] をクリックすると、 XenMobileでXMLコンテンツの構文がチェックされます。構文エラーがある場合、コンテンツボックスの下に表示されます。続行するにはエラーを修正してください。

    構文エラーがない場合は、[カスタムXMLポリシー]割り当てページが開きます。

カスタムXMLデバイスポリシー