プロキシデバイスポリシー

XenMobileでデバイスポリシーを追加して、Windows Mobile/CEおよびiOS 6.0以降を実行しているデバイスのグローバルHTTPプロキシ設定を指定できます。グローバルHTTPプロキシポリシーはデバイスごとに1つのみ展開できます。

注:

このポリシーを展開する前に、グローバルHTTPプロキシを設定するすべてのiOSデバイスを必ず監視モードに設定してください。詳しくは、「Apple Configuratorを使用してiOSデバイスを監視モードにするには」を参照してください。

このポリシーを追加または構成するには、[構成]>[デバイスポリシー] の順に選択します。詳しくは、「デバイスポリシー」を参照してください。

iOS 設定

  • プロキシ構成: ユーザーのデバイスでのプロキシの構成方法に関して、一覧から[手動]または[自動]を選択します。
    • [Manual]を選択した場合は、次の設定を構成します。
      • プロキシサーバーのホスト名またはIPアドレス: プロキシサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。このフィールドは必須です。
      • プロキシサーバーのポート: プロキシサーバーのポート番号を入力します。このフィールドは必須です。
      • ユーザー名: 任意で、プロキシサーバーへの認証に使用するユーザー名を入力します。
      • パスワード: 任意で、プロキシサーバーへの認証に使用するパスワードを入力します。
    • [Automatic]を選択した場合は、次の設定を構成します。
      • プロキシPAC URL: プロキシ構成を定義するPACファイルのURLを入力します。
      • PAC に到達不能である場合は直接接続を許可: PACファイルに到達できない場合、ユーザーが直接宛先に接続できるようにするかどうかを選択します。デフォルトは[On]です。このオプションはiOS 7.0以降でのみ使用できます。
  • キャプティブ ネットワークへのアクセスのためにプロキシのバイパスを許可: プロキシを使用せずにキャプティブネットワークにアクセスできるようにするかどうかを選択します。デフォルトは、[Off]です。
  • ポリシー設定
    • [ポリシーの削除] の横にある [日付を選択] または [削除までの期間(時)を指定] をクリックします。
    • [Select date]をクリックした場合、カレンダーをクリックして削除を実行する特定の日付を選択します。
    • [Allow user to remove policy]の一覧で、[Always][Password required][Never]のいずれかを選択します。
    • [パスワードが必要] を選択した場合、[パスワードを削除]の横に必要なパスワードを入力します。

Windows Mobile/CEの設定

  • ネットワーク: 一覧から、使用するネットワークの種類を選択します。デフォルトは[Built-in office]です。選択できるオプションは以下のとおりです。
    • User-defined office
    • User-defined Internet
    • Built-in office
    • Built-in Internet
  • ネットワーク: 一覧から、使用するネットワーク接続プロトコルを選択します。デフォルトは[HTTP]です。選択できるオプションは以下のとおりです。
    • HTTP
    • WAP
    • Socks 4
    • Socks 5
  • プロキシサーバーのホスト名またはIPアドレス: プロキシサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。このフィールドは必須です。
  • プロキシサーバーのポート: プロキシサーバーのポート番号を入力します。このフィールドは必須です。デフォルトは80です。
  • ユーザー名: 任意で、プロキシサーバーへの認証に使用するユーザー名を入力します。
  • パスワード: 任意で、プロキシサーバーへの認証に使用するパスワードを入力します。
  • ドメイン名: 任意で、ユーザー名を入力します。
  • 有効化: プロキシを有効にするかどうかを選択します。デフォルトは[On]です。

プロキシデバイスポリシー